93件中 41 - 50件表示
  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ちなみに予選16番手のフェリペ・マッサは、予選後のエンジン交換のペナルティで、最後尾から決勝に挑むこととなった。また予選22番手のクリスチャン・アルバースはピットからのスタートとなっている。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    セッションが開始し、レッドブルの2台を先頭に各マシンがアタックに入る。そのレッドブルはハードタイヤ。そのほかのマシンはソフトタイヤを選択。レッドブルはフロントノーズをアップデートした効果が現れ、ワン・ツー体勢でQ2が終了。セバスチャン・ベッテルは各セクターではトップタイムをマークできなかったものの、Q2トップタイムをマーク。フェラーリのフェリペ・マッサ、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年イタリアグランプリ

    2009年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    第10戦ハンガリーGPで負傷したフェラーリのフェリペ・マッサの代役としてルカ・バドエルが出走していたが、このイタリアGPからはフォース・インディアに所属していたジャンカルロ・フィジケラがフェラーリに移籍し、最終戦まで出走する。2009年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年イタリアグランプリ

    2010年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    予選Q3ではフェルナンド・アロンソが最初のアタックで記録した1分21秒962を誰も更新することができず、アロンソが今シーズン初のポール・ポジションを獲得した。チームメイトのフェリペ・マッサも3番手につけ、話題の渦中にいるフェラーリは母国GPで好グリッドを得た。2010年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    この他、ミナルディのゾルト・バウムガルトナー、ジャガーのマーク・ウェバー、ザウバーのフェリペ・マッサがリタイアした。ウェバーは6番手でスタートしたが、29ラップ目にトランスミッションのトラブルに泣いた。マッサは360度のスピンを乗り切ったものの、エンジンブローでリタイアした。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年カナダグランプリ

    2012年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2週目のバックストレートエンドでマッサがロズベルグをオーバーテイク。3周目にはDRSを使うディ・レスタにもかわされてしまい、ロズベルグはなかなかペースが上がらない。2012年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ウィリアムズの2台を先頭に各車アタックに入る。レッドブルのセバスチャン・ベッテルのマシンを残し、他のマシンはソフト側のタイヤでアタックを続ける。そのベッテルは残り2分半になりやっとコースに出て、全車が最後のアタックに入る。最後にアタックに入ったベッテルは1発でトップタイムをマークし、Q3進出。ハイドフェルド、マクラーレンのヘイッキ・コバライネン、フェラーリのフェリペ・マッサ、トヨタのティモ・グロック、ウィリアムズの中嶋一貴がQ2敗退となった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ドイツグランプリ

    2009年ドイツグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    セッション開始と同時にウィリアムズの中嶋一貴を先頭に全車がコースに出る。雨により路面が滑りやすくなり、中嶋、フェラーリのフェリペ・マッサがスピンしてしまう。その後、ほとんどのチームがインターミディエイトタイヤに履き替え、燃料を積むが、ウェバーのみがピットに戻らずにアタックを続ける。しかし、滑りやすい路面のためにタイムが出ずに、次の周回でピットに入る。残り9分を切ったところで各車タイムを出し始める。2009年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年中国グランプリ

    2005年中国グランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ウォームアップ走行で各車両がピットレーンからグリッドに整列していたとき、クリスチャン・アルバースとミハエル・シューマッハの車両が衝突した。両者はやむを得ずスペアカーでピットスタートとなった。これにスタートを失敗したナレイン・カーティケヤンも同じくピットスタートに加わった。アロンソがレースを支配し、ポールトゥウィンを飾った。ルノーのナンバー2、ジャンカルロ・フィジケラの表彰台のチャンスは、2度目のセーフティ・カーがコースに出ている時間帯にピットスルーのペナルティを科されたことで潰えた。レッドブルのクリスチャン・クリエンはフェリペ・マッサ、マーク・ウェバー、ジェンソン・バトンとのバトルに勝ち5位を獲得した。2005年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード

  • 今の日本はバカ

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 高速化するインメモリ重複除去技術開発