144件中 21 - 30件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たメルセデスAMG F1

    それでも第7戦カナダGPではシーズンを通して圧倒的な速さを見せていたメルセデスからシーズン初めてリードラップを奪い、次戦第8戦オーストリアGPにてポールポジションを獲得する。決勝こそメルセデス2台と予選2位の同僚バルテリ・ボッタスに抜かれ4位に終わったが、2008年ブラジルGP以来のポールポジション獲得をウィリアムズ移籍初年度で達成した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たブラジルグランプリ

    その後は順調に回復し、本人は母国でのブラジルGPで復帰したい旨を話していた。8月末に行われた精密検査では認識力・視力ともに良好ではあったものの、骨折した頭蓋骨の形成手術の必要があること、その後トレーニングの必要があることなどを考慮し、チーム側はシーズン中の復帰はさせないつもりであることを発表した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    2002年、マクラーレンへ移籍したキミ・ライコネンの後任として、20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目・マレーシアGPでの6位入賞で初のポイントを獲得するも、この頃にはミスも多く、第11戦フランスGPではピットレーン出口の白線を2回跨いだことでそれぞれドライブスルーペナルティの処分が与えられた。また、第15戦イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触で翌戦の10グリッド降格ペナルティを受けたため、ペナルティの回避目的でアメリカGPのシートをハインツ=ハラルド・フレンツェンに譲った。最終的に入賞は3回、ランキング13位でシーズンを終える。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たセバスチャン・ベッテル

    ワールドチャンピオン獲得の可能性が残った母国での最終戦ブラジルGPをハットトリックで完全優勝。同シーズン最多となる6勝目をマークした。ハミルトンは5位以内に入ればチャンピオン獲得という状況下で、終盤降り出した雨の影響でセバスチャン・ベッテルに先行されたハミルトンは6位に落ち、チェッカーを受けた時点ではマッサがチャンピオンを獲得する条件は揃っていた。しかし強まる雨の中ドライタイヤで走行を続けていたティモ・グロックが失速すると、既にウェットタイヤを装着していたハミルトンは最終ラップの最終コーナー手前でこれをオーバーテイクし、5位でゴールした。これによりマッサは、僅か1ポイント差でタイトルを逃した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たエイドリアン・スーティル

    第12戦ヨーロッパGPではポールポジションを獲得。決勝でも見事なスタートを決め首位を堅持すると、そのまま独走態勢に入りシーズン4勝目をあげた。ファステストラップも記録しており、自身100戦目のレースをハットトリックという完勝劇で飾った。リタイアに終わったライコネンをランキングで抜いて2位に浮上した。また、2度目のピットアウトの際エイドリアン・スーティルと接触寸前になり、レース後の審議で罰金のペナルティを科されたが、順位の変更はなかった。マッサの言い分は「ラップリーダーの人間に進路を譲るものだ。」としている。第13戦ベルギーGPでは2位でレースを終えたが、首位でチェッカーを受けたハミルトンが「シケインのショートカットによるアドバンテージを利用しての追い越し」によりペナルティを受け、その結果マッサが優勝に繰上げとなり、2連勝でシーズン5勝目をあげた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たネルソン・ピケ

    サンパウロ出身でありながら、少年時代のヒーローはネルソン・ピケだった。もともとはアイルトン・セナを敬愛していたが、サインをねだった際に断られたことが原因でセナを嫌うようになってしまったという。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフォース・インディア

    代役は当初はミハエル・シューマッハが復帰する予定であったが、バイクレースでの事故の首の痛みにより断念。第11戦ヨーロッパGP、第12戦ベルギーGPではフェラーリのテストドライバーであるルカ・バドエルが務めた。しかしバドエルの成績不振により第13戦イタリアGP以降はジャンカルロ・フィジケラが急遽フォース・インディアから移籍して代役を務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たランス・ストロール

    ボッタスがロズベルグの後任としてメルセデスへ移籍したことにより引退を撤回、2017年もウィリアムズでドライブすることになった。新たなチームメイトはランス・ストロール。背景にはチームメイトがルーキーであることから経験豊富なドライバーを求めていたこと、ウィリアムズのメインスポンサーを務めるマルティーニが25歳以上のドライバーを求めていたことがある。ハンガリーGPのフリー走行で体調不良を訴え、予選以降を欠場した(代役はリザーブドライバーのポール・ディ・レスタ)。母国ブラジルGPを前にした11月4日、2017年を最後にF1から引退することを発表した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たアブダビグランプリ

    2014年シーズン終盤、メルセデス陣営の2人によるタイトル争いの中で最終戦アブダビGP直前、ロズベルグが自身のワールドチャンピオン獲得のために「マッサが2位に入って援護してほしい」とのコメントをした際、マッサは「僕がチャンピオンシップに勝てるチャンスがあった時、誰も助けてくれなかった。実際は、あるドイツ人のせいでフイになってしまった」と発言。2008年ブラジルGPの際のことを現在も根に持っていることが明らかになった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たアメリカグランプリ

    2002年、マクラーレンへ移籍したキミ・ライコネンの後任として、20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目・マレーシアGPでの6位入賞で初のポイントを獲得するも、この頃にはミスも多く、第11戦フランスGPではピットレーン出口の白線を2回跨いだことでそれぞれドライブスルーペナルティの処分が与えられた。また、第15戦イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触で翌戦の10グリッド降格ペナルティを受けたため、ペナルティの回避目的でアメリカGPのシートをハインツ=ハラルド・フレンツェンに譲った。最終的に入賞は3回、ランキング13位でシーズンを終える。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード