93件中 61 - 70件表示
  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q3常連組は順当にQ2に進んだが、このラウンドでランキング上位4名のうち3名がよもやの脱落となった。この時点でランキング首位を走るルイス・ハミルトンは浅溝タイヤ選択が裏目に出て15番手、チャンピオン戦線赤信号となったランキング3番手のキミ・ライコネンは予選に飛び出したタイミングが遅かったのが原因で14番手、この年初優勝したランキング4番手のロバート・クビサは暖気運転中の天候悪化が致命傷となり11番手に沈み、生き残れたのは滑り込みでQ3進出となったランキング2番手のフェリペ・マッサだけであった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・バドエル

    ルカ・バドエルから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    そのような状態で、ハンガリーGPを怪我で欠場したフェリペ・マッサの代役として翌戦のヨーロッパGPと続くベルギーGPにフェラーリから復帰する事となった。1994年サンマリノGPのニコラ・ラリーニ以来、約15年ぶりのフェラーリを操るイタリア人ドライバーとなった。ルカ・バドエル フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタート直後、3番手スタートの佐藤琢磨の進路を阻むようにミハエル・シューマッハが激しく牽制。1コーナー手前で予選9番手のフェルナンド・アロンソがアウトから琢磨をかわし、3番手に浮上。その時、後方は大混乱が発生した。1周目の1コーナーで5台が絡むクラッシュが発生。クリスチアーノ・ダ・マッタはレースに復帰することができたが、クリスチャン・クリエン、ジョルジョ・パンターノ、フェリペ・マッサ、ジャンマリア・ブルーニの4名は戦線離脱を余儀なくされた。さっそく事故車の処理のためにセーフティーカーが導入された。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2008年、トヨタのドライバーとしてF1に復帰。開幕戦オーストラリアGPではコースアウトからクラッシュを喫してリタイア。続く第2戦マレーシアGPでも僅か2周目にニコ・ロズベルグと接触してリタイア。以降も入賞できないレースが続いたが、第7戦カナダGPでは背後に迫るフェラーリのフェリペ・マッサを抑えきり、4位入賞を果たした。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • 2012年アブダビグランプリ

    2012年アブダビグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    20周目、ここまで順調に優勝に向けて2位との差を広げつつ快走していたハミルトンが突然ストップ、リタイア。これでライコネンがトップに立つ。その翌周には3位のアロンソがマルドナドを抜き2位へ浮上。23周目同じくウェバーがペースの落ちてきたマルドナドを抜きにかかるも接触しスピン、7位まで落ちる。次の周に今度はバトンがマルドナドに仕掛けこちらは接触なくバトンが前に立った。26周目ウェバーとマッサが接触しマッサがスピン。この間に後ろにいたベッテルもマッサを交わす。2012年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・ルノー

    フォーミュラ・ルノーから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサ、ロバート・クビサ(2000年?2001年に参戦)を輩出。2002年チャンピオンのホセ・マリア・ロペスは翌年ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6選手権でもシリーズチャンピオンとなっている。フォーミュラ・ルノー フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のF1世界選手権

    2008年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2007年シーズンの最終戦まで激しいタイトル争いを繰り広げたマクラーレンとフェラーリが2008年もタイトル争いの中心となった。マクラーレンのルイス・ハミルトンはエースドライバーに成長したが、ドライビングマナーを問われて度々ペナルティを受けた。一方、フェラーリでは前年チャンピオンのキミ・ライコネンに代わり、フェリペ・マッサがタイトル争いに名乗りを上げたが、トップ走行中の2度のトラブルなど不運に見舞われた。2008年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年アメリカグランプリ

    2012年アメリカグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    10ポイント差でベッテルを追うフェルナンド・アロンソは、チームメイトのフェリペ・マッサより下の9位。仮にベッテルが優勝しアロンソが4位以下に終わると、その時点でベッテルのチャンピオンが決定する。2012年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のF1世界選手権

    2009年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェラーリは以来のシーズン1勝に終わり、ハンガリーGPではフェリペ・マッサが頭部に重傷を負って残りレースを欠場した。チームは2006年に引退したミハエル・シューマッハに現役復帰を打診したが首の負傷のため実現せず、テストドライバーのルカ・バドエルも成績不振で代役を務められず、急遽フォース・インディアからフィジケラを獲得した。2009年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のF1世界選手権

    2010年のF1世界選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    各者の実力が拮抗する中で、チームメイトの人間関係が注目された。トルコGPでは、レッドブルのベッテルとウェバーがトップ争いの最中に同士討ちを演じ、イギリスGPでは優勝したウェバーがチーム無線で「ナンバー2にしては悪くないだろ?」と皮肉を述べた。ドイツGPではフェラーリがフェリペ・マッサに対して"婉曲的に"アロンソにトップを譲るよう指示したことから、違法なチームオーダーではないかと騒動になった。フェラーリはこの件で罰金10万ドルを課せられたが、この問題を契機に2011年からチームオーダー禁止条項は撤廃されることになる。2010年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード