164件中 21 - 30件表示
  • フェリー

    フェリーから見たアテネ

    アテネ近郊のからエーゲ海諸島へのフェリーが就航しており、のエリロス号()、のニッソス・ロードス号()、アリアドネ号()など日本の中古船も多数就航している。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たクルーズ船

    南端のベルゲンからフィヨルド沿いに北上、ノールカップを回って北端のヒルケネスを往復するフッティルーテン(Hurtigruten 沿岸急行船)が有名。生活航路であると同時に観光ポイントを巡ることからクルーズ船としての性格を持ち合わせている。船体は古いものから新しいものまで様々だが年が若くなるにつれて設備が豪華になっている。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た九州

    日本では1970年代に運輸省が全国自治体に働きかけて旅客フェリー設備の整備が進められたが、港湾設備が整うと運航側が旅客営業を廃止し貨物船などに転換する「ただ乗り」現象が多発している。大阪港や神戸港と四国・九州の各港を結ぶ旅客フェリー航路は複数存在する一方、東京港から北海道方面に向かう旅客フェリー航路は大洗港などに拠点を移した。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た本州四国連絡橋

    1973年からの第一次オイルショックと1979年からの第二次オイルショックの影響で、国内観光の需要が激減して輸送量が減少するともに、燃料油の価格が高騰。運航会社の経営を圧迫し統合や廃業が相次ぐとともに、多くの航路が閉鎖された。また、1988年から1999年にかけての本州四国連絡橋の完成によって、それまで四国と各地を結んでいた多くの航路が役割を終えて閉鎖された。一方、一部の航路ではフェリーの高速化が企図され、2007年に青函航路に就航し当時の日本最速となった「ナッチャンRera」(のち休航)のほか、従来と比較して速力を増したフェリーが多くの航路に就航している。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たバリアフリー

    2等寝台: 大部屋に2段ベットを大量に設置した部屋で、最低限ではあるがプライバシーが確保される。主な設備はライトにコンセントと枕といったところで、シーツは自分で敷く。合理化の一環として2等寝台のみという長距離フェリーも現れてきている。バリアフリーの一環として寝台の梯子をなくしたり、ベッドとテレビが備わった小部屋タイプ(いわゆるカプセルホテル形態)が増えてきている。複数の2等寝台のランクがある場合、一段ベッド式でテレビやコンセントが付き、ある程度のプライベートが確保された半個室上の「S寝台」、付帯設備は同等だが階段付き互い違いの2段ベッドとなる「A寝台」、通常の開放型2段ベッドの「B寝台」などと呼称されることがある(呼び名は一例である)。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た2009年

    近年は、原油高が進んでいることおよび高速道路におけるETC割引制度の充実(特に、2009年4月から2011年6月まで政府の経済対策の一環として実施された休日特別割引、いわゆる「1000円高速」)により、自動車輸送の利用が低迷する航路が増加している。また、関西 - 九州航路は速達性にまさる新幹線や航空機との運賃差が縮小し、さらなる苦境にさらされている。これに対し、自動車輸送料金の値下げを行って対抗する会社もあるほか、物流以外の個人利用客の誘致のため、キャンペーンの実施、インターネット予約における割引の拡充、繁忙期適用期間の縮小などの施策をとっている会社も多い。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た公営企業

    メルボルンとタスマニア島の間を、公営企業である社が結んでいる。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たフッティルーテン

    南端のベルゲンからフィヨルド沿いに北上、ノールカップを回って北端のヒルケネスを往復するフッティルーテン(Hurtigruten 沿岸急行船)が有名。生活航路であると同時に観光ポイントを巡ることからクルーズ船としての性格を持ち合わせている。船体は古いものから新しいものまで様々だが年が若くなるにつれて設備が豪華になっている。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見た公営

    北島のウェリントンと南島のピクトンを結ぶフェリーが就航しており、運航会社は公営の社と民営の社がある。フェリー フレッシュアイペディアより)

  • フェリー

    フェリーから見たシリヤライン

    フィンランドとスウェーデンの間には広大なボスニア湾が横たわっており、緊密な関係にある両国の首都を陸路で向かうとなるとボスニア湾を迂回しなければならなくなるため、ショートカットが出来る海路に優位性がある。また、税金が比較的高いと言われる北欧のスウェーデンやフィンランド等を結ぶ国際フェリー船内では、酒や煙草が免税価格で買えることから、買物目的を兼ねた渡航者で賑わっている。同地域に就航するシリヤラインやヴァイキングラインでは、豪華客船に匹敵する設備を持った50,000トンクラスのフェリーを就航させている。なお、周囲の国々がEUに加盟した後も、フィンランド自治領のオーランド諸島と行き来する場合のみ、引き続き免税措置が適用されているため、オーランド諸島に寄港することによって免税販売の条件をクリアしている。フェリー フレッシュアイペディアより)

164件中 21 - 30件表示

「フェリー」のニューストピックワード

  • この後の治療も絶対乗り越えてみせる

  • Do you dream electric lotus?

  • ぼくは 戻ります。必ずみんなのところへ