1450件中 111 - 120件表示
  • ヒッピー・トレイル

    ヒッピー・トレイルから見たフェリーフェリー

    ヒッピー・トレイル()とは、1960年代から1970年代にかけてヒッピーやその他の人々がヨーロッパから南アジア、主にインドとネパールへと陸路で行った旅とそのルートを指す言葉である。主要なモチベーションの1つは、主に自宅から離れていられる時間を引き延ばすために、可能な限り安価に旅をすることであり、よってその旅は「サミング」(ヒッチハイク)や、ルート上を走っている民間バスなどによって実行された。旅程の一部には鉄道もあり、特に東ヨーロッパを横断し(ヴァン湖をフェリーで渡り)トルコを抜け、テヘランやマシュハドへと抜けるルートが使われた。これらの都市から先の旅は、公共交通機関や民間の交通手段が利用できた。こうした旅は、部分的には18世紀の「グランドツアー」の慣習の影響を受けていた。ヒッピー・トレイル フレッシュアイペディアより)

  • クバレイ島 (フィンマルク県)

    クバレイ島 (フィンマルク県)から見たフェリーフェリー

    この島の南部にはクバルスンド橋が架橋されており、その橋を通るによって本土と繋がっている。島の住民の多くはその道に沿った西海岸に居住している。また、との間にはフェリーが通っている。クバレイ島 (フィンマルク県) フレッシュアイペディアより)

  • パリ・プラージュ

    パリ・プラージュから見たフェリーフェリー

    この企画は、大成功を収めた。訪問客は年々増加しており、2007年には400万人を上回った。毎シーズン、新しい呼び物が追加されている。これらには、河岸2カ所へのシャトルフェリーによる接続、水に浮かぶプール、市の北東にあるのビーチなどが含まれる。パリ・プラージュ フレッシュアイペディアより)

  • メルスィン

    メルスィンから見たフェリーフェリー

    現在、製油所や製粉工場を有し、小麦、綿花、羊毛、トロス山脈産のクロム鉱などを輸出するトルコ南部の代表的な工業地帯である。キプロス島とを結ぶフェリー航路が通じている。メルスィン フレッシュアイペディアより)

  • 盛漁港

    盛漁港から見たカーフェリーフェリー

    大三島フェリーが運航する、竹原市の大久野島経由で忠海港に行く便と忠海港へ直行するカーフェリーが発着する。フェリーの案内では盛港と表記される。盛漁港 フレッシュアイペディアより)

  • ンチェレンゲ

    ンチェレンゲから見たフェリーフェリー

    また、フェリーでとに連絡している。ンチェレンゲ フレッシュアイペディアより)

  • 泉佐野南出入口

    泉佐野南出入口から見たフェリーフェリー

    4-22 泉佐野南出口 りんくうタウン 泉佐野港フェリー泉佐野南出入口 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日

    朝日から見たフェリーフェリー

    あさひ (フェリー) - 四国汽船のフェリーの名称。宇野港-直島-高松港を運航朝日 フレッシュアイペディアより)

  • 海上運送法

    海上運送法から見たフェリーフェリー

    主に旅客自動車運送であるフェリーなどの事業、また海運仲立業及び海運代理店業についての法律となっている。海上運送法 フレッシュアイペディアより)

  • ビュート島

    ビュート島から見たフェリーフェリー

    ビュート島はクライド湾内にある。島唯一の町はロスシーで、本土からフェリーが到着する。他8つの村がある。ビュート島 フレッシュアイペディアより)

1450件中 111 - 120件表示

「フェリー」のニューストピックワード