154件中 51 - 60件表示
  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    最終的に、バリチェロがトップタイムを記録。フェリペ・マッサは現在のタイムでQ1を通過できると考え、再度アタックを行わなかったが、後からアタックしたマシンに次々にタイムを上回られ、16番手でQ1敗退。その他、ネルソン・ピケ、フォース・インディアの2台、セバスチャン・ブエミが脱落した。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2番手スタートのグロックがチームメイトのトゥルーリをかわしてトップに立つ。5番手スタートのハミルトンは3番手まで順位を上げ、更にKERSにより一時2番手まで上がるが、4コーナーで膨らんでしまいトゥルーリにインからかわされる。2周目の1コーナーでバトンがハミルトンをオーバーテイク。燃料の軽いトヨタの2台はワンツー体勢のまま3番手以下との差を広げていく。後方では接触の影響によりBMWのロバート・クビサと中嶋がピットイン。更に次の周回でBMWのニック・ハイドフェルドとフェラーリのフェリペ・マッサがピットイン。予選で19番手に沈んだウェバーは11番手まで順位を上げてくる。トヨタの2台はファステストラップを更新しながら3番手バトンとの差を広げていく。そして11周目にトップのグロックがピットイン。次の周回でチームメイトのトゥルーリがピットイン。トヨタは2台ともハード側のタイヤに履き替え、燃料を多く積み、変則2ストップ作戦をとる。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のF1世界選手権

    2008年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2007年シーズンの最終戦まで激しいタイトル争いを繰り広げたマクラーレンとフェラーリが2008年もタイトル争いの中心となった。マクラーレンのルイス・ハミルトンはエースドライバーに成長したが、ドライビングマナーを問われて度々ペナルティを受けた。一方、フェラーリでは前年チャンピオンのキミ・ライコネンに代わり、フェリペ・マッサがタイトル争いに名乗りを上げたが、トップ走行中の2度のトラブルなど不運に見舞われた。2008年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q1のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネンでソフト側タイヤで1'44.282をマーク。マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コバライネンがハード側タイヤでわずか0.029秒差の2番手、ルイス・ハミルトン3番手、フェリペ・マッサ4番手の上位4台で抜けていく。Q1の終了が迫る中、レッドブルのデビッド・クルサードは15番手以内に滑り込んだ。ルノーのネルソン・ピケJr.、トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデー、ホンダのルーベンス・バリチェロ、フォース・インディアの2台がQ1で姿を消している。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アブダビグランプリ

    2010年アブダビグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートでは偶数列のマクラーレンの2台が鋭い加速をみせた。ハミルトンは1コーナーでインを狙うが、ポールシッターのベッテルが際どく首位を守った。逆に、アロンソはバトンに抜かれて4番手に後退した。これにウェバー、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いて1コーナーを通過した。2010年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年日本グランプリ (4輪)

    2011年日本グランプリ (4輪)から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ベッテルは得意の逃げ切り体勢に入り、ハミルトンとの差を徐々に広げた。6周目にはフェラーリのフェルナンド・アロンソがDRSを使用してチームメイトのフェリペ・マッサをかわし、4位に上がった。2011年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年アブダビグランプリ

    2012年アブダビグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    20周目、ここまで順調に優勝に向けて2位との差を広げつつ快走していたハミルトンが突然ストップ、リタイア。これでライコネンがトップに立つ。その翌周には3位のアロンソがマルドナドを抜き2位へ浮上。23周目同じくウェバーがペースの落ちてきたマルドナドを抜きにかかるも接触しスピン、7位まで落ちる。次の周に今度はバトンがマルドナドに仕掛けこちらは接触なくバトンが前に立った。26周目ウェバーとマッサが接触しマッサがスピン。この間に後ろにいたベッテルもマッサをかわす。2012年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサの心情を日記形式で表現するもの。フェラーリのドライバーに正式昇格した2006年から開始。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ3000

    フォーミュラ3000から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    国際F3000の他、イギリスや日本など数カ国で国内選手権が行われており、中でもフェリペ・マッサなどを輩出したユーロ3000選手権の動きが活発であったが、同選手権も2009年限りで終了している。日本では1987年から1995年まで全日本F3000選手権が開催されていた。フォーミュラ3000 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    トップのウェバーは1度目のピットストップ以降はトップを独走し、そのままフェリペ・マッサのチェッカーを受け、ドイツGPに続く今期2勝目。2番手は今期初表彰台のクビサ。3位は戦略をうまく変えてハミルトンが表彰台獲得。4位にベッテル、そしてバトンが5位に入り、ドライバーズタイトルと、コンストラクターズタイトルのダブルタイトルが決定した。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード