1007件中 51 - 60件表示
  • 貨客船

    貨客船から見たフェリーフェリー

    旅客船と同様の安全装備が必要となる。フェリーも貨客船の一つの形態であるが、本項では便宜的に、貨客船を車両ランプが設置されていないものとし、フェリーと貨客船を別に記述する。ただし、車両ランプを装備しているものでも、車輌の荷役方法の違い(利用者が自走で乗降するか乗務員の運転で乗降するかの違いなど)で書籍によって貨客船に分類されていたりと、どちらとも言えないケースがあることを断っておく。(例: 新鑑真などの国際フェリー、琉球エキスプレスなどの国内航路)貨客船 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島商船

    鹿児島商船から見たフェリーフェリー

    鹿児島商船(かごしましょうせん)は、鹿児島県鹿児島市に本社を置く海運会社。鹿児島から種子島および屋久島への高速船およびフェリー航路などを運航している。いわさきグループの一員。鹿児島商船 フレッシュアイペディアより)

  • 新港 (神戸市)

    新港 (神戸市)から見たフェリーフェリー

    新港フェリーターミナル。東岸から新港第四突堤?神戸大橋?ポートアイランドを一望できる夜景の名所。ジャンボフェリーが運航するフェリーが発着する。(三ノ宮駅から神戸フェリーバスの有料送迎バス便あり)新港 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • ワニノ

    ワニノから見たフェリーフェリー

    1940年代を通じて、ワニノはウラジオストクとともに、オホーツク海の北のマガダン港と大陸本土とを結ぶ連絡船の発着港であり、コルィマ鉱山のグラグ(強制収容所)へ送られる政治犯たちもワニノからマガダン港へ送られている。こうした政治犯は、マガダンとヤクーツクを結ぶ国道の建設や国道沿いの金鉱などでの労働に従事させられた。スターリン時代以後も、ソ連最東端の地域への最短航路を提供するワニノ港の重要性は高まり続け、1989年には港の貨物取扱量は1,150万トンに達した。また1973年以来、サハリンのホルムスク(かつての真岡付近)とワニノとを結ぶ砕氷船によるフェリーが運航し、サハリンとロシア本土とを結ぶ連絡路となっている。ソ連崩壊後は経済の混乱でワニノ港は縮小し、2005年の取扱量は620万トンに減っているが、一方でホルムスクを経由し小樽に向かう国際フェリーが運航を開始している。ワニノ フレッシュアイペディアより)

  • レインボー壱岐号

    レインボー壱岐号から見たフェリーフェリー

    唐津から壱岐への九州郵船のフェリー航路と連絡し、長崎市と長崎県壱岐市を結ぶ役割も果たしている。そのため、フェリーのドック入り期間中は、フェリーのダイヤに合わせてバスダイヤも変更される。レインボー壱岐号 フレッシュアイペディアより)

  • 三和商船

    三和商船から見たフェリーフェリー

    三和商船 (さんわしょうせん)は、有明海の島原湾水域に航路を持つフェリー会社。三和商船 フレッシュアイペディアより)

  • バラード入り江

    バラード入り江から見たフェリーフェリー

    入り江はジョージア海峡からポートムーディに向かってほぼ垂直に東方向に伸びており、沿岸部には近代的な港、工業地帯(下に詳述)が整備されている他、バンクーバー、ウェストバンクーバー、ノースバンクーバー、バーナビー、ポートムーディなどの住宅地が存在する。入り江の後ろ1/3は、ディープコーブとベルカーラの間から北側に水面下が非常に急峻なインディアン・アームと呼ばれるフィヨルドが形成されている。インディアン・アームは幅がおよそ2km弱の入り江ながら最深部では深さ200m以上ある。入り江はジョージア海峡からポートムーディまで25kmの距離があり、インディアン・アームも20kmの長さがある。入り江には、その奥に向かっての最初の狭窄部であるファーストナローズ(First Narrows)には道路橋のライオンズゲートブリッジが、2番目の狭窄部であるセカンドナローズ(Second Narrows)には道路橋のアイアンワーカーズメモリアル・セカンドナローズクロッシングおよび鉄道橋のセカンドナローズブリッジが架かっている。入り江の横断手段としては、旅客専用定期フェリーのシーバスも運航されており、バンクーバーのウォーターフロント駅とノースバンクーバーのロンズデール・キー間を結んでいる。ライオンズゲートブリッジからアイアンワーカーズメモリアル・セカンドナローズクロッシングの間では、大型旅客船を含め多くの船舶が航行し、水上飛行機も離発着を行う。バラード入り江 フレッシュアイペディアより)

  • 来居港

    来居港から見たフェリーフェリー

    隠岐汽船と隠岐観光の2社が、それぞれフェリー及び高速船を就航させている。来居港 フレッシュアイペディアより)

  • 菱浦港

    菱浦港から見たフェリーフェリー

    隠岐汽船と隠岐観光の2社が、それぞれフェリー及び高速船を就航させている。菱浦港 フレッシュアイペディアより)

  • 浦郷港

    浦郷港から見たフェリーフェリー

    隠岐諸島西部・島前地域の中心地で隠岐支庁島前集合庁舎が置かれている西ノ島の浦郷地区に至近の港である。かつては西ノ島の東側にある別府港と共に定期船が就航していたが、2005年に島の東西を結ぶ西ノ島大橋が開通し別府港から国道485号経由での自動車による移動が容易になったことからフェリーは2007年、貨客船は2010年を以て寄港を終了した。浦郷港 フレッシュアイペディアより)

1007件中 51 - 60件表示

「フェリー」のニューストピックワード