前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1450件中 1 - 10件表示
  • 船

    から見たフェリーフェリー

    日本には船名の最後に「丸」を付ける慣行がある。旧船舶法取扱手続第1条では日本の従来からの慣行をふまえて日本の船には船名の末尾になるべく「丸」を付けるように勧告されていた。この船舶法取扱手続は2001年に廃止されたが、従来からの慣行により現在でも多くの日本船が「丸」を船名に付けている。ただ、フェリー船や外航船では「ジャパン・コスモス」「ペガサス」「あめりかん はいうえい」など「丸」を付けない船名も存在しているほか、海上自衛隊や海上保安庁の艦船は丸をつけていない(例 : 所属は文部科学省だが運用は海上自衛隊が行っている南極観測船など)。 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所から見たフェリーフェリー

    はまなす - 2004年竣工(フェリー三菱重工業長崎造船所 フレッシュアイペディアより)

  • ツーリング (オートバイ)

    ツーリング (オートバイ)から見たフェリーフェリー

    北海道西部の道南地方は、北海道と本州を最短距離で結ぶフェリーのターミナルである函館港があり、昔から「北海道の玄関口」と認識されることが多い。道南地域の景観や気候、風土は地理的条件や歴史から東北地方と似ており、地形も北海道の中では平坦でまっすぐな道路は少ない。ツーリング (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • リューカン=ノトデンの産業遺産

    リューカン=ノトデンの産業遺産から見たフェリーフェリー

    リューカン=ノトデンの産業遺産(リューカン=ノトデンのさんぎょういさん)は、ノルウェーのテレマルク県にある世界遺産リスト登録物件で、と周辺に形成された産業景観を保護するために設定された。その景観の中心的要素は、大気中の窒素を固定して化学肥料を生産するために、ノルスク・ハイドロ(ノシュク・ヒドロ)社が20世紀初頭以降に建設した施設群である。この産業遺産にはとノトデンに残る産業施設群、すなわち工場群、電力関連(水力発電所や送電線)、輸送関連(鉄道やフェリー)、労働者関連(宿泊施設、社会的施設など)を含んでいる。リューカンとノトデンは約80 km 隔たった2つの企業城下町だが、世界遺産に登録されている範囲は(原語が単数形になっているように)切り離されておらず、その2つの町を含むヘッダール湖とを繋ぐ渓谷沿い93 km の細長いひとまとまりの地域を対象としている。リューカン=ノトデンの産業遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道連絡船

    鉄道連絡船から見たフェリーフェリー

    広義には、鉄道会社ないしは、その関連会社が管理・運航するものを指し、狭義には、鉄道輸送と一体となって効率的な輸送を行うために、鉄道軌道を船内に設置した船舶(車載客船、車両渡船)を特に建造して鉄道車両を輸送するものをいう。世界的には、車両航送を行うものを指してtrain ferryと呼ぶことが多い。また日本では、旧国鉄が運航した航路全般を指すことが多い。過去の海難事故より、車載客船は、自動車用フェリー(カーフェリー)同様の安全装備、接客設備等が義務づけられる。鉄道連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • 連絡運輸

    連絡運輸から見たフェリーフェリー

    海運事業者(鉄道連絡船・渡し船・フェリー連絡運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 軽油

    軽油から見たフェリーフェリー

    一般的な軽油(1号軽油あるいは特1号軽油)は冬場(おおむね11月~3月。場合によっては4月まで)に低温になると、凍ってしまうことがある。このため、ガソリンスタンドにおいて冬場の軽油(おおむね11月~3月。場合によっては4月まで)は、1号軽油から2号軽油ないしは3号軽油もしくは特3号軽油に差し替えて販売されている。三菱・デリカスターワゴンの取扱説明書によれば、寒冷地(特に北海道)にフェリーで渡航する際には、普段の軽油を渡航前(乗船前)までに半分程度以下になるように調整し、渡航後(乗船後)に寒冷地に対応した軽油(3号軽油もしくは特3号軽油)を満タンにすることが推奨されている。軽油 フレッシュアイペディアより)

  • 天長フェリー

    天長フェリーから見たフェリーフェリー

    天長フェリー (てんちょうフェリー)は、鹿児島県長島町の諸浦港(しょうらこう)から鹿児島県長島町の獅子島にある片側港(かたそばこう)を経由し熊本県天草市の中田港とを結ぶフェリー会社。天草市と長島町、経営者による第三セクターである。天草の「天」と長島の「長」を繋げた命名となっている。天長フェリー フレッシュアイペディアより)

  • マキナック橋

    マキナック橋から見たフェリーフェリー

    マキナック橋は1957年11月1日に完成した。この橋の完成によって、マキノー海峡を隔てたミシガン州の2つの半島、アッパー半島とロウアー半島は道路で結ばれ、冬季には氷結のために運航できなくなるフェリーによって両半島間を行き来した時代は終わった。その翌年、マキナック橋は正式に「アンカーレイジ間世界最長の吊り橋」というタイトルを得た。通常、吊り橋の長さには主塔間の長さである中央径間が用いられるが、これではゴールデンゲートブリッジを超えることができないため、「アンカーレイジ間」という基準を設けることによって「世界一」を名乗ったのであった。このアンカーレイジ間という基準では、マキナック橋はゴールデンゲートブリッジ、サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ西橋の両方を上回っていた。マキナック橋 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見たフェリーフェリー

    1988年、青函トンネルの開通によって青函連絡船が廃止されたが、トラック流通時代に対応した青函フェリーによって、本州(東北道)の北のターミナルとして、次の時代以降も流通拠点都市となっている。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1450件中 1 - 10件表示

「フェリー」のニューストピックワード

  • この後の治療も絶対乗り越えてみせる

  • Do you dream electric lotus?

  • ぼくは 戻ります。必ずみんなのところへ