117件中 21 - 30件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフォース・インディア

    代役は当初はミハエル・シューマッハが復帰する予定であったが、バイクレースでの事故の首の痛みにより断念。第11戦ヨーロッパGP、第12戦ベルギーGPではフェラーリのテストドライバーであるルカ・バドエルが務めた。しかしバドエルの成績不振により第13戦イタリアGP以降はジャンカルロ・フィジケラが急遽フォース・インディアから移籍して代役を務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たアメリカグランプリ

    2002年、キミ・ライコネンの後任で20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目の第2戦マレーシアGPで6位入賞を獲得するも、この頃にはミスも多く、第15戦イタリアGPでは、ジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触に対するペナルティとして翌戦での10グリッド降格ペナルティを受けた。続く第16戦アメリカGPでは、このペナルティを避けるため、チーム側の措置としてハインツ=ハラルド・フレンツェンにシートを譲った。結局この年は入賞3回にとどまり、ランキング13位に終わった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフォースインディア

    以降は第14戦イタリアGPを除いてラップリーダになることすらなく、第16戦日本GPでは予選Q2で脱落し、決勝ではスタートでフォースインディアのヴィタントニオ・リウッツィと接触して早々に戦線を離れた。結局タイトル争いをしていた3チームの中で最下位となる6位でシーズンを終えた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た国際連合児童基金

    2008年12月22日、ユニセフ募金のためのオークションを、マッサが中心となって開催された。マッサの努力で、同僚や他のブラジル人スポーツ選手やメディア関係者などから提供された、ヘルメット、レーシングスーツ、レースシューズ、腕時計、サッカージャージ、マッサの運転に同乗できる権利、など25点が出品され、総額16万4,000ドルで落札された。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たスクーデリア・フェラーリ

    2003年はフェラーリに移籍し、テストドライバーを務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たハットトリック

    2007年、引退したシューマッハに代わってキミ・ライコネンをチームメイトに迎える。第3戦バーレーンGP、第4戦スペインGPと連勝し、チャンピオン争いに加わる。この2つのグランプリでは、2戦連続ハットトリックを記録している。しかし、その後は第12戦トルコGPまで優勝から遠ざかり、第6戦カナダGPでは、ピットレーン出口の赤信号を見落とすミスを犯し失格処分になるなどノーポイントのレースも影響して、チャンピオン争いから脱落しライコネンのサポートにまわった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たファステストラップ

    この年は、6回のポールポジション、3回の優勝を含む10回の表彰台、6回のファステストラップを記録し、中盤までタイトル争いに絡むなど、大きな成長を見せた。最終戦を前に2010年末までのフェラーリとの契約延長を発表している。最終戦ブラジルGPでは、ポールポジションからスタートし、50周目まで守った首位のポジションをライコネンに明け渡し、2年連続の母国優勝を諦める形でチームメイトのドライバーズタイトル獲得を見事にサポートした。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たポールトゥウィン

    第5戦ヨーロッパGPでは3位でゴールし、初の表彰台を獲得した。第14戦トルコGPにて参戦4年目にして初ポールポジションを獲得。決勝レースでも安定した走りを披露し、初優勝をポールトゥウィンで飾った。第17戦日本GPでは、2度目のポールポジションを獲得したものの、レースでは2位に終わった。続く最終戦ブラジルGPでは、2戦連続のポールポジション獲得から、自身2度目の優勝を母国で果たし、チームメイトのシューマッハの引退レースに花を添えた。また、この勝利は1993年のアイルトン・セナ以来、13年ぶりのブラジル人による母国優勝でもあった。そのウィニングランではコースマーシャルから渡されたブラジル国旗を掲げて走る姿を披露した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たポールポジション

    第5戦ヨーロッパGPでは3位でゴールし、初の表彰台を獲得した。第14戦トルコGPにて参戦4年目にして初ポールポジションを獲得。決勝レースでも安定した走りを披露し、初優勝をポールトゥウィンで飾った。第17戦日本GPでは、2度目のポールポジションを獲得したものの、レースでは2位に終わった。続く最終戦ブラジルGPでは、2戦連続のポールポジション獲得から、自身2度目の優勝を母国で果たし、チームメイトのシューマッハの引退レースに花を添えた。また、この勝利は1993年のアイルトン・セナ以来、13年ぶりのブラジル人による母国優勝でもあった。そのウィニングランではコースマーシャルから渡されたブラジル国旗を掲げて走る姿を披露した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフェラーリ・F60

    更なる飛躍が期待された2009年だったが、大幅なレギュレーション変更に合わせて開発されたF60に昨年ほどの競争力はなく、開幕から4戦をノーポイントで終えた。しかしその後の4戦では連続してポイントを獲得すると、第9戦ドイツGPではこの年初の3位表彰台を獲得する等の健闘を見せた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

117件中 21 - 30件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード