120件中 51 - 60件表示
  • 豊後大野市

    豊後大野市から見たフェーン現象フェーン現象

    地形は盆地に近い地形となっている。そのため、夏季には日田市・竹田市・玖珠郡玖珠町と共に日最高気温35℃以上の猛暑になることが多い。2007年5月27日には市内の犬飼で気温36.1℃を観測し、気象庁が同年3月に新設した「猛暑日」(最高気温が35℃以上の日)を全国で初めて記録した。その後、翌2008年7月27日には太平洋高気圧の勢力が強く、フェーン現象の影響で気温39.0℃の猛烈な暑さを観測し、地点の観測史上記録を更新した。豊後大野市 フレッシュアイペディアより)

  • からっ風

    からっ風から見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン現象により冷え込みが抑えられるため、周辺に比べて降積雪の量が少なくなる。ただし強風による体感温度の低下(ウィンドチル)がある。からっ風 フレッシュアイペディアより)

  • 南島原市

    南島原市から見たフェーン現象フェーン現象

    2009年(平成21年)8月7日 雲仙おろしのフェーン現象により市内全域が猛暑となり、40℃を超えた場所もあった模様南島原市 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼コシヒカリ

    魚沼コシヒカリから見たフェーン現象フェーン現象

    越後平野は、対馬海流の影響で冷害がなく日本海側気候のため、夏季に晴天日が多く日照時間が長いため登熟は良いがフェーン現象が出穂期にあると、登熟障害になる。魚沼は、盆地のため気温の日較差が大きくイネの消耗が少ないため澱粉の蓄積条件が良く大粒の良質米ができる。登熟期間の平均気温はコシヒカリの最適登熟気温(24℃)に近い地域のため、食味に関係する澱粉のアミロース含有率が低くなり粘りが増す。最近は猛暑と温暖化の影響で標高300m?400m地域(南魚沼市上田地区南部・湯沢町・津南町)の品質向上が注目されている。魚沼コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 乾燥

    乾燥から見たフェーン現象フェーン現象

    一般に大気の乾燥は気温の氷点以下への低下と大気循環の圧力変化によりもたらされる。前者は降雪や霜などにより空気中の水分が地表面に補足される事で発生する。後者は大気が上昇する際に大気温が低下し、雲などが形成されて結果として乾燥する。特に冬季の中緯度?高緯度帯地方は地表面気温の低下と対流圏上層の乾燥した大気が高緯度高圧帯から広範囲に吹き降ろすので、大気は乾燥する傾向を示す。また、冬季以外にもフェーン現象の発生で大気の乾燥が発生する場合もある。乾燥 フレッシュアイペディアより)

  • 山火事

    山火事から見たフェーン現象フェーン現象

    異常乾燥やフェーン現象が拡大を助長させることがある。瀬戸内海の各島では多かれ少なかれ被災経験を持つ。山火事 フレッシュアイペディアより)

  • チヌーク

    チヌークから見たフェーン現象フェーン現象

    チヌーク(シヌーク、Chinook)は北米のロッキー山脈の東側に吹きおろしてくるフェーン風。24時間以内に気温が20度以上も上昇し、湿度は10パーセント以下に下がる。急速に山岳部の雪を溶かすので雪食い(Snow-eater)と呼ばれることもある。山脈が何条も走るカナダ・ロッキー山脈の山間部盆地であるオカナガン渓谷は、この風の影響で砂漠気候が発達し、ブドウ栽培に適する。チヌーク フレッシュアイペディアより)

  • オリョークミンスク

    オリョークミンスクから見たフェーン現象フェーン現象

    典型的な大陸性気候で、冬は他の同緯度地方と比べて極めてきびしく最低気温極値はマイナス66度。一方、夏は日較差が大きく昼間はひじょうに暑くなることがある。極値では摂氏45度を記録した程の、寒暑の差がごく大きい地でもある。北緯60度前後という高緯度に位置する地方のうち、夏季に摂氏30度を超える気温をしばしば観測する地はヤクーツクやオリョークミンスクをはじめとするシベリア東部の内陸盆地だけである(フェーン現象等によって、40度以上となることもある)。オリョークミンスク フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取大火

    鳥取大火から見たフェーン現象フェーン現象

    1952年4月17日午後2時55分、鳥取駅前にあった市営動源温泉付近の空き家から出火。折からフェーン現象による最大瞬間風速15mという強い南風が吹き荒れており、日中の最高気温が25.3℃に達し、湿度は28%と乾燥していた。火勢は見る見るうちに拡大し、付近の商店街や民家に飛び火しながら市街地を北へ扇状に直進する。鳥取大火 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の猛暑 (日本)

    2007年の猛暑 (日本)から見たフェーン現象フェーン現象

    9月22日 - 大阪府大阪市で最高気温35.1℃。この年の全国で最も遅い猛暑日で、富山県朝日町泊の9月28日(1991年、通称リンゴ台風が原因のフェーン現象)に次ぐ日本の観測史上2番目に遅い記録となった。2007年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード