93件中 71 - 80件表示
  • チームオーダー

    チームオーダーから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    スタートでトップに立ったフェラーリのフェリペ・マッサとそのすぐ背後を追うチームメイトのフェルナンド・アロンソという展開になった。フェラーリのマッサ側のエンジニアであるロブ・スメドレーはチーム無線でマッサに対し「OK, so, Fernando, is, faster, than, you. Can you confirm you understood that message?(フェルナンドは君より速い。この意味が解るか?)」と、一語一語区切って強調した口調で伝える。その直後のヘアピンでマッサは若干スローダウンし、アロンソに先頭を譲った。後にスメドレーは「Good lad. Just stick with it now. Sorry.(よくやった。そのままにしておいてくれ。ごめんね。)」とマッサに対して任務を遂行したことに対する労いの言葉を無線で伝えた。レースはそのままアロンソとマッサの1-2フィニッシュとなったものの、レース後の記者会見では先述の通りあまりにも露骨な指示はチームオーダーそのものではないか?と、記者から激しく責め立てられる事となった。チームオーダー フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサの心情を日記形式で表現するもの。フェラーリのドライバーに正式昇格した2006年から開始。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロ3000選手権

    ユーロ3000選手権から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    以前は「国際F3000でシートを確保できず、かといって今更F3にも戻れないドライバーの避難場所」としてワールドシリーズ・バイ・ニッサンなどに似た扱いを受けてきた。それでも、2001年にシリーズチャンピオンを獲得したフェリペ・マッサがその後F1で活躍したことや、元ミナルディのオーナーだったジャンカルロ・ミナルディが自らのチームを率いて2006年より参戦を開始したことなどにより注目が高り、2007年からはシリーズチャンピオンに無条件にF1参戦に必要なスーパーライセンスが発給されるに至った。しかし、2009年の国際自動車連盟(FIA)のレギュレーション改訂で、シリーズチャンピオンへのスーパーライセンス発給の特典は消滅した。ユーロ3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q1のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネンでソフト側タイヤで1'44.282をマーク。マクラーレン・メルセデスのヘイッキ・コバライネンがハード側タイヤでわずか0.029秒差の2番手、ルイス・ハミルトン3番手、フェリペ・マッサ4番手の上位4台で抜けていく。Q1の終了が迫る中、レッドブルのデビッド・クルサードは15番手以内に滑り込んだ。ルノーのネルソン・ピケJr.、トロ・ロッソのセバスチャン・ブルデー、ホンダのルーベンス・バリチェロ、フォース・インディアの2台がQ1で姿を消している。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ミハエル・シューマッハが予定されたピットストップを行う最初のドライバーであった。12ラップ目に給油を行い、6位から12位へ後退する。3ラップ後にバトンとラルフ・シューマッハが手を挙げ、給油のためピットインした。バトンは3位から7位へ後退した。21ラップ目にフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、クリエンがピットインし、続くラップで佐藤がガレージに入り、ギアボックスのトラブルでそのままリタイヤした。24ラップ目にチャンピオンシップを争うアロンソとライコネンが給油に入る。給油のためピットインしモントーヤがピットから出る際、冷えすぎたタイヤのためコースを外れ、アロンソに2位維持を許してしまう。カーティケヤンはサーキットエンドで壁に接触、リタイヤを強いられた。マーク・ウェバーは非常に長い第1スティントで7位に浮上し、28ラップ目にピットイン、マッサ、ハイドフェルド、ラルフ・シューマッハの直前に9位でレース復帰した。続くラップにウェバーはヘアピンでブレーキが遅れ大きく膨らみ、順位を3つ落とす。最後のドライバーとしてバリチェロが31ラップ目にピットインし、8位から12位へ後退した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • フォース・インディア

    フォース・インディアから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    ベルギーGP後、フェラーリがハンガリーGP予選の負傷で欠場しているフェリペ・マッサの代役として、成績不振のルカ・バドエルに代わりフィジケラをイタリアGPより起用すると発表。チームはフィジケラとの契約を解除した。フィジケラに代わり、リザーブ・テストドライバーのリウッツイがレースドライバーに昇格した。フォース・インディア フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・トッド

    ジャン・トッドから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    一方でこの頃から、モンテゼーモロの承認を得ずに契約をすることが多々あり、両者の不仲説が囁かれていた。その一例として、2007年10月16日にフェリペ・マッサの2008年末までの契約を、2010年末まで2年間延長することを発表したことがあげられる。この背景にマッサのマネージャーがトッドの息子であるニコラス・トッドであるため、トッド自身をチームに残留させるか、マッサを契約延長させるか交換条件を提示した。さらにモンテゼーモロがフェルナンド・アロンソとの契約を構想していたが、「トッドはアロンソとは不仲であるから、上記の事由に加えて契約させないための方法であった」と報道された。ジャン・トッド フレッシュアイペディアより)

  • 2008年日本グランプリ (4輪)

    2008年日本グランプリ (4輪)から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    序盤から激しい展開でレースは進んでいった。スタート直後、キミ・ライコネンが2番グリッドからスタートダッシュに成功し、PPのルイス・ハミルトンを1コーナー手前でオーバーテイク。ハミルトンも負けじとライコネンのインから前に出てブレーキを掛けたが、ホイールロックしてコースを直進し、セーフティーエリアへはみ出した。ライコネンとフェリペ・マッサはインのハミルトンが邪魔になり、共にセーフティーエリアに飛び出してしまい、さらにはその3台に釣られてコーナリングをミスしたヘイキ・コバライネンも、立ち上がりで加速がつかず順位を落としてしまう。2008年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ヘイキ・コバライネン

    ヘイキ・コバライネンから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    そんな中、初優勝は突然やってきた。第11戦ハンガリーGP、2番グリッドからスタートし、直後にフェリペ・マッサにかわされ3位に落ちた。41周目にパンクによりピットインしたハミルトンの前に出ると、首位マッサを追いかける立場となる。ヘイキ・コバライネン フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー

    ザウバーから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    前年限りでマクラーレンに移籍したライコネンに代わり、前年ユーロF3000で8戦中6勝という圧倒的な成績でチャンピオンを獲得したフェリペ・マッサを起用した。前年から継続起用のハイドフェルドとともにシーズンを戦った。シーズン前半はルノーと互角の争いをするなど健闘を見せるも、マシン開発が進まずシーズン後半は苦戦を強いられ、コンストラクターズランキングは5位と前年を下回る結果となった。ザウバー フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード

  • 今の日本はバカ

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 高速化するインメモリ重複除去技術開発