93件中 31 - 40件表示
  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    最終的に、バリチェロがトップタイムを記録。フェリペ・マッサは現在のタイムでQ1を通過できると考え、再度アタックを行わなかったが、後からアタックしたマシンに次々にタイムを上回られ、16番手でQ1敗退。その他、ネルソン・ピケ、フォース・インディアの2台、セバスチャン・ブエミが脱落した。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    トップのウェバーは1度目のピットストップ以降はトップを独走し、そのままフェリペ・マッサのチェッカーを受け、ドイツGPに続く今期2勝目。2番手は今期初表彰台のクビサ。3位は戦略をうまく変えてハミルトンが表彰台獲得。4位にベッテル、そしてバトンが5位に入り、ドライバーズタイトルと、コンストラクターズタイトルのダブルタイトルが決定した。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • レーシングカート

    レーシングカートから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ブラジルではオフシーズンにフェリペ・マッサ主催の24時間耐久カート大会が開催されることか近年恒例となっており、著名なドライバーが数多く参戦することで知られている。レーシングカート フレッシュアイペディアより)

  • 2011年日本グランプリ (4輪)

    2011年日本グランプリ (4輪)から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ベッテルは得意の逃げ切り体勢に入り、ハミルトンとの差を徐々に広げた。6周目にはフェラーリのフェルナンド・アロンソがDRSを使用してチームメイトのフェリペ・マッサをかわし、4位に上がった。2011年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アブダビグランプリ

    2010年アブダビグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートでは偶数列のマクラーレンの2台が鋭い加速をみせた。ハミルトンは1コーナーでインを狙うが、ポールシッターのベッテルが際どく首位を守った。逆に、アロンソはバトンに抜かれて4番手に後退した。これにウェバー、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いて1コーナーを通過した。2010年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション

    グランプリ・ドライバーズ・アソシエーションから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2012年現在の体制は、会長にペドロ・デ・ラ・ロサ、理事にフェリペ・マッサとセバスチャン・ベッテル。グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション フレッシュアイペディアより)

  • DHLファステストラップアワード

    DHLファステストラップアワードから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    過去に3回カウントバック方式が適用されている。2007年はライコネンとフェリペ・マッサがファステストラップ6回、2番目のラップ3回で並んだ。DHLファステストラップアワード フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q1、Q2でベストタイムを記録したフェリペ・マッサがQ3でもトップに立つが、終了寸前にキミ・ライコネンがベストタイムをマークし、2戦連続のポールシッターとなった。3、4番手にはホンダ勢のルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンがつけたが、バトンはフリー走行中のエンジンブローでエンジン交換のペナルティを受け、10グリッド後退して14位スタートとなる。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年トルコグランプリ

    2006年トルコグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリのフェリペ・マッサが初のポールポジションを獲得し、レースもポール・トゥ・ウィンで初優勝した。前戦のハンガリーでジェンソン・バトンが勝利し、2戦連続で優勝者がそのキャリアにおける初勝利を達成したレースとなった。このように2戦連続初勝利というのは2003年シーズンのマレーシアにおけるキミ・ライコネン、ブラジルにおけるジャンカルロ・フィジケラ以来のものであった。2006年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード

  • 今の日本はバカ

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 高速化するインメモリ重複除去技術開発