120件中 91 - 100件表示
  • チューリッヒ

    チューリッヒから見たフェーン現象フェーン現象

    チューリッヒの気候は定義に応じて海洋性気候もしくは湿潤大陸性気候に分けられる。ケッペンの気候区分ではCfb/Dfbで四季がはっきりとしている。チューリッヒの気候の決め手は風向で、西風は降水をもたらし東または北東の風であるBiseは通常、高気圧の状態と結び付くが平均気温より低い冷涼な天気になる。フェーン現象はアルプス北側の谷では重要な役割を担い、チューリッヒには限られた影響を及ぼす。年平均気温は8.5℃で観測は(海抜556mのチューリッヒベルク頂上と海抜150mの市中心部)により行われている。最寒月の1月の平均気温は−0.5℃で最暖月の平均気温は7月の17.6℃である。年平均88日程度は気温が0℃以下に下がり、26日程度は最高気温が0℃以下である。年間を通じて夏期の30日程度は気温が25℃以上になるが、30℃以上になるのは3日程度だけである。7月の最高気温の平均は23.6℃で、平均最低気温は11.6℃である。春や秋は通常、涼しく穏やかである。これらの値は台地上の観測点では比較的低くなるが、これは標高により説明出来る。リマト谷では夏日や真夏日がより多く予想される。チューリッヒは年間の日照時間が1,482時間で年間降水量は1,136mmになる。1年の半分は暖かく、特に夏の3ヶ月間の降水量は冬の観測よりも多くなる。クローテン観測所では年間降水量は1,031mmに達する。チューリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • 伊那谷

    伊那谷から見たフェーン現象フェーン現象

    夏と冬の気温差は非常に激しく、夏はフェーン現象で最高気温が摂氏35度以上の猛暑日になることが珍しくなく、また冬は放射冷却現象で朝の最低気温は摂氏マイナス15度に達することもある。伊那谷 フレッシュアイペディアより)

  • 見附市

    見附市から見たフェーン現象フェーン現象

    年間の平均気温は約13°Cであり、降水量は2,000mmを超える。日本における気候区分では日本海式気候であり、春から夏にかけてフェーン現象により5月でも30°Cを超すことがある一方で、冬は曇天や雪が降ることが多いため、日照時間がとても短く最高気温が5°C以下の日がほとんどである。また、雪が降り以前は2m以上積もることもあったが、近年の平均積雪量は1m前後であり、2007年には最大で40cmほどしか積もらなかったことなど、1mを大きく下回ることもある。見附市 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアイランド

    ヒートアイランドから見たフェーン現象フェーン現象

    また、内陸の盆地内の都市は海陸風等の大きな循環を受けにくく元来より高温になりやすいが、気圧配置等によって周辺都市の影響を受けて高温が増幅されることがある。熊谷市、前橋市、岐阜市では右表と同じ統計において夏の最高気温の上昇幅が2?3℃であり、東京や名古屋よりも大きい。熊谷市や岐阜県多治見市は日本の観測史上最高気温を記録した(ただ、最高気温を記録した2007年8月16日の高温はフェーン現象による影響が大きく、ヒートアイランドの寄与は1℃程度と解析されている)都市であり、その顕著な例である。ヒートアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 蔵王連峰

    蔵王連峰から見たフェーン現象フェーン現象

    南東北主要都市圏の内、仙台都市圏は夏季にあまり暑くならないため避暑の需要は少ないが、他の山形都市圏・福島都市圏・郡山都市圏などはフェーン現象で高温となるため、避暑需要がある。避暑地としては、バブル景気期に高級化したホテルやペンションまたは別荘地が多く、また、湖や温泉がある裏磐梯の人気が強く、宿泊もする者も多いため客単価が高い。一方、蔵王は仙台から近いため、日帰り客を中心としており、夏季の客単価増が課題となっている。蔵王連峰 フレッシュアイペディアより)

  • アウクスブルク

    アウクスブルクから見たフェーン現象フェーン現象

    アルプス前山地方からアウクスブルクにかけて、南からのとても暑く乾燥した大気をもたらすフェーン現象は一年を通して起こりうる。この現象は有名なバイエルン・ブルーの青空やバイエリシェ・アルペンやアルゴイアー・アルペンのすばらしい眺望と関係している。アウクスブルク フレッシュアイペディアより)

  • 日本海側気候

    日本海側気候から見たフェーン現象フェーン現象

    秋田・山形・新潟などの県では春から夏にかけて奥羽山脈や三国山脈を越えて吹き降ろす気流によりフェーン現象がしばしば発生し、時には猛暑日になり極端なときには40℃を超す高温に見舞われる。フェーン現象による高温や山火事、積雪が多い地域での春先の雪崩はこの地域に多い災害であり注意が必要である。日本海側気候 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見たフェーン現象フェーン現象

    南北で気候の差が大きく、夏は前橋、伊勢崎、館林などを中心とした南部では熊谷など埼玉県北部と同様、赤城山や秩父山地からのフェーン現象と東京都心のヒートアイランド現象によって発せられた熱風の影響で猛暑日に達することがよくあり、40度前後まで上がることもあるなど日本でも有数の酷暑地帯となる。館林は2010年から3年連続で猛暑日の年間日数の国内最多を記録している。対して北部は気温が低く、上がっても30℃を少し越える程度。特に標高1000mを超える草津などは真夏日はおろか、夏日が観測されることさえ少ないほど冷涼であるなど、県内でも地域によって極端な差がみられる。また、南部ではこの高温の影響により雷が多く上州名物として全国的に知られており、また雷雲が北部山岳地から太平洋に抜ける通り道となっていることから、かみなり銀座とも呼ばれる。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢市

    金沢市から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海側気候で、年中湿度が高く、雲が発生しやすい。特に冬には雨・雪が降る日が多い。また、この時期には雷も多発する。比較的好天が多いのは4-5月と10月、夏にはフェーン現象が起きて最高気温が35℃を超えることもある。梅雨の影響は太平洋側と比較して少ない。台風が直撃することもあまりない。11月末から2月にかけては雪が多い。ただし、もともと金沢市は日本海に近いことから気温が高めであるうえに、1987年以降の暖冬に加え、1991年10月23日に気象台が中心部にほど近い弥生町から、海風の影響で気温が高めで雪が積もりにくい沿岸寄りの西念町へ移転して以降、観測される降雪量は急激に減っており、北陸の他都市はおろか鳥取市よりも積雪量が少なくなることが増えた。しかしながら、市の公表している積雪量によると、気象台よりも兼六園のある市内中心部の方が積雪が多く、特に、金沢大学のある角間町などの内陸地域などは豪雪となりやすい。このように同じ市内であっても海側と内陸では積雪量が大きく異なっている。現在、旧金沢地方気象台跡地は弥生さくら公園として整備されている。金沢市 フレッシュアイペディアより)

  • カルガリー

    カルガリーから見たフェーン現象フェーン現象

    冬のカルガリーは、フェーン現象の一種でチヌークと呼ばれる太平洋から吹く季節風の影響で、暖かく乾燥した風が吹くため、数時間で気温が最高 15℃(27) 上がり、冬の半分は一日の最高気温が 0℃(32) を超え、場合によっては 20℃(68) まで届くこともある。一方、北極からの強力な寒気団に覆われると、−40度近い気温が観測されることも珍しくなく、同じ冬の間でも寒暖の差が非常に激しい。カルガリー フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード