117件中 51 - 60件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2008年イギリスグランプリ

    そして2006年、2007年と連覇している第5戦トルコGPではポールトゥウィンで完勝し、3年連続ポールトゥウィンを達成した。第8戦フランスGPでは、首位ライコネンがトラブルで失速したレースをものにしシーズン3勝目を上げたが、続く第9戦イギリスGPでは、雨に苦戦し13位に沈んだ。何度もスピンする姿がテレビ中継でも捉えられた。第11戦ハンガリーGPでは、予選3番手から抜群のスタートで1コーナーまでに首位を奪取。その後も徐々に差を広げ2番手走行中のルイス・ハミルトンがパンクで後退してからは、20秒以上の大差をつけて首位を独走する。シーズン4勝目を目前にした残り3周、突然のエンジンブローによりマシンを降りた(記録上は17位完走)。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2009年ハンガリーグランプリ

    第10戦ハンガリーGPでは、予選中に前方を走行するルーベンス・バリチェロのマシンからサードダンパーのスプリングが外れ、マッサの左前輪で跳ね上げられヘルメットを直撃し、その衝撃で意識を失い、アクセルを緩めることなく高速のままタイヤバリアに激突するクラッシュを喫した。診断の結果、額の裂傷、頭蓋骨の損傷、脳震盪などにより緊急手術が行われた。翌日の決勝レースは欠場となった。低速サーキットと言われるハンガロリンクであるが、アップヒルストレートからハンガロリンク最大の高速コーナーである4コーナーのアプローチという、時速280kmほどになる場所でスプリングが頭に当たるという不運な事故であった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た競売

    2008年12月22日、ユニセフ募金のためのオークションを、マッサが中心となって開催された。マッサの努力で、同僚や他のブラジル人スポーツ選手やメディア関係者などから提供された、ヘルメット、レーシングスーツ、レースシューズ、腕時計、サッカージャージ、マッサの運転に同乗できる権利、など25点が出品され、総額16万4,000ドルで落札された。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2010年イタリアグランプリ

    以降は第14戦イタリアGPを除いてラップリーダになることすらなく、第16戦日本GPでは予選Q2で脱落し、決勝ではスタートでフォースインディアのヴィタントニオ・リウッツィと接触して早々に戦線を離れた。結局タイトル争いをしていた3チームの中で最下位となる6位でシーズンを終えた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2009年ヨーロッパグランプリ

    代役は当初はミハエル・シューマッハが復帰する予定であったが、バイクレースでの事故の首の痛みにより断念。第11戦ヨーロッパGP、第12戦ベルギーGPではフェラーリのテストドライバーであるルカ・バドエルが務めた。しかしバドエルの成績不振により第13戦イタリアGP以降はジャンカルロ・フィジケラが急遽フォース・インディアから移籍して代役を務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2004年中国グランプリ

    第16戦中国GPと最終戦ブラジルGPでも、予選で自身最高位の4番グリッドを獲得するなどの活躍を見せた。最終的にシーズンで12ポイントを挙げたが、22ポイントを獲得したフィジケラと比べると、見劣りする結果となった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たユーロ3000選手権

    2001年にはF3へステップアップする機会を得たが、イタリアを中心に開催されているユーロF3000(現・ユーロ3000選手権)への参戦を選び、参戦初年度にもかかわらず8戦中6勝を挙げるという圧倒的成績でタイトルを獲得した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たサーキット

    特に左回りのサーキットで速さ・強さを見せており、初のポールポジションを獲得した2006年トルコGP以降、左回りのレースでは7連続ポールポジションを獲得しており(06,07,08年トルコ、06,07,08年ブラジル、08年シンガポール)、ライコネンに首位を譲った2007年ブラジルGPとピットクルーのミスにより給油ホースを引きちぎって発車した2008年シンガポールGPを除く5戦全てをポールトゥウィンで優勝している。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たベネトン・フォーミュラ

    フォーミュラ・シボレーに参戦していた1999年、ベネトンチームに料理を届けることを条件に、マネージャーにブラジルGPのパドックパスをもらった。その時マッサが「またF1で会うかもね。」と声をかけたベネトンのシェフ「フェリーチェ・グエリーニ」は、2008年現在フェラーリで料理を担当している。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2002年イタリアグランプリ

    2002年、キミ・ライコネンの後任で20歳312日という若さでF1デビューを飾った。デビュー2戦目の第2戦マレーシアGPで6位入賞を獲得するも、この頃にはミスも多く、第15戦イタリアGPでは、ジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサとの接触に対するペナルティとして翌戦での10グリッド降格ペナルティを受けた。続く第16戦アメリカGPでは、このペナルティを避けるため、チーム側の措置としてハインツ=ハラルド・フレンツェンにシートを譲った。結局この年は入賞3回にとどまり、ランキング13位に終わった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード