144件中 11 - 20件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たセルジオ・ペレス

    前半は他車からのもらい事故(小林可夢偉,セルジオ・ペレス,ライコネン,ケビン・マグヌッセン等)によるリタイヤやピットクルーの作業ミス(中国GP等)により苦戦を強いられる。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た小林可夢偉

    フェラーリで過ごす7年目の2012年シーズンは、開幕から苦しむこととなった。プレシーズンテストからフェラーリのマシンパフォーマンスは不十分で、苦戦が予想された中での開幕であった。その中でもチームメイトのアロンソは第2戦マレーシアGPで優勝するなど速さをみせる場面も多かったため、余計にマッサの不振が目立つ形となり、シーズン途中でのドライバー交代説も幾度となく流れた。事実、開幕から3戦連続でノーポイント、5戦連続でQ3進出を逃していた。第6戦モナコGPではようやく速さを見せ、予選Q2ではトップタイムを記録した(決勝6位)。第7戦カナダGPでも予選では6番手を獲得し復調の兆しを見せたが、決勝では序盤に単独スピンし10位に終わっている。第8戦ヨーロッパGPでは一転して速さを見せることができず、予選13位、決勝も小林可夢偉との接触などもあり16位に終わった。第9戦イギリスGPでは、予選・決勝共に速さを見せ、雨の予選で5位、ドライコンディションの決勝では4位入賞と、いずれもここまでのシーズンでの最高位を獲得した。続く第10戦ドイツGPではスタートの接触が大きく影響して12位に終わるものの、第11戦から連続入賞を続けると、第15戦日本GPでは決勝で2位となり、2年ぶりの表彰台を獲得した。その後は、シーズン終盤の2戦では予選タイムでアロンソを上回り、決勝でもアメリカGPではグリップが良い奇数グリッドにアロンソを移動する為に、故障していないギヤボックスの封印ラベルを剥がしギヤボックス交換ペナルティ5グリッドダウンをチームから要求を受け入れるという苦渋の決断をした。しかし、このペナルティを受けながらも最終的にはアロンソに次ぐ4位入賞を果たし、さらにブラジルGPでも3位表彰台を獲得。2013年からもフェラーリから参戦することが正式に発表された。参戦決定前は他チームとも交渉をしていたことを明らかにしたが、マッサ自身はフェラーリで走ることを望んでいた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たペドロ・デ・ラ・ロサ

    2002年、マクラーレンへ移籍したキミ・ライコネンの後任として、20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目・マレーシアGPでの6位入賞で初のポイントを獲得するも、この頃にはミスも多く、第11戦フランスGPではピットレーン出口の白線を2回跨いだことでそれぞれドライブスルーペナルティの処分が与えられた。また、第15戦イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触で翌戦の10グリッド降格ペナルティを受けたため、ペナルティの回避目的でアメリカGPのシートをハインツ=ハラルド・フレンツェンに譲った。最終的に入賞は3回、ランキング13位でシーズンを終える。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たルーベンス・バリチェロ

    第10戦ハンガリーGPでは、予選中に前方を走行するルーベンス・バリチェロのマシンからサードダンパーのスプリングが外れ、マッサの左前輪で跳ね上げられヘルメットを直撃し、その衝撃で意識を失い、アクセルを緩めることなく高速のままタイヤバリアに激突するクラッシュを喫した。診断の結果、額の裂傷、頭蓋骨の損傷、脳震盪などにより緊急手術が行われた。翌日の決勝レースは欠場となった。低速サーキットと言われるハンガロリンクであるが、アップヒルストレートからハンガロリンク最大の高速コーナーである4コーナーのアプローチという、時速280kmほどになる場所でスプリングが頭に当たるという不運な事故であった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たジャック・ヴィルヌーヴ

    2005年、チームメイトは1997年のワールドチャンピオンジャック・ヴィルヌーヴ。この年は概ね安定感のある走りを披露し、多くのレースでヴィルヌーヴを上回るパフォーマンスを見せたものの、最終的に前年より獲得ポイントを下げた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たケビン・マグヌッセン

    前半は他車からのもらい事故(小林可夢偉,セルジオ・ペレス,ライコネン,ケビン・マグヌッセン等)によるリタイヤやピットクルーの作業ミス(中国GP等)により苦戦を強いられる。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たニコ・ロズベルグ

    2016年もウィリアムズに残留。しかし、マシンの戦闘力は過去2年と比べてもあまり高くなく、メルセデスに追いつくどころか中団に飲み込まれる展開が続き、ポイントを獲得するのが精一杯というレースも多く見られた。それでも開幕戦オーストラリアGPではボッタスがQ2敗退を喫したのに対して、Q3進出を果たして決勝も5位入賞。中国GPでもハミルトンを抑えきって6位入賞を果たすなど、昨年同様の安定感を見せつけた。第14戦イタリアGPの前に、2016年シーズンを以てF1から引退することを明らかにした。しかし、メルセデスのニコ・ロズベルグが引退したことにより状況が一変する。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たルイス・ハミルトン

    そして2006年、2007年と連覇している第5戦トルコGPではポールトゥウィンで完勝し、3年連続ポールトゥウィンを達成した。第8戦フランスGPでは、首位ライコネンがトラブルで失速したレースをものにしシーズン3勝目を上げたが、続く第9戦イギリスGPでは、雨に苦戦し13位に沈んだ。何度もスピンする姿がテレビ中継でも捉えられた。第11戦ハンガリーGPでは、予選3番手から抜群のスタートで1コーナーまでに首位を奪取。その後も徐々に差を広げ2番手走行中のルイス・ハミルトンがパンクで後退してからは、20秒以上の大差をつけて首位を独走する。シーズン4勝目を目前にした残り3周、突然のエンジンブローによりマシンを降りた(記録上は17位完走)。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たジャン・アレジ

    最終戦ブラジルGP以来勝利がないため、フェラーリドライバーとしての連続未勝利レース数が開幕戦オーストラリアGPで68戦となり、歴代ワースト1位となってしまった。フェラーリでの最後のレースである2013年最終戦まで記録は伸び、最終的に86戦まで記録は更新された。これまでの記録はジャン・アレジの67戦。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たザウバー

    この活躍に注目したザウバーからF1テストの機会を与えられ、テストの結果ザウバーとの契約を勝ち取り、翌年からF1参戦を果たす。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

144件中 11 - 20件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード