前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • フェリー

    フェリーから見た四国

    日本では1970年代に運輸省が全国自治体に働きかけて旅客フェリー設備の整備が進められたが、港湾設備が整うと運航側が旅客営業を廃止し貨物船などに転換する「ただ乗り」現象が多発している。大阪港や神戸港と四国・九州の各港を結ぶ旅客フェリー航路は複数存在する一方、東京港から北海道方面に向かう旅客フェリー航路は大洗港などに拠点を移した。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た明石海峡

    第二次世界大戦後の1950年、下関と門司の間3.8kmを結んだ「第三関門丸」「第四関門丸」「第五関門丸」の3隻が就役した。また、瀬戸内海では1953年に宇野(岡山県)と高松(香川県)間を結ぶ「第一航走丸」150総トンが、1954年に明石海峡横断航路として明石 - 岩屋(兵庫県)間を結ぶ「あさぎり丸」220総トンが、同年に鳴門海峡航路として福良(兵庫県) - 鳴門(徳島県)間を結ぶ「若潮丸」220総トンがそれぞれ就航した。なお、1956年には宇野 - 高松間に55総トンの木造船「玉高丸」も就航している。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た桜島

    1944年には鹿児島と桜島との間を結ぶ156総トンの木造船、「第一桜島丸」が就航した。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た船舶

    フェリー (Ferry) とは、旅客や貨物を鉄道車両や自動車ごと運搬できるようにしたのことである。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た衛星電話

    通信 - 長・中距離フェリーでは衛星電話を使った公衆電話が設置されている。日本国内ではNTTドコモの衛星携帯電話「ワイドスター」が利用される。通話料金は一般の公衆電話と比べやや割高であるが、通常の電話とあまり変わらない品質で通話ができる。高高度の衛星を使っているため、通話は0.2秒ほど遅延する。国際航路では、日本と相手国の公衆電話両方が用意されている場合がある。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たベッド

    1等船室: 定員2人から4人の個室。4人定員の場合には2段ベッドの船も多いが、日本のフェリーでは和室(6畳ないし8畳)も存在する。2人部屋の場合は特等に比べて設備が簡素化されている他、窓のない内部屋に設定されていることも多い。短距離航路では個室ではなく、大部屋にリクライニングシートを備える形式の船室も存在する。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た北九州市

    渡し舟と初期のフェリーの違いは判然としないため、いつの時点から日本での最初のフェリーと呼んで良いかは断言できないが、1つの例として示せば、1934年に今の北九州市の若松区と戸畑区の間の400m程を結ぶ航路に43総トンの2隻のカーフェリー「第8若戸丸」と「第9若戸丸」が就航した事例が挙げられる。これらのフェリーは船の前後に舵とスクリューを備えた両頭船であり、最大でもトラック2台とオート三輪を4台を積載できるのみであった。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た鉄道車両

    フェリー (Ferry) とは、旅客や貨物を鉄道車両や自動車ごと運搬できるようにした船のことである。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たクルーズ船

    南端のベルゲンからフィヨルド沿いに北上、ノールカップを回って北端のヒルケネスを往復する沿岸急行船が有名。生活航路であると同時に観光ポイントを巡ることからクルーズ船としての性格を持ち合わせている。船体は古いものから新しいものまで様々だが年が若くなるにつれて設備が豪華になっている。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た海難事故

    諸島国であるフィリピンではフェリーが交通手段として頻繁に使われている。日本航路からリタイアした船が使われているが、乗客数を増やすために改造されているケースが多く、当初設計時の定員より大幅な超過状態で運航された結果、海難事故がたひたび起きている。フェリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「フェリー」のニューストピックワード