144件中 81 - 90件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2012年カナダグランプリ

    フェラーリで過ごす7年目の2012年シーズンは、開幕から苦しむこととなった。プレシーズンテストからフェラーリのマシンパフォーマンスは不十分で、苦戦が予想された中での開幕であった。その中でもチームメイトのアロンソは第2戦マレーシアGPで優勝するなど速さをみせる場面も多かったため、余計にマッサの不振が目立つ形となり、シーズン途中でのドライバー交代説も幾度となく流れた。事実、開幕から3戦連続でノーポイント、5戦連続でQ3進出を逃していた。第6戦モナコGPではようやく速さを見せ、予選Q2ではトップタイムを記録した(決勝6位)。第7戦カナダGPでも予選では6番手を獲得し復調の兆しを見せたが、決勝では序盤に単独スピンし10位に終わっている。第8戦ヨーロッパGPでは一転して速さを見せることができず、予選13位、決勝も小林可夢偉との接触などもあり16位に終わった。第9戦イギリスGPでは、予選・決勝共に速さを見せ、雨の予選で5位、ドライコンディションの決勝では4位入賞と、いずれもここまでのシーズンでの最高位を獲得した。続く第10戦ドイツGPではスタートの接触が大きく影響して12位に終わるものの、第11戦から連続入賞を続けると、第15戦日本GPでは決勝で2位となり、2年ぶりの表彰台を獲得した。その後は、シーズン終盤の2戦では予選タイムでアロンソを上回り、決勝でもアメリカGPではグリップが良い奇数グリッドにアロンソを移動する為に、故障していないギヤボックスの封印ラベルを剥がしギヤボックス交換ペナルティ5グリッドダウンをチームから要求を受け入れるという苦渋の決断をした。しかし、このペナルティを受けながらも最終的にはアロンソに次ぐ4位入賞を果たし、さらにブラジルGPでも3位表彰台を獲得。2013年からもフェラーリから参戦することが正式に発表された。参戦決定前は他チームとも交渉をしていたことを明らかにしたが、マッサ自身はフェラーリで走ることを望んでいた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たフォッジャ県

    祖父はイタリアのフォッジャ県チェリニョーラからの移民で、イタリア移民としては比較的最近の世代の家系に生まれた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2007年バーレーングランプリ

    2007年、引退したシューマッハに代わってキミ・ライコネンをチームメイトに迎える。第3戦バーレーンGP、第4戦スペインGPと連勝し、チャンピオン争いに加わる。この2つのグランプリでは、2戦連続ハットトリックを記録している。しかし、その後は第12戦トルコGPまで優勝から遠ざかり、第6戦カナダGPでは、ピットレーン出口の赤信号を見落とすミスを犯し失格処分になるなどノーポイントのレースも影響して、チャンピオン争いから脱落しライコネンのサポートにまわった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2009年ブラジルグランプリ

    その後も順調に回復し、10月にはフィオラノサーキットにおいて事故後初となるF1ドライブを実施し、F2007にGP2仕様のスリックタイヤを装着して100kmを走破した。負傷していた左目も医師の診断で完全に回復したと伝えられた。第16戦ブラジルGPでは、チェッカーフラッグを振る役を務めた。最終戦アブダビGPでの復帰が噂されていたが、チーム側は大事をとってシーズン中の復帰をさせないことを改めて発表した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たウィリアムズF1

    2013年もフェラーリから出走。シーズン序盤は予選でアロンソを上回るなど上々な滑り出しをみせ、スペインGPでは予定外のピットストップを行うことになったものの3位表彰台を獲得した。しかしシーズン中盤に差し掛かると、タイヤのトラブルやマシンの戦闘力の低さなどにより、結果を残せず低調なシーズンとなってしまった。このシーズンを最後に長年にわたって在籍していたフェラーリを離れ、ウィリアムズF1に移籍することになった。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2014年オーストリアグランプリ

    それでも第7戦カナダGPではシーズンを通して圧倒的な速さを見せていたメルセデスからシーズン初めてリードラップを奪い、次戦第8戦オーストリアGPにてポールポジションを獲得する。決勝こそメルセデス2台と予選2位の同僚バルテリ・ボッタスに抜かれ4位に終わったが、2008年ブラジルGP以来のポールポジション獲得をウィリアムズ移籍初年度で達成した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2006年日本グランプリ (4輪)

