146件中 41 - 50件表示
  • 日本海側気候

    日本海側気候から見たフェーン現象フェーン現象

    秋田・山形・新潟などの県では春から秋にかけて奥羽山脈や三国山脈を越えて吹き降ろす気流によりフェーン現象がしばしば発生し、特に盛夏期には猛暑日になり、極端なときには40℃を超す高温に見舞われる。例えば、1978年8月3日には山形県酒田市で40.1℃を記録した。フェーン現象による高温や山火事、積雪が多い地域での春先の雪崩はこの地域に多い災害であり注意が必要である。日本海側気候 フレッシュアイペディアより)

  • やまじ風

    やまじ風から見たフェーン現象フェーン現象

    やまじが吹くときは、必ずフェーン現象を伴うため、時間帯に関係なく昇温する。天気予報で東予地方の気温予想には新居浜市が用いられるが、やまじの際には四国中央市(以前のアメダス観測点は三島、2009年2月13日からは旧川之江市妻鳥町)の気温はこれに5?8℃も上乗せされる。例えば2007年3月24日の最高気温は、新居浜市・西条市・今治市が12℃台だったのに対し、三島では20.5℃を記録している。やまじ風 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽地方

    津軽地方から見たフェーン現象フェーン現象

    夏は最高気温が30度程度まで上がる日もあるが、それほど暑さは長続きしない。盆地の形状に似た南部の「中弘南黒地区」はフェーン現象が発生して気温が高い一方、「西北五地区」「東青地区」では、しばしばやませの影響を受け、気温が上がらず、農作物に影響が出る年もある。ただし、やませが直接吹き付ける南部地方(青森県の東半分)に比べれば気温は高い。津軽地方 フレッシュアイペディアより)

  • シュヴァルバッハ・アム・タウヌス

    シュヴァルバッハ・アム・タウヌスから見たフェーン現象フェーン現象

    シュヴァルバッハの北側に延びるタウヌス山地の主脈の影響で、北風(特に北西の風)によってフェーン現象が起こる。シュヴァルバッハでは雲の分布にバラツキがありエシュボルン南からフランクフルト方面で雨が多い。シュヴァルバッハ・アム・タウヌス フレッシュアイペディアより)

  • フライブルク・イム・ブライスガウ

    フライブルク・イム・ブライスガウから見たフェーン現象フェーン現象

    フライブルクの夏の気候を特徴づけるものの一つが、東部に位置するヘレンタール渓谷にちなんで「ヘレンターラー」と呼ばれる「風」である。シュヴァルツヴァルトの高地から吹き下ろしてくる風が、決まって暗くなり始めた頃の時間帯に市内を吹き抜けていく。気象専門家のヨルク・カヒェルマンやハンス・フォン・ルドルフの見解によると、この風は一般に思われているような冷たい風ではなく、フェーン現象による温かい風である。この風の影響で、フライブルクはドイツで最も熱帯夜(ドイツでは20℃を下回らない夜をいう)の多い都市となっている。フライブルク・イム・ブライスガウ フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの地理

    アルゼンチンの地理から見たフェーン現象フェーン現象

    南米大陸の太平洋岸は地震多発地域であり、過去には1960年のチリ地震 (1960年)、2010年のチリ地震 (2010年)などの大地震が発生した。アンデス山脈の東麓にあるトゥクマン州やメンドーサ州は太平洋岸からわずか数百kmの距離にあり、1861年や1944年や1977年の地震ではメンドーサやサン・フアンの町が被害を受けた。パンパの西または南から吹く暴風はパンペーロと呼ばれ、パンパや北東部はパンペーロの影響を受けやすい。ラ・リオハ州・サン・フアン州・メンドーサ州にかけての地域には、アンデス山脈方向からソンダ風と呼ばれる乾燥風が吹く。ゾンダ風はフェーン現象の一種であり、風速40km/h(25mph)を超えることもある。アルゼンチンの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 鰐塚山

    鰐塚山から見たフェーン現象フェーン現象

    鰐塚山の年間雨量は3000ミリを越え、日本においても特に雨の多い地域の一つである。また、冬季の冷たく乾いた風である「鰐塚おろし」を利用して麓の宮崎市田野町では漬物大根作りが行われている。一方で暖かい南西風が鰐塚山地を越えて吹き降ろすフェーン現象が起きると宮崎市周辺の気温が上昇する。鰐塚山 フレッシュアイペディアより)

  • 蒸発熱

    蒸発熱から見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン現象 : 大気中の水分の凝縮熱が原因となって起こる気象現象。蒸発熱 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和31年台風第12号

    昭和31年台風第12号から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海を通過した際には北陸地方にフェーン現象をもたらし、魚津大火の原因となった。昭和31年台風第12号 フレッシュアイペディアより)

  • 国中地方

    国中地方から見たフェーン現象フェーン現象

    釜無川流域を西限に甲府盆地の西半分に位置する地域。北側は奥秩父山塊が連なるが、南側はほぼ平地である。四方を山に囲まれているためフェーン現象の影響を受けやすい。この一帯は「甲府広域市町村圏」となっており、位置的だけでなく経済的にも「峡(甲斐)の中央」である。国中地方 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード