154件中 81 - 90件表示
  • ハンガリーグランプリ

    ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2008年 - 先頭を走るフェリペ・マッサ(フェラーリ)が残り3周という所でストップし、ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)がF1初優勝。F1通算100人目のウィナーになった。ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ディ・レスタ

    ポール・ディ・レスタから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2016年にウィリアムズの公式リザーブドライバーに就任。2017年も引き続き同職を務める。同年のハンガリーGPでフェリペ・マッサが体調不良によりフリー走行をもって欠場することになったため、予選からマッサの代役としておよそ3年半ぶりにF1へ出場することになった。ポール・ディ・レスタ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-23

    マクラーレン・MP4-23から見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェルナンド・アロンソの離脱によりエースドライバーとなったルイス・ハミルトンは、伝統のモナコGPや地元イギリスGPなどを制し、シーズン5勝を獲得。6勝のフェリペ・マッサとドライバーズタイトルを争い、最終戦ブラジルGPの最終ラップで辛うじて5位に滑り込み、マッサを1ポイント凌いでチャンピオンに輝いた。マクラーレンとしてはのミカ・ハッキネン以来のタイトル獲得となった。マクラーレン・MP4-23 フレッシュアイペディアより)

  • ARTグランプリ

    ARTグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    2004年、フェリペ・マッサらのマネージメントを担当するニコラス・トッド (Nicolas Todt、現FIA会長であるジャン・トッドの息子) が共同経営者となり、ARTグランプリを設立。GP2メインシリーズには2005年のカテゴリ発足当初から参戦。同年にニコ・ロズベルグ、2006年にルイス・ハミルトン、2009年にニコ・ヒュルケンベルグがドライバーズチャンピオンを獲得した。なお、この3年はいずれもチームタイトルとのダブルタイトルを獲得している。ARTグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年イギリスグランプリ

    2016年イギリスグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    - ベッテルはマッサをコース外へ押し出したため、レース後に5秒加算ペナルティ(順位変動なし)とペナルティポイント2点が科された2016年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年カナダグランプリ

    2017年カナダグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    Q2からフェラーリ勢もウルトラソフトを使用し、全車ウルトラソフトでアタックした。ここでもハミルトンがトップタイムを記録した。ベッテルは2度目のアタックを行わず、1回目のタイヤを決勝スタートで使用することを決めた。終了間際にダニール・クビアトが右リアのホイールを壊し、タイヤがパンクした状態でスローダウンしピットに戻った。フェリペ・マッサ、フォース・インディア勢、ニコ・ヒュルケンベルグが上位3チーム以外でQ3進出を果たしている。2017年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年イギリスグランプリ

    2017年イギリスグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温16度、路面温度30度、曇天のドライコンディション。マシンバランスが決まらないサインツはベケッツで飛び出し、車体下部にダメージを負って30分近くコースに出られなかった。終了20分前にはライコネンも後ろ向きのまま、アウト側の草地まで飛び出した。終了10分前、ターン16でフェリペ・マッサとマックス・フェルスタッペンが絡みかける事故が発生した。このセッションでもボッタスがトップタイムを出した(1:28.496)が、セッション終了後にギアボックスの損傷により交換が必要となったため、5グリッド降格が決まった。2017年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年ハンガリーグランプリ

    2017年ハンガリーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサはフリー走行2回目から体調不良を訴えており、このセッションには出場したものの12周を走行するに留まった。ウィリアムズはリザーブドライバーのポール・ディ・レスタが予選以降のセッションで代走を務めることを決めた。2017年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年ベルギーグランプリ

    2017年ベルギーグランプリから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    気温15度、路面温度18度、晴天のドライコンディション。前述したホンダの他、メルセデスも新型のICEを投入。翌年からの導入が決まった「ハロ」のテストをルイス・ハミルトン、バンドーン、マーカス・エリクソンらが行った。10時16分、フェリペ・マッサがターン7でクラッシュしマシンが大破した。マッサのマシンを撤去した10時25分まで赤旗中断となった。パスカル・ウェーレインはエンジントラブルで大事な走行時間を失ってしまった。11時4分にはバルテリ・ボッタスがターン12でタイヤバリアに接触するが、フロントウイングにダメージを負っただけで、自力で脱出してピットに戻っている。残り4分、ライコネンがウルトラソフトで1:45.502を出しトップタイムとなった。2017年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見たフェリペ・マッサフェリペ・マッサ

    4月25日 - フェリペ・マッサ(ブラジル、レーシングドライバー)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

154件中 81 - 90件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード