前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • 南東北

    南東北から見たフェーン現象フェーン現象

    南東北の気候は、小地形による修飾があるが、大きく日本海沿岸、奥羽山脈西側(盆地)、奥羽山脈東側(盆地)、太平洋沿岸 の4つグループに分かれており、それぞれかなり異なった特徴を有している。日本海沿岸、奥羽山脈西側(盆地)の「日本海側地域」は、概ね夏はフェーン現象によって高温になるが、冬には豪雪地帯(会津地方や置賜地方)となる。一方、奥羽山脈東側(盆地)、太平洋沿岸 の「太平洋側地域」は、黒潮と親潮の接点に近く海洋性気候になっており、一年を通じて酷暑や極寒にならず、太平洋沿岸は冬の雪も少ない。南東北は地域によって気候が違うため、季節や地域を選ぶことによって多彩なレジャーを楽しむことができる。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道の気候

    北海道の気候から見たフェーン現象フェーン現象

    稚内から留萌にかけての日本海側沿岸部は海洋性の気候のため、冬の冷え込みは厳しくなく、特に南部は温暖である。しかし、豪雪地帯となり北西・北からの季節風も強く吹雪の日が多い。また、日照時間も一日2時間程度となるなど短く、日中でも気温はあまり上がらないことが多い。オホーツク海側沿岸部の冷え込みは日本海側より厳しくなり、流氷が接岸する2月上旬以降の寒さが最も厳しくなる。夏はオホーツク海高気圧の影響で冷涼な気候となり、曇りの日が多くなり、沿岸部では30度を超えることはなく、夏日でさえ記録されない年もある。オホーツク海側の夏はより温暖で、フェーン現象の影響を受け、ときおり真夏日を観測することもある。北海道の気候 フレッシュアイペディアより)

  • 暖春

    暖春から見たフェーン現象フェーン現象

    歴代最大の暖春で春の平均気温は北海道を除き平年より1.6 - 2.0℃(北海道では1.3℃)高く、史上例のない平年差となった。3月末は関東以西の各地で日最高気温25℃以上の夏日を観測したが4月初めは一転して東日本を中心に寒の戻りとなり、本州南岸を南岸低気圧が通過した影響で東北地方から関東地方で遅い降雪や積雪を観測した。特に4月2日は盛岡市で最深積雪19cm、大船渡市と仙台市で17cmなど東北地方太平洋側で4月としては記録的な大雪となった。しかしその後は再び高温傾向が顕著となり4 - 5月は真夏並の最高気温を記録する地点が多く4月21日にはフェーン現象の影響で北海道網走支庁小清水町(アメダス地点)で最高気温32.8℃、網走市で31.9℃、帯広市で31.7℃などと北海道内で4月としては観測史上例のない季節外れの真夏日を記録した。なお、この年の顕著な暖春は前年春から継続していたエルニーニョ現象が一因とも考えられる。暖春 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海沿岸と那須火山帯山麓と西側(盆地)の「日本海側グループ」は、日本海側気候となっており、夏季はフェーン現象により、晴天が多く、非常な高温になることがある(山形市で40.8度を記録)。しかし、昼間の高温の割りに夜間は気温が下がって過ごし易い。冬季は、日照時間が少なく、豪雪地帯となっているところが多いが、特に奥羽山脈西側の盆地の降雪量が多い。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たフェーン現象フェーン現象

    一般に夏季において背の高い(上空の高い所から地表まで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態場合や、南(南半球の場合は北)から継続的に暖気が入った時に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすい(熱気湖)ことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象(風炎現象)が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取大火

    鳥取大火から見たフェーン現象フェーン現象

    1952年4月17日14時55分、鳥取駅前にあった市営動源温泉付近から出火。折からフェーン現象による最大瞬間風速15mという強い南風が吹き荒れており、日中の最高気温が25.3℃に達し、湿度は28%と乾燥していた。火勢は見る見るうちに拡大し、付近の商店街や民家に飛び火しながら市街地を北へ扇状に直進する。鳥取大火 フレッシュアイペディアより)

  • やませ

    やませから見たフェーン現象フェーン現象

    下層雲や霧のほか、しばしば小雨や霧雨を伴う事が多く、日照不足と低温による水稲の作柄不良(冷害)を招く。気象用語的には山を越えて吹いてくるフェーン現象の性質を有する乾燥した風を意味し北日本の太平洋側に吹く風とは異なっている。やませ フレッシュアイペディアより)

  • 富山市

    富山市から見たフェーン現象フェーン現象

    以上のの地形的な特徴により、冬の季節風が比較的弱いものの、夏はフェーン現象の影響を特に受けやすく高温となる。富山市 フレッシュアイペディアより)

  • 土地区画整理事業

    土地区画整理事業から見たフェーン現象フェーン現象

    1952年(昭和27年)4月17日14時55分、鳥取市の最南端、鳥取駅近く市の南端の市営動源温泉付近から出火しておきた鳥取大火では蒸気機関車の飛び火が原因とされ、フェーン現象下の強風にのって市街地を焼き尽くし罹災面積50万坪(165ha)という被害をだしている。翌4月18日15時には建設省から計画局長以下が到着し鳥取県・市と協議して「鳥取市火災復興対策要綱」を定めている。復興計画の方針は土地区画整理事業 フレッシュアイペディアより)

  • フェーン

    フェーンから見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード