1450件中 71 - 80件表示
  • ワニノ

    ワニノから見たフェリーフェリー

    1940年代を通じて、ワニノはウラジオストクとともに、オホーツク海の北のマガダン港と大陸本土とを結ぶ連絡船の発着港であり、コルィマ鉱山のグラグ(強制収容所)へ送られる政治犯たちもワニノからマガダン港へ送られている。こうした政治犯は、マガダンとヤクーツクを結ぶ国道の建設や国道沿いの金鉱などでの労働に従事させられた。スターリン時代以後も、ソ連最東端の地域への最短航路を提供するワニノ港の重要性は高まり続け、1989年には港の貨物取扱量は1,150万トンに達した。また1973年以来、サハリンのホルムスク(かつての真岡付近)とワニノとを結ぶ砕氷船によるフェリー(ワニノ・ホルムスク鉄道連絡船)が運航し、サハリンとロシア本土とを結ぶ連絡路となっている。ソ連崩壊後は経済の混乱でワニノ港は縮小し、2005年の取扱量は620万トンに減っている。一時期、ホルムスクを経由し小樽に向かう国際フェリーが運航されていたが、燃料費の高騰を理由に2005年で休航となった。ワニノ フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡汽船

    佐渡汽船から見たフェリーフェリー

    現在、佐渡汽船は新潟航路(新潟 - 両津)、直江津航路(直江津 - 小木)、寺泊航路(寺泊 - 赤泊)の3航路を運航し、2隻のカーフェリー、3隻のウォータージェット推進式全没型水中翼船と1隻の高速船、一隻の双胴型高速カーフェリーを就航させている。このうち水中翼船・ボーイング929(ジェットフォイル)は1977年、日本で初めて定期航路に就航したもので、後にボーイングから製造・販売のライセンスを取得した川崎重工業(現川重ジェイ・ピイ・エス)にもノウハウを提供している。佐渡汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見たフェリーフェリー

    明石海峡大橋開通後、鳴門海峡に架かる大鳴門橋の交通量は瀬戸大橋を上回るようになり、新たな四国の玄関としての側面を持ち始めている。3ルートから四国入りする場合、兵庫以西(中国・九州)と兵庫以東(前者以外)の人口を比べると17%:83%であり、圧倒的に神戸鳴門ルートを選択する場面が多くなる。神戸淡路鳴門自動車道の全通直後では、鳴門IC付近にある徳島トラックステーションを利用するトラックの増加が目立った。また京阪神方面への高速バスは一端は年々増加、屈指のドル箱路線までに成長していたが、近年はETC大幅割引の影響で減便・廃止が出始めている。近年では、四国の高速道路網が充実してきたことから、松山市、高知市や高松市を出発して京阪神や首都圏へ向かう高速バスや農産物を積んだトラックが、鳴門を通過するケースが顕著になってきた。今後、徳島県内の高速道路の整備や4車線化が進めば、鳴門が四国の玄関口としてさらに重要な場所になる可能性もある。なお、宇高連絡船が開設される以前の本四間の移動は、大阪府の深日から船で淡路島の洲本市へ渡り、淡路鉄道などを利用して洲本から福良まで淡路島内を移動、福良から船やフェリーで鳴門へ渡るというのが最も一般的なルートであった(福良・鳴門間は日本最古のフェリー航路)。そういう意味では「鳴門が新たな四国の玄関口になった」というよりも、「鳴門が再び四国の玄関口になった」といえる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 室蘭市

    室蘭市から見たフェリーフェリー

    1967年(昭和42年):初のフェリー航路となる室蘭?青森間(青蘭航路)開設。室蘭市 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜港

    横浜港から見たフェリーフェリー

    現在の外国航路の乗降客数は、上海や釜山行き国際フェリー航路を有する大阪港、および上海や天津行き国際フェリー航路を有する神戸港に比べると、横浜港は比較にならないほど少ない。国内航路乗降客数も、フェリー航路を有する大阪港・神戸港・東京港と比較すると、これもまた桁違いに少ない(ノート参照)。横浜港 フレッシュアイペディアより)

  • 浦郷港

    浦郷港から見たフェリーフェリー

    隠岐諸島西部・島前地域の中心地で隠岐支庁島前集合庁舎が置かれている西ノ島の浦郷地区に至近の港である。かつては西ノ島の東側にある別府港と共に定期船が就航していたが、2005年に島の東西を結ぶ西ノ島大橋が開通し別府港から国道485号経由での自動車による移動が容易になったことからフェリーは2007年、貨客船は2010年を以て寄港を終了した。浦郷港 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県道200号薄香港線

    長崎県道200号薄香港線から見たフェリーフェリー

    かつて(1991年まで)薄香港からは生月島へのフェリーが就航していて、フェリーの接続道路としての利用が多かった。長崎県道200号薄香港線 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保市敬老特別乗車証

    佐世保市敬老特別乗車証から見たフェリーフェリー

    黒島・高島の在住者については、本乗車証と併せて敬老交通交付金が交付される。離島であるため、本土の相浦港までのフェリー運賃を一定額補助する形となる(相浦港からは市営バス・西肥バスの路線がある)。佐世保市敬老特別乗車証 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道195号神島外港線

    岡山県道195号神島外港線から見たフェリーフェリー

    神島大橋が架橋されるまでは、笠岡市の神島地内(神島内浦)と横島地内(瀬戸)の間を渡し舟(瀬戸の渡し)で往来していた。その後、1956年(昭和31年)2月から県道神島外浦寄島線フェリーボードが就航し、本土から貨物自動車の渡船が可能となる。ところが、乗り換え時間や待ち時間、天候に左右されることが多く、問題となり架橋計画が持ち上がる。笠岡市や地元民からの強い要望によって、1966年(昭和41年)から岡山県が神島大橋の架橋工事を開始し、1970年(昭和45年)3月31日に神島大橋が開通。現在の路線経路となる。岡山県道195号神島外港線 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸丸 (仁堀連絡船)

    瀬戸丸 (仁堀連絡船)から見たカーフェリーフェリー

    そのような状態で、仁堀航路は自動車運送(カーフェリー)に活路を開こうとして、1964年(昭和39年)12月、大島連絡船から転籍してきた大島丸(1961年就航)で自動車運送を開始する。大島丸は1965年(昭和40年)に安芸丸に改称後、1966年(昭和41年)には自動車搭載場を拡張し、2t車8台に増強する。この自動車運送が好評になったため、仁堀航路で最初の新造船が建造されることとなる。瀬戸丸 (仁堀連絡船) フレッシュアイペディアより)

1450件中 71 - 80件表示

「フェリー」のニューストピックワード

  • この後の治療も絶対乗り越えてみせる

  • Do you dream electric lotus?

  • ぼくは 戻ります。必ずみんなのところへ