146件中 91 - 100件表示
  • バレンシア (スペイン)

    バレンシア (スペイン)から見たフェーン現象フェーン現象

    バレンシアは亜熱帯地中海性気候であり、ケッペンの気候区分ではCsaである。穏やかな冬季、長く暑い夏季を特徴としている。年間平均気温は摂氏18.4度である。最寒月の1月は最高気温が摂氏13度から21度となり、最低気温が摂氏4度から12度となる。最暖月の8月は最高気温が摂氏28度から34度となり、最低気温が摂氏約23度となる。地中海への近さやフェーン現象のおかげで、冬季にはヨーロッパでもっとも穏やかな地域である。バレンシアの1月の平均気温は、北ヨーロッパの夏季の平均気温に匹敵する。バレンシア (スペイン) フレッシュアイペディアより)

  • 豊後大野市

    豊後大野市から見たフェーン現象フェーン現象

    2007年5月27日には市内の犬飼で気温36.1℃を観測し、気象庁が同年3月に新設した「猛暑日」(最高気温が35℃以上の日)を全国で初めて記録した。翌2008年7月27日には、フェーン現象の影響で気温39.0℃の猛烈な暑さを観測し、地点の観測史上記録を更新した。豊後大野市 フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川市

    糸魚川市から見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン現象の影響で夏は非常に蒸し暑く、1990年8月22日には最低気温が30.8℃という一日の最低気温が30℃を下回らない超熱帯夜を観測した。これは日本国内での一日の最低気温の最高記録である。糸魚川市 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼コシヒカリ

    魚沼コシヒカリから見たフェーン現象フェーン現象

    越後平野は、対馬海流の影響で冷害がなく日本海側気候のため、夏季に晴天日が多く日照時間が長いため登熟は良いがフェーン現象が出穂期にあると、登熟障害になる。魚沼は、盆地のため気温の日較差が大きくイネの消耗が少ないため澱粉の蓄積条件が良く大粒の良質米ができる。登熟期間の平均気温はコシヒカリの最適登熟気温(24)に近い地域のため、食味に関係する澱粉のアミロース含有率が低くなり粘りが増す。最近は猛暑と温暖化の影響で標高300 m - 400 m地域(南魚沼市上田地区南部・湯沢町・津南町)の品質向上が注目されている。魚沼コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 斜里町

    斜里町から見たフェーン現象フェーン現象

    気温はオホーツク海の海流や流氷の影響により年平均気温は7℃以下となっている。冬期の降雪量はさほど多くはないが、北西の風が強いため融雪時期が遅い。山岳部の融雪が終わる6月中旬頃までは、斜里町特有のフェーン現象による南東の強風が種苗期の農作物に影響を与える。降水量は年間800 mmから1,200 mmであるが、融雪期である4月、5月の降雨によっては河川の水位が高くなることがある。斜里町 フレッシュアイペディアより)

  • 寒春

    寒春から見たフェーン現象フェーン現象

    この年は顕著な大暖冬だったが3月中旬から一転して低温傾向に転じ冬型の気圧配置になりやすく非常に強い寒気が断続的に流入したため、気温が平年を下回る日が多くなった。特に3月下旬には東海から西の太平洋側でこの時期としては稀な降雪や凍結があり、名古屋市や大阪市などでも雪が舞った。4月は前半に東日本を中心に低温となったほか、下旬には東北地方や関東北部でも季節外れの降雪や積雪を観測した。夏にかけてはさらに著しい低温傾向が強まり、戦後有数の大冷夏・大冷害となった(1993年米騒動も参照)。ゴールデンウィークの5月2日には新緑寒波となり、関東で1月上旬並みの異常低温となった。しかし5月13日にはフェーン現象の影響で関東地方で記録的な暑さとなり埼玉県秩父市で最高気温37.2℃、群馬県前橋市で36.5℃など5月としては異例の猛暑日を記録した。寒春 フレッシュアイペディアより)

  • 伊那谷

    伊那谷から見たフェーン現象フェーン現象

    夏と冬の気温差は非常に激しく、夏はフェーン現象で最高気温が摂氏35度以上の猛暑日になることが珍しくなく、また冬は放射冷却現象で朝の最低気温は摂氏マイナス15度に達することもある。伊那谷 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見たフェーン現象フェーン現象

    10月9日 - 台風24号から変化した温帯低気圧が日本海を通過したことによりフェーン現象発生、新潟県糸魚川市で10月としては初の猛暑日となる35.1度を記録するなど、927ある気象観測地点のうち140地点で30度以上の真夏日を記録、51地点で10月の最高気温を更新。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • マイナスイオン

    マイナスイオンから見たフェーン現象フェーン現象

    1899年に、ElsterとGeitelはイオンを発見し、分子イオンと命名し、1901年には大気中の電気の伝導性の説明として「気体イオン説」を発表した。1901年にはCzermackはドイツやスイスの熱風「フェーン」のイオンを測定し、プラスイオンが増加しているため、肉体や精神に有害な作用があることを主張した。南風が吹くと空気のプラスイオンが増えるため、人の精神に悪影響を与え犯罪発生率が上がると主張され、スイスではプラスイオン量が増大するフェーン現象は犯罪の実刑が軽くなる情状酌量の証拠として認定されている。1905年には、フィリップ・レナードがレナード効果と呼ばれることになる、水が破砕されることで細かい水しぶきが負に帯電する現象を発見した。マイナスイオン フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川市大規模火災

    糸魚川市大規模火災から見たフェーン現象フェーン現象

    これによって、温かい南風が山を越えて日本海側に吹き降ろすと同時に空気を乾燥させ気温が上がるフェーン現象が起きており、出火当時には気象庁から強風注意報が発表されていた。また、この気圧配置では広い範囲で大気の状態が不安定になり、高知県南国市では突風が発生した。糸魚川市大規模火災 フレッシュアイペディアより)

146件中 91 - 100件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード