146件中 21 - 30件表示
  • イーロードゥ

    イーロードゥから見たフェーン現象フェーン現象

    西からの風が一年を通じて西ガーツ山脈南端の高地を越えて来るため、フェーン現象により気候は乾燥しており、雨季以外の降水量が比較的少ない。イーロードゥ フレッシュアイペディアより)

  • 雨蔭

    雨蔭から見たフェーンフェーン現象

    山を越える際、雨雲が雨を降らせ尽くしてしまって雲が消えてしまうと、風下では雨が全く降らない。このとき、乾燥した空気は山を降りる際の加熱幅が大きくなるため、フェーン現象が発生する。しかし、山を昇る前の空気が非常に冷たいと、登った後山を降りてもまだ冷たい場合がある。これをボーラ現象という。雨蔭 フレッシュアイペディアより)

  • エスパーニャ・ベルデ

    エスパーニャ・ベルデから見たフェーン現象フェーン現象

    湿度が高く温暖な西岸海洋性気候(Cfb)であり、緑豊かな牧草地や森林があることから「エスパーニャ・ベルデ」(緑のスペイン)と呼ばれる。アイルランド、イギリス、フランス西海岸などと良く似た風景が広がっている。フェーン効果(南から吹く温かく乾燥した風)の影響で、南部の山脈斜面は「雨の陰」(雨雲の風下にあり雨が少ない地域)にあたる。エスパーニャ・ベルデはイベリア半島中央部の乾燥した高原(メセタ)とは対照的であるが、10月から11月には山脈から南東風が吹くため、フェーン効果が逆転して北海岸にフェーン風が吹き、乾燥してメセタよりも温かくなる。エスパーニャ・ベルデ フレッシュアイペディアより)

  • カンタブリア州

    カンタブリア州から見たフェーン現象フェーン現象

    カンタブリア山脈の起伏は、州内の微気候へ影響を与える効果がある。フェーン現象のため、起伏はスラーダス(アブレーゴ風とも)と呼ばれる特有の気象状況の主因となる。山脈から吹き降りる南風は強く乾燥していて、海岸に近づくほど気温が上昇していく。これが大気中の湿度と降雨の減少を引き起こす。カンタブリア州 フレッシュアイペディアより)

  • ボーラ

    ボーラから見たフェーン現象フェーン現象

    一般的に、湿った風が山を越えると、断熱上昇・冷却-雲の生成・降雨-断熱下降・昇温という過程を経て、空気に含まれる水分が減少するため初めよりも気温が高くなる(フェーン現象)。しかし、ボーラの場合は初めから非常に冷たい空気で構成されていることや、湿度もそれほど高くないことから、昇温の幅は小さく、むしろ風が吹き始めると気温が低下することが多い。加えて風下側の気温が比較的高いため、相対的に冷涼な風となる。ボーラ フレッシュアイペディアより)

  • 穀倉地帯

    穀倉地帯から見たフェーン現象フェーン現象

    都道府県別の米の収穫量では、新潟県、北海道、秋田県、福島県、山形県、宮城県、茨城県、栃木県、千葉県、岩手県、青森県が上位にいる。北日本では、雪解け水からもたらされる豊富な農業用水や夏季のフェーン現象などによる高温が高い収量を支えている。穀倉地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 気温減率

    気温減率から見たフェーン現象フェーン現象

    湿潤断熱減率と乾燥断熱減率が違う事はフェーン現象(北米ではチヌークという名でも知られている現象)の原因ともなっている気温減率 フレッシュアイペディアより)

  • クライストチャーチ国際空港

    クライストチャーチ国際空港から見たフェーン現象フェーン現象

    年間利用者数は約600万人。オークランド国際空港に続き2番目の乗客数を持つ国際空港である。夏季に強烈な北西風(フェーン現象)の影響を受ける為、滑走路は十字型に配置されている。クライストチャーチ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 庄内平野

    庄内平野から見たフェーンフェーン現象

    天候は、夏季には南東の季節風が山を越えフェーンとなるため、好天で乾燥した日が続くが、冬季は北西の季節風が卓越し特にシベリア付近に優勢な高気圧、北海道付近に発達した低気圧がある、いわゆる西高東低の冬型の気圧配置が強まった際には、暴風を伴った雪となり地吹雪となって視界が極端に悪化する事がしばしばある。その時には交通機関に大幅な乱れが生じ、空港は離着陸不能となり、海岸道路は高波が岸壁を越え海水が浸入(越波という。)する。庄内平野 フレッシュアイペディアより)

  • 豊岡盆地

    豊岡盆地から見たフェーン現象フェーン現象

    豊岡盆地は日本最後のコウノトリ(国の特別天然記念物)の生息地として知られ、世界でも類例のない野生復帰の取り組みにより、日本唯一のコウノトリの生息地となっている。また、日本有数の柳行李の産地として江戸時代に産業として確立したが、現在では日本有数の鞄産地として発展している。日本海側気候であり、夏季はフェーン現象の影響により気温が上昇しやすく、2010年(6 - 8月期)には猛暑日が32日と日本最多を記録した。豊岡盆地 フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード