154件中 71 - 80件表示
  • 2012年カナダグランプリ

    2012年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2週目のバックストレートエンドでマッサがロズベルグをオーバーテイク。3周目にはDRSを使うディ・レスタにもかわされてしまい、ロズベルグはなかなかペースが上がらない。2012年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ミハエル・シューマッハが予定されたピットストップを行う最初のドライバーであった。12ラップ目に給油を行い、6位から12位へ後退する。3ラップ後にバトンとラルフ・シューマッハが手を挙げ、給油のためピットインした。バトンは3位から7位へ後退した。21ラップ目にフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、クリエンがピットインし、続くラップで佐藤がガレージに入り、ギアボックスのトラブルでそのままリタイヤした。24ラップ目にチャンピオンシップを争うアロンソとライコネンが給油に入る。給油のためピットインしモントーヤがピットから出る際、冷えすぎたタイヤのためコースを外れ、アロンソに2位維持を許してしまう。カーティケヤンはサーキットエンドで壁に接触、リタイヤを強いられた。マーク・ウェバーは非常に長い第1スティントで7位に浮上し、28ラップ目にピットイン、マッサ、ハイドフェルド、ラルフ・シューマッハの直前に9位でレース復帰した。続くラップにウェバーはヘアピンでブレーキが遅れ大きく膨らみ、順位を3つ落とす。最後のドライバーとしてバリチェロが31ラップ目にピットインし、8位から12位へ後退した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年日本グランプリ (4輪)

    2015年日本グランプリ (4輪)から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    決勝では2番手スタートのルイス・ハミルトンが好スタート。ポールポジションのニコ・ロズベルグに1コーナーのイン側から並びかけると、両者譲らず2コーナーまで並走。アウト側にはらんだハミルトンにやや押し出される形となったロズベルグは、セバスチャン・ベッテルとバルテリ・ボッタスにも抜かれて4位まで後退した。後方ではダニエル・リチャルドが7番クリッドから好スタートを切ったが、フェリペ・マッサのリアタイヤに接触しマッサはパンク。スロー走行のマッサを避けきれなかったカルロス・サインツがセルジオ・ペレスに接触し、ペレスはコースアウト。リチャルド、マッサ、ペレスの3台はタイヤ交換後コースへ復帰したが、周回遅れに落ちた。2015年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリアグランプリ

    2008年イタリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q3常連組は順当にQ2に進んだが、このラウンドでランキング上位4名のうち3名がよもやの脱落となった。この時点でランキング首位を走るルイス・ハミルトンは浅溝タイヤ選択が裏目に出て15番手、チャンピオン戦線赤信号となったランキング3番手のキミ・ライコネンは予選に飛び出したタイミングが遅かったのが原因で14番手、この年初優勝したランキング4番手のロバート・クビサは暖気運転中の天候悪化が致命傷となり11番手に沈み、生き残れたのは滑り込みでQ3進出となったランキング2番手のフェリペ・マッサだけであった。2008年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートは、フロントローからスタートしたバリチェロはエンジンストールしかけて大きく順位を落とす。一方KERSを搭載しているフェリペ・マッサとキミ・ライコネンのフェラーリ勢は順位を上げた。タイトな1コーナーではクラッシュが発生。バリチェロとウェバー、ハイドフェルドとヘイッキ・コバライネンが接触し、ハイドフェルドが右リヤタイヤをパンクさせ、コバライネンは接触によってフロントサスペンションにダメージを受けた。ハイドフェルドとウェバーとエイドリアン・スーティルは1度ピットに入った。コバライネンは1周もできないままリタイヤした。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年オーストラリアグランプリ

    2013年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    先頭のベッテルはスーパーソフトタイヤのデグラデーションが大きく思うようにペースが上がらず、僅差でフェラーリのマッサ・アロンソが追いかける状況となった。後方ではメルセデスのハミルトンとロズベルグがランデブー走行、やや離れてロータスのライコネンが7位を走行した。2013年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年オーストラリアグランプリ

    2014年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    天候は前日と違い晴天だったものの、マルシャの2台がスタートが決められず周回数1週減算の上やり直しと言う波乱のスタート。再スタートも、第1コーナーで小林可夢偉(ケータハム)がブレーキトラブルで止まり切れずフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)に接触し共にリタイア、優勝最有力候補と目されたルイス・ハミルトン(メルセデス)と、セバスチャン・ベッテルがエンジントラブルで早々に離脱と言う大波乱。その後も、レギュレーションの大きな変更が起因するトラブルで泣かされたドライバーが少なくなかったものの、災難を受けなかったニコ・ロズベルグはスタートで先頭に踊り出てからは独走。後続を20秒以上突き放す圧勝でシーズン初戦を制した。なお、2位(ケビン・マグヌッセン)・3位(ジェンソン・バトン)は前年大不振に終わったマクラーレンの2台が獲得。マッサの早々の離脱や自身のタイヤトラブルと言う苦境はあったものの、バルテッリ・ボッタスがウィリアムズに5位をプレゼントすると言う大健闘。逆に、前年のチャンピオンチームのレッドブルは、前年王者のセバスチャン・ベッテルがパワーユニットトラブルで早々のリタイア、チームメイトのダニエル・リチャルドは2位でフィニッシュしたもののレギュレーション違反(最大燃料流量違反)で失格と言う散々な結果に終わった。2014年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ちなみに予選16番手のフェリペ・マッサは、予選後のエンジン交換のペナルティで、最後尾から決勝に挑むこととなった。また予選22番手のクリスチャン・アルバースはピットからのスタートとなっている。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2007

    フェラーリ・F2007から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ファイル:Felipe Massa 2007 USA.jpg|第7戦アメリカGPでフェリペ・マッサがドライブするF2007フェラーリ・F2007 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW38

    ウィリアムズ・FW38から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    上記のような速さはあったものの、この年は同じメルセデス製パワーユニットを搭載するフォース・インディアを下回り、コンストラクターズランキング5位に転落した。表彰台もカナダGPでボッタスが3位になったのみであった。中盤以降タイヤ交換を他チームより一回少なくする作戦が多かったが、相対的な他チームとの性能差は広がる一方だった。イタリアGPを前に、フェリペ・マッサが2016年限りでのF1引退を発表した(ただし、翌2017年1月に撤回)。ウィリアムズ・FW38 フレッシュアイペディアより)

154件中 71 - 80件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード