1450件中 51 - 60件表示
  • 乗車券

    乗車券から見たフェリーフェリー

    船の場合、長距離フェリーや外洋航路のように、長時間の航海を行う航路では、特等・1等・2等と船内の設備に差をつける等級制を採っていることが多い。この場合、特等運賃、1等運賃、2等運賃の形になり、運賃自体の格差が設定されており、日本の鉄道でいうグリーン券や寝台券などの付加料金が含まれた形とは別の形態である。乗車券 フレッシュアイペディアより)

  • シング・ストリート 未来へのうた

    シング・ストリート 未来へのうたから見たフェリーフェリー

    ロバートとペニーの婚姻はいよいよ破綻を来すが、一方でコナーとラフィーナは交際を進展させ、2人はコナーの祖父が所有していたモーターボートでダン・レアリーから程近いへ向かう。島から、アイルランドを離れブリテン島へ向かうフェリーを見た2人は、ラフィーナの「アイルランドを離れロンドンに行く」夢について語り合う。シング・ストリート 未来へのうた フレッシュアイペディアより)

  • 渡し船

    渡し船から見たフェリーフェリー

    広義の「渡し船」には、離島との航路などや、釣り客を沖の独立した防波堤や岩礁へ運ぶ渡船業、リゾート企業などが顧客専用として運用するものも含まれる。本稿では狭義の渡し船として、「比較的狭い距離の対岸同士を渡し、庶民の日常の交通手段や観光に利用され、公共性の高いもの」について述べる。大型かつ航路の長いものはフェリーを、単純な対岸往復でなく、河川や運河の流れに沿って複数の船着場を行き来する船は水上バスを参照のこと。なお、フェリーと渡し船を呼び分ける文化は日本以外にはあまり存在しないため、各国語版へのリンクはフェリーのほうを主に参照されたい。渡し船 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇港

    那覇港から見たフェリーフェリー

    国場川河口部に位置する()。最大水深9m。奄美群島など鹿児島県方面へのフェリー・RO-RO船・レストラン船・遊覧船などが利用している。那覇港 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェネツィア

    ヴェネツィアから見たフェリーフェリー

    地上では、迷路のように狭くて曲がりくねった路地や通りに自動車は入れず、橋も歩行者専用である。何世紀もの間市内の輸送をになったのは、ゴンドラ () と呼ばれる手漕ぎボートであった。今は水上バスやフェリーが市民や貨物を運んでいるが、ゴンドラも観光に利用されている。ヴェネツィア フレッシュアイペディアより)

  • 仙台港

    仙台港から見たフェリーフェリー

    北米やアジア、京浜港などとの間で外内貿定期コンテナ航路を有し、また海上コンテナの鉄道輸送定期貨物路線「よこはま号」でも京浜港と結ばれており、国際海上コンテナの輸送手段として外貿ダイレクト、内航フィーダー、鉄道と3つのモードが揃う国内でも珍しい港湾である。また、東北地方では数少ない40ftコンテナを扱える仙台港駅を有する。原油、自動車、重油、液化石油ガスや各種製品を貨物として扱う。2006年(平成18年)の貨物取扱量は3694万2千トンで、入港船舶数は7024隻だった。旅客も取り扱っており名古屋港および苫小牧港との間にフェリーが就航している。仙台港 フレッシュアイペディアより)

  • カートレイン

    カートレインから見たフェリーフェリー

    運賃+料金はカーフェリーより若干高いものの、ジェット&レンタカー(航空機とレンタカーを組み合わせた旅行商品)より大幅に安い金額とされた。カートレイン フレッシュアイペディアより)

  • RO-RO船

    RO-RO船から見たフェリーフェリー

    RO-RO船(ローローせん、)は、フェリーのようにランプを備え、トレーラーなどの車両を収納する車両甲板を持つ貨物船のことである。RO-RO船 フレッシュアイペディアより)

  • 県別マップル

    県別マップルから見たフェリーフェリー

    巻末の裏見返し部は「○○県総図(又は"▼▼県周辺図")」として発行都府県全図及びその周辺図を掲載(図式は第四世代までは発行都府県により異なっていたが、2015年以降は「新・第五世代図式」へ統一。富山・石川・福井3県版は「北陸総図」として北陸全体の索引図を、徳島・香川・愛媛・高知4県版は「四国総図」として四国全体の索引図をそれぞれ掲載)。発行都府県によっては鉄道路線図・フェリー案内&フェリー料金表、(発行都府県周辺の)高速道路網図、(発行都府県の県庁所在地及び大都市中心部にある)駐車場案内図、主要空港ターミナルビル案内図、本土と離島を結ぶ交通機関案内図も併せて掲載。なお高速・有料道路料金表にはインター名を全て掲載せず、交通量の少ないインターや発行エリア外のインターは一部省略している(発行エリア内にある料金表欄非掲載インターは「非表示インター」として欄外に掲載。大半の版は高速&有料道路・フェリー料金表を巻末に掲載しているが、高速道路網が短い県の版は高速&有料道路・フェリー料金表を本図の中ほどに掲載する場合がある)。また「発行都府県とその周辺の鉄道案内図」を掲載している版では、発行都府県外にある駅については一部省略している。県別マップル フレッシュアイペディアより)

  • 津軽丸 (2代)

    津軽丸 (2代)から見たフェリーフェリー

    津軽丸は1954年(昭和29年)の洞爺丸事件や、1955年(昭和30年)の宇高連絡船 紫雲丸事件を教訓として設計された安全な船であるとともに、津軽丸建造当時の日本の造船・海運界は、世界に先駆けて船舶の自動化や遠隔操縦化を導入し始めた時期で、とりわけ、津軽丸は青函連絡船初の自動化船だけに留まらず、当時の造船・海運界の最先端技術を先取りした船として、後続の国鉄連絡船のみならず、その数年後から登場する長距離フェリーにも多大な影響を与えた。津軽丸 (2代) フレッシュアイペディアより)

1450件中 51 - 60件表示

「フェリー」のニューストピックワード