154件中 61 - 70件表示
  • フォーミュラ・ルノー

    フォーミュラ・ルノーから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサ、ロバート・クビサ(2000年〜2001年に参戦)を輩出。2002年チャンピオンのホセ・マリア・ロペスは翌年ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6選手権でもシリーズチャンピオンとなっている。フォーミュラ・ルノー フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のF1世界選手権

    2010年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    各者の実力が拮抗する中で、チームメイトの人間関係が注目された。トルコGPでは、レッドブルのベッテルとウェバーがトップ争いの最中に同士討ちを演じ、イギリスGPでは優勝したウェバーがチーム無線で「ナンバー2にしては悪くないだろ?」と皮肉を述べた。ドイツGPではフェラーリがフェリペ・マッサに対して"婉曲的に"アロンソにトップを譲るよう指示したことから、違法なチームオーダーではないかと騒動になった。フェラーリはこの件で罰金10万ドルを課せられたが、この問題を契機に2011年からチームオーダー禁止条項は撤廃されることになる。2010年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年オーストリアグランプリ

    2016年オーストリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    - マッサは決勝前にフロントウイングを交換したためピットレーンからスタート2016年オーストリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F60

    フェラーリ・F60から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    発表当日の1月12日に、レースドライバーであるフェリペ・マッサが、ムジェロサーキットでF60のシェイクダウンを行った。フェラーリ・F60 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F10

    フェラーリ・F10から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    1月28日にチームの本拠地であるイタリア・マラネロで発表され、ライブ配信された。その後、フェリペ・マッサによってフィオラノサーキットでのシェイクダウンが予定されていたが、天候の都合で中止となり、2月1日にバレンシア・サーキット(リカルド・トルモ・サーキット)で行われたバレンシア合同テストが初走行となった。フェラーリ・F10 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ザウバー

    ペーター・ザウバーから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ザウバーは堅実な人柄ながら、新人ドライバーの発掘にかけては大胆な判断をみせて成功している。4輪レースキャリアわずか20数戦でF3の経験すら無かったライコネンを、テストの印象から「直感」で抜擢したのが最たる例である。ほかにもハインツ=ハラルド・フレンツェンやフェリペ・マッサがザウバーチーム経由でトップチームに移籍し、ロバート・クビサもBMWザウバー時代に才能を見出された一人である。小林はトヨタ撤退前の2レースの活躍から、持ち込みスポンサーのない状態でも才能を買って起用した。ペーター・ザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q1、Q2でベストタイムを記録したフェリペ・マッサがQ3でもトップに立つが、終了寸前にキミ・ライコネンがベストタイムをマークし、2戦連続のポールシッターとなった。3、4番手にはホンダ勢のルーベンス・バリチェロ、ジェンソン・バトンがつけたが、バトンはフリー走行中のエンジンブローでエンジン交換のペナルティを受け、10グリッド後退して14位スタートとなる。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ベルギーグランプリ

    2016年ベルギーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温31度、路面41度。最後のアタックでトップに躍り出たのはフェリペ・マッサだった。パスカル・ウェーレインは9位でQ2進出の大殊勲。一方、既に大幅なグリッドダウンが決まっているフェルナンド・アロンソは最初のアタックを試みたが、パワーユニットのトラブルによりオー・ルージュ手前でストップしタイムを出せず(このため決勝レース前にもパワーユニットを交換し合計60グリッド降格となった)、ルイス・ハミルトンは21位で予選を終えた。 2016年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2008

    フェラーリ・F2008から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリ F2008 (Ferrari F2008) はスクーデリア・フェラーリが2008年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーで、アルド・コスタによって設計された。フェラーリとしてのコードナンバーは659。カーナンバーはキミ・ライコネンの「1」とフェリペ・マッサの「2」。フェラーリ・F2008 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年カナダグランプリ

    2016年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    午前の1回目、フェリペ・マッサがDRSのトラブルにより1コーナーでクラッシュし、一時赤旗中断となった。また、マックス・フェルスタッペンがバルテリ・ボッタスの進路を妨害したため、今シーズン初の戒告処分となった。トップタイムはスーパーソフトを使用したルイス・ハミルトン。2位はウルトラソフトを使用したニコ・ロズベルグ。2016年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

154件中 61 - 70件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード