前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たミハエル・シューマッハ

    2006年に向けてフェラーリとレースドライバー契約を結び、ミハエル・シューマッハのチームメイトとなることが決まる。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たルイス・ハミルトン

    そして2006年、2007年と連覇している第5戦トルコGPではポールトゥウィンで完勝し、3年連続ポールトゥウィンを達成した。第8戦フランスGPでは、首位ライコネンがトラブルで失速したレースをものにしシーズン3勝目を上げたが、続く第9戦イギリスGPでは、雨に苦戦し13位に沈んだ。何度もスピンする姿がテレビ中継でも捉えられた。第11戦ハンガリーGPでは、予選3番手から抜群のスタートで1コーナーまでに首位を奪取。その後も徐々に差を広げ2番手走行中のルイス・ハミルトンがパンクで後退してからは、20秒以上の大差をつけて首位を独走する。シーズン4勝目を目前にした残り3周、突然のエンジンブローによりマシンを降りた(記録上は17位完走)。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たアイルトン・セナ

    第5戦ヨーロッパGPでは3位でゴールし、初の表彰台を獲得した。第14戦トルコGPにて参戦4年目にして初ポールポジションを獲得。決勝レースでも安定した走りを披露し、初優勝をポールトゥウィンで飾った。第17戦日本GPでは、2度目のポールポジションを獲得したものの、レースでは2位に終わった。続く最終戦ブラジルGPでは、2戦連続のポールポジション獲得から、自身2度目の優勝を母国で果たし、チームメイトのシューマッハの引退レースに花を添えた。また、この勝利は1993年のアイルトン・セナ以来、13年ぶりのブラジル人による母国優勝でもあった。そのウィニングランではコースマーシャルから渡されたブラジル国旗を掲げて走る姿を披露した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たジャンカルロ・フィジケラ

    2004年、フェラーリからの推薦によりザウバーからF1復帰を果たす。この年はチームメイトのジャンカルロ・フィジケラにレースペースで遅れをとることが多かったが、第14戦ベルギーGPでは、自身決勝最高位の4位でフィニッシュ。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たヴィタントニオ・リウッツィ

    以降は第14戦イタリアGPを除いてラップリーダになることすらなく、第16戦日本GPでは予選Q2で脱落し、決勝ではスタートでフォースインディアのヴィタントニオ・リウッツィと接触して早々に戦線を離れた。結局タイトル争いをしていた3チームの中で最下位となる6位でシーズンを終えた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たルーベンス・バリチェロ

    第10戦ハンガリーGPでは、予選中に前方を走行するルーベンス・バリチェロのマシンからサードダンパーのスプリングが外れ、マッサの左前輪で跳ね上げられヘルメットを直撃し、その衝撃で意識を失い、アクセルを緩めることなく高速のままタイヤバリアに激突するクラッシュを喫した。診断の結果、額の裂傷、頭蓋骨の損傷、脳震盪などにより緊急手術が行われた。翌日の決勝レースは欠場となった。低速サーキットと言われるハンガロリンクであるが、アップヒルストレートからハンガロリンク最大の高速コーナーである4コーナーのアプローチという、時速280kmほどになる場所でスプリングが頭に当たるという不運な事故であった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たジャック・ヴィルヌーヴ

    2005年、チームメイトは1997年のワールドチャンピオンジャック・ヴィルヌーヴ。この年は概ね安定感のある走りを披露し、多くのレースでヴィルヌーヴを上回るパフォーマンスを見せたものの、最終的に前年より獲得ポイントを下げた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たティモ・グロック

    ワールドチャンピオン獲得の可能性が残った母国での最終戦ブラジルGPをハットトリックで完全優勝。同シーズン最多となる6勝目をマークした。ハミルトンは5位以内に入ればチャンピオン獲得という状況下で、終盤降り出した雨の影響でセバスチャン・ベッテルに先行されたハミルトンは6位に落ち、チェッカーを受けた時点ではマッサがチャンピオンを獲得する条件は揃っていた。しかし強まる雨の中ドライタイヤで走行を続けていたティモ・グロックが失速すると、既にウェットタイヤを装着していたハミルトンは最終ラップの最終コーナー手前でこれをオーバーテイクし、5位でゴールした。これによりマッサは、僅か1ポイント差でタイトルを逃した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフェルナンド・アロンソ

    そんな中で迎えた第11戦ドイツGPでは予選で3位を確保すると、スタートでトップに立ちレース中盤までトップを走行する。久々の優勝が見えていたが、チームからマッサへ「Fernando is faster than you. Can you confirm this you understood that message?」(フェルナンドは君より速い。このメッセージの意味が理解できるか?)との無線が入り、その直後にマッサは露骨に減速して首位をチームメイトのフェルナンド・アロンソに譲り、結局マッサは2位でゴールした。この行為はチームオーダーにあたるとしてフェラーリにはレース終了後に10万ドルの罰金が課せられた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たルカ・バドエル

    代役は当初はミハエル・シューマッハが復帰する予定であったが、バイクレースでの事故の首の痛みにより断念。第11戦ヨーロッパGP、第12戦ベルギーGPではフェラーリのテストドライバーであるルカ・バドエルが務めた。しかしバドエルの成績不振により第13戦イタリアGP以降はジャンカルロ・フィジケラが急遽フォース・インディアから移籍して代役を務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード

  • 今の日本はバカ

  • FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine

  • 高速化するインメモリ重複除去技術開発