1007件中 71 - 80件表示
  • 小松島フェリー

    小松島フェリーから見たフェリーフェリー

    小松島フェリー(こまつじまフェリー)は、かつて大阪府の大阪南港から徳島県の小松島港を結んでいたフェリー航路である。共同汽船(現在は廃業)、関西汽船、共正海運の3社が共同運航していた。小松島フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県道200号薄香港線

    長崎県道200号薄香港線から見たフェリーフェリー

    かつて(1991年まで)薄香港からは生月島へのフェリーが就航していて、フェリーの接続道路としての利用が多かった。長崎県道200号薄香港線 フレッシュアイペディアより)

  • コーストマウンテンバス

    コーストマウンテンバスから見たフェリーフェリー

    コーストマウンテンバス()は、ブリティッシュコロンビア州のメトロバンクーバーにおいてトランスリンクのもと、バス、フェリーを運営する事業者のひとつ。本社をBC州サレー市に置く。コーストマウンテンバス フレッシュアイペディアより)

  • キー・システム

    キー・システムから見たフェリーフェリー

    キー・システムは、イースト・ベイ内を運行する路面電車・バスと、イースト・ベイの諸都市や近隣地域をサンフランシスコ湾へ突き出したフェリー桟橋まで、後にはサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジの下層デッキを通ってサンフランシスコまで結ぶ通勤鉄道とバスの路線網から構成されていた。1940年代の最大の時期、リッチモンド・オルバニー・バークレー・サン・レアンドロ間や、これらの都市とサンフランシスコを結ぶ66 マイル(106 km)を超える路線を保有していた。キー・システム フレッシュアイペディアより)

  • シャトル・ハイウェイライン

    シャトル・ハイウェイラインから見たフェリーフェリー

    株式会社シャトル・ハイウェイライン (略称:SHL) は、かつて神奈川県横須賀市新港町に本社を置いていた海運(フェリー)会社。シャトル・ハイウェイライン フレッシュアイペディアより)

  • 九州急行フェリー

    九州急行フェリーから見たフェリーフェリー

    九州急行フェリー株式会社(きゅうしゅうきゅうこうフェリー)は、貨物専用フェリーを運航していた会社。九州急行フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎カーフェリー

    宮崎カーフェリーから見たカーフェリーフェリー

    宮崎カーフェリー株式会社(みやざきカーフェリー)は、関西地区と宮崎県をフェリーで結ぶ海運会社として、歴史上少なくとも2つの会社が存在した(いずれもマリンエキスプレスの系統に属する企業である)。宮崎カーフェリー フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸フェリー

    厚岸フェリーから見たフェリーフェリー

    かつては厚岸町営であったが、車両が運送できなかった。このため1959年8月から、日本道路公団が道路渡船施設として、北海道内で初の車両運送可能であるフェリー厚岸丸により、本町と真竜の間を運航した。厚岸フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 佐良浜港

    佐良浜港から見たフェリーフェリー

    カーフェリー - ゆうむつ(1日6往復) 所要時間約25分佐良浜港 フレッシュアイペディアより)

  • 地方港湾

    地方港湾から見たフェリーフェリー

    地方港湾の中には、フェリー・定期貨物便の寄港地として、地域の海上交通拠点として機能している港湾もあるが、旅客船・貨物船がほとんど入港することなく、漁船の利用が中心となっている港湾も少なくない。このように、海上交通拠点として幅広い用途を持つ港湾としてというよりも、実質的に漁港として利用される傾向が強いという課題を地方港湾は抱えている。この背景には、港湾法制定時に港湾としての指定を判断した時点において、漁港よりも港湾の方が、国庫補助金による整備がしやすかったという事情があるとの指摘もある。地方港湾 フレッシュアイペディアより)

1007件中 71 - 80件表示

「フェリー」のニューストピックワード