フェーン現象 ニュース&Wiki etc.

フェーン現象(フェーンげんしょう、)とは、山肌にあたったのちに山を越え、暖かくて乾いた下降気流となった風によってその付近の気温が上がる現象のこと。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フェーン現象」のつながり調べ

  • 魚津大火

    魚津大火から見たフェーン現象

    当時は、九州西方海上を通過した大型台風12号が日本海を北東進しており、本州の日本海側ではフェーン現象により乾燥した強い風が吹き続けていたので、非常に火災が起こりやすい状況であった。以前にも、1954年9月の洞爺丸台風による北海道岩内町、1955年10月の台風22号による新潟市(新潟大火)、さらに1956年8月には台風9号による大館市など、台風に伴う大火災が頻発しており、この時も警戒されていたが、効無く大火となったものである。(魚津大火 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟市

    新潟市から見たフェーン現象

    フェーン現象が非常に起こりやすく、生暖かい強風が吹く。これによって異常に気温が上昇することも多い。(新潟市 フレッシュアイペディアより)

「フェーン現象」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