    第5戦ヨーロッパGPでは3位でゴールし、初の表彰台を獲得した。第14戦トルコGPにて参戦4年目にして初ポールポジションを獲得。決勝レースでも安定した走りを披露し、初優勝をポールトゥウィンで飾った。第17戦日本GPでは、2度目のポールポジションを獲得したものの、レースでは2位に終わった。続く最終戦ブラジルGPでは、2戦連続のポールポジション獲得から、自身2度目の優勝を母国で果たし、チームメイトのシューマッハの引退レースに花を添えた。また、この勝利は1993年のアイルトン・セナ以来、13年ぶりのブラジル人による母国優勝でもあった。そのウィニングランではコースマーシャルから渡されたブラジル国旗を掲げて走る姿を披露した。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2008年フランスグランプリ

    そして2006年、2007年と連覇している第5戦トルコGPではポールトゥウィンで完勝し、3年連続ポールトゥウィンを達成した。第8戦フランスGPでは、首位ライコネンがトラブルで失速したレースをものにしシーズン3勝目を上げたが、続く第9戦イギリスGPでは、雨に苦戦し13位に沈んだ。何度もスピンする姿がテレビ中継でも捉えられた。第11戦ハンガリーGPでは、予選3番手から抜群のスタートで1コーナーまでに首位を奪取。その後も徐々に差を広げ2番手走行中のルイス・ハミルトンがパンクで後退してからは、20秒以上の大差をつけて首位を独走する。シーズン4勝目を目前にした残り3周、突然のエンジンブローによりマシンを降りた(記録上は17位完走)。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2012年モナコグランプリ

    フェラーリで過ごす7年目の2012年シーズンは、開幕から苦しむこととなった。プレシーズンテストからフェラーリのマシンパフォーマンスは不十分で、苦戦が予想された中での開幕であった。その中でもチームメイトのアロンソは第2戦マレーシアGPで優勝するなど速さをみせる場面も多かったため、余計にマッサの不振が目立つ形となり、シーズン途中でのドライバー交代説も幾度となく流れた。事実、開幕から3戦連続でノーポイント、5戦連続でQ3進出を逃していた。第6戦モナコGPではようやく速さを見せ、予選Q2ではトップタイムを記録した(決勝6位)。第7戦カナダGPでも予選では6番手を獲得し復調の兆しを見せたが、決勝では序盤に単独スピンし10位に終わっている。第8戦ヨーロッパGPでは一転して速さを見せることができず、予選13位、決勝も小林可夢偉との接触などもあり16位に終わった。第9戦イギリスGPでは、予選・決勝共に速さを見せ、雨の予選で5位、ドライコンディションの決勝では4位入賞と、いずれもここまでのシーズンでの最高位を獲得した。続く第10戦ドイツGPではスタートの接触が大きく影響して12位に終わるものの、第11戦から連続入賞を続けると、第15戦日本GPでは決勝で2位となり、2年ぶりの表彰台を獲得した。その後は、シーズン終盤の2戦では予選タイムでアロンソを上回り、決勝でもアメリカGPではグリップが良い奇数グリッドにアロンソを移動する為に、故障していないギヤボックスの封印ラベルを剥がしギヤボックス交換ペナルティ5グリッドダウンをチームから要求を受け入れるという苦渋の決断をした。しかし、このペナルティを受けながらも最終的にはアロンソに次ぐ4位入賞を果たし、さらにブラジルGPでも3位表彰台を獲得。2013年からもフェラーリから参戦することが正式に発表された。参戦決定前は他チームとも交渉をしていたことを明らかにしたが、マッサ自身はフェラーリで走ることを望んでいた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見た2010年マレーシアグランプリ

    開幕戦バーレーンGPから復帰し、2位表彰台を獲得。第3戦マレーシアGPを終了した時点で一度はランキングトップに立ったものの、第2戦オーストラリアGPを最後に8戦連続で表彰台すら獲得できずにポイントが伸び悩み、タイトル争いで大きく遅れを取った。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「フェリペ・マッサ」のニューストピックワード