1007件中 21 - 30件表示
  • バルティック・プリンセス

    バルティック・プリンセスから見たフェリーフェリー

    バルティック・プリンセスは、エストニアのタリンクが運航しているフェリーである。バルティック・プリンセス フレッシュアイペディアより)

  • ロマンチカ (フェリー)

    ロマンチカ (フェリー)から見たフェリーフェリー

    ロマンチカは、エストニアのタリンクが運航しているフェリーである。ロマンチカ (フェリー) フレッシュアイペディアより)

  • サーキュラー・キー

    サーキュラー・キーから見たフェリーフェリー

    サーキュラー・キーには、歩道が整備され、ショッピングモール、公園、レストランが軒を連ねる。また、シドニー湾を横断するフェリー乗り場、バスターミナル、鉄道駅が設けられていることから、シドニーの交通の中心でもある。サーキュラー・キー フレッシュアイペディアより)

  • Fallout 3

    Fallout 3から見たフェリーフェリー

    ウェイストランドを旅する主人公は、ポトマック川の船着場に停留するフェリーを発見する。そのフェリーはメリーランド州にある湿地帯「ポイントルックアウト」から来た貨物定期便だという。主人公は船着場にいる1人の女性から「ポイントルックアウトに向かうならば、そこで下船したとされる娘を捜して手紙を渡してほしい」との願いを受ける。そしてフェリーに乗り辿り着いた場所は、ウェイストランドとは全く異なる風土と問題を抱えた霧深い土地であった。Fallout 3 フレッシュアイペディアより)

  • マルエーフェリー

    マルエーフェリーから見たフェリーフェリー

    1975年5月 - 鹿児島 - 那覇航路をフェリー化、「エメラルドあまみ」が就航する。マルエーフェリー フレッシュアイペディアより)

  • 運天港

    運天港から見たフェリーフェリー

    2002年までは、名護バスターミナルから路線バスの運天線(琉球バス(現・琉球バス交通)・沖縄バスの共同運行)が乗り入れていたが、現在は廃止されている。このため伊是名・伊平屋の島民が公共交通機関を用いて名護や那覇などの街に出ることはほとんど不可能となっており、フェリーで自家用車を運ぶか、港の近くにある有料駐車場に車を預けておくか、レンタカーを利用するかなどの手段が必要となっている。運天港 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本海フェリー

    新日本海フェリーから見たフェリーフェリー

    新日本海フェリー(しんにほんかいフェリー、Shinnihonkai Ferry Co., Ltd.)は、日本の海運会社。舞鶴・敦賀・新潟・秋田と小樽・苫小牧東を結ぶフェリーを運航する。本社は大阪市北区、本店は北海道小樽市にある。SHKライングループ。新日本海フェリー フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ

    コンテナから見たフェリーフェリー

    日本には全国的に多くの離島が存在するが、例えば九州地区の離島や関東地区の伊豆諸島などフェリーが就航していない航路では、貨客船や小型貨物船での生活物資輸送に12フィートコンテナを主体としてその地域に応じた多種多様なコンテナが多く使われている。この場合、船にクレーンが備え付けられており、入港時に積み下ろしをする光景が見られる。また離島以外にも代表的な例として、九州⇔北海道・北海道⇔関東⇔関西⇔九州等、本土間の中長距離を定期的にフェリーや内航コンテナ船を中心に、各種船舶を利用し大量に輸送している。コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • マキナック橋

    マキナック橋から見たフェリーフェリー

    マキナック橋は1957年11月1日に完成した。この橋の完成によって、マキノー海峡を隔てたミシガン州の2つの半島、アッパー半島とロウアー半島は道路で結ばれ、冬季には氷結のために運航できなくなるフェリーによって両半島間を行き来した時代は終わった。その翌年、マキナック橋は正式に「アンカーレイジ間世界最長の吊り橋」というタイトルを得た。通常、吊り橋の長さには主塔間の長さである中央径間が用いられるが、これではゴールデンゲートブリッジを超えることができないため、「アンカーレイジ間」という基準を設けることによって「世界一」を名乗ったのであった。このアンカーレイジ間という基準では、マキナック橋はゴールデンゲートブリッジ、サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ西橋の両方を上回っていた。マキナック橋 フレッシュアイペディアより)

  • エアリアル橋

    エアリアル橋から見たフェリーフェリー

    エアリアル橋はセントルイス川の河口に形成された砂州、ミネソタ・ポイント(別名パーク・ポイント)に建設された短い運河に架かっている。スペリオル湖とセントルイス川とをつなぐこの運河は1870年から翌1871年にかけて建設された。セントルイス川の自然の河口は運河の南東約11kmにあり、ミネソタ州とウィスコンシン州の州境となっていた。この運河の開削により、砂州は陸から事実上孤立した島となったため、陸地からの交通手段を建設する必要があった。いくつかの方法が試行されたが、ダルース地域独特の気候のためにいずれも成功しなかった。フェリーは夏場には運航することができたが、冬になると凍結のため使用できなかった。歩行者用の吊り橋は、スペリオル湖からの強風のためによく揺れ、安全性に乏しかった。エアリアル橋 フレッシュアイペディアより)

1007件中 21 - 30件表示

「フェリー」のニューストピックワード