146件中 61 - 70件表示
  • 2007年の猛暑 (日本)

    2007年の猛暑 (日本)から見たフェーン現象フェーン現象

    9月22日 - 大阪府大阪市で最高気温35.1℃。この年の全国で最も遅い猛暑日で、富山県朝日町泊の9月28日(1991年、台風19号が原因のフェーン現象)に次ぐ日本の観測史上2番目に遅い記録となった。2007年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の地理

    カリフォルニア州の地理から見たフェーン現象フェーン現象

    カリフォルニア州南東部にはゴツゴツした砂漠が複数ある。これらの砂漠は、冷たい海岸沖の潮流が水分の蒸発を抑え、山脈の雨蔭であるために降水が少なかったことの組み合わせで生じた。偏西風が大洋から内陸部に向かって吹く。山脈の上を空気が通過するとき、断熱冷却によって空気中の水分をほとんど山に落として行く。この空気が山脈の反対側で海水面の高さに下降すると、再圧縮され暖かく乾燥した空気が砂漠地帯をカラカラに乾燥させる。風が内陸側から吹くとその結果として暑く乾燥したフェーン風が起こる。この風はサンタアナ風と呼ばれている。カリフォルニア州の地理 フレッシュアイペディアより)

  • カルガリー

    カルガリーから見たフェーン現象フェーン現象

    冬のカルガリーは、フェーン現象の一種でチヌークと呼ばれる太平洋から吹く季節風の影響で、暖かく乾燥した風が吹くため、数時間で気温が最高15℃上がり、冬の半分は1日の最高気温が0℃を超え、場合によっては15℃まで届くこともある。一方、北極からの強力な寒気団に覆われると、-40℃近い気温が観測されることも珍しくなく、同じ冬の間でも寒暖の差が非常に激しい。カルガリー フレッシュアイペディアより)

  • アヴェロン県

    アヴェロン県から見たフェーン現象フェーン現象

    気候は中央高地と地中海の両方から影響を受けており、県の南北で気候が少しずつ異なる。ロデーズの西側にあるピュエシュ山およびルエルグの高原地帯は、わずかに海洋性気候が勝る。緑豊かな木立の茂みが存在することから県西部での定期的な降雨が裏付けられる。県中央部、レヴェズーの丘陵地帯はより降雨量が多いが、標高が1000mあるため気温は涼しい。冬の降雪は普通である。およそ標高1200mの北東部のオブラック山地は、主に南西からの降雨が重要で、降雪量も多い。南東部は標高1000mのコース地方があるため、冬に時々極端に気温が下がる。コース山地とセヴェンヌ山脈に守られた谷は、しばしばフェーン現象が起きる。南東部は県で最も日照時間が多い。アヴェロン県 フレッシュアイペディアより)

  • 魚津大火

    魚津大火から見たフェーン現象フェーン現象

    当時は、九州西方海上を通過した大型台風12号が日本海を北東進しており、本州の日本海側ではフェーン現象により乾燥した強い風が吹き続けていたので、非常に火災が起こりやすい状況であった。以前にも、1954年9月の洞爺丸台風による北海道岩内町(岩内大火)、1955年10月の台風22号による新潟市(新潟大火)、さらに1956年8月には台風9号による大館市など、台風に伴う大火災が頻発しており、この時も警戒されていたが、効無く大火となったものである。魚津大火 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見たフェーンフェーン現象

    フェーン(foehn) - 山越えの高温な強風。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 置戸町

    置戸町から見たフェーン現象フェーン現象

    内陸性の気候で冬は非常に寒冷である。最も寒くなるのは2月。夏季はフェーン現象により暑くなり、30℃を超えることも少なくない。置戸町 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪地域

    諏訪地域から見たフェーン現象フェーン現象

    諏訪湖周辺では、フェーン現象の影響を受け、標高が760m近くありながら、夏場には高温になることがある。また、冬は比較的乾燥しており、雪が少ないのが特徴である。また、諏訪湖の影響により、周囲よりも冬季の冷え込みは幾分やわらぐが、全面氷結すると、冷え込みが強まるという特徴がある。八ヶ岳山麓にある茅野市の大部分、原村、富士見町は、標高が800m以上となるため、北海道並みに夏は涼しく、冬は寒さが厳しい。ケッペンの気候区分では亜寒帯湿潤気候に分類される。諏訪地域 フレッシュアイペディアより)

  • 颪

    から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海側では同様に山から吹き下ろす風を、陸地や山から吹き出してくる風という意味で、「だし風」または「だし」と呼ぶ。冬の冷たい風である「おろし」とは違って、「だし」は低気圧が日本海に入りながら東進している時に、南方の太平洋上の高気圧からの風が強い南寄りの風になって吹き込んで日本列島の脊梁山脈を越えて日本海上の低気圧へ吹き降りることで発生し、フェーン現象によって高温かつ乾燥した南風となっている。「だし」が吹くことで春先の雪解け洪水が起きたり、稲の赤枯れや虫害、また強風から不漁を引き起こしたりする。 フレッシュアイペディアより)

  • 新得町

    新得町から見たフェーンフェーン現象

    特別豪雪地帯で、冬季積雪が多くなる。また、日高山脈の鞍部斜面に位置していることから、真冬でも西風フェーンや逆転層が卓越しやすく十勝地方の中では内陸にありながらも最も温暖な地域となっており斜面温暖帯に属する。1月の平均気温の‐6.5度は沿岸部の広尾町に次いで高く、これは道央(石狩・空知)と道南を除いた北海道内陸部の中では最も高い平均気温である。日高山脈の反対側の斜面に位置する占冠村との温度差は実に1月の平均気温では3.7度、最低気温では7.1度にも達する。新得町 フレッシュアイペディアより)

146件中 61 - 70件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード