146件中 71 - 80件表示
  • からっ風

    からっ風から見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン現象により冷え込みが抑えられるため、周辺に比べて降積雪の量が少なくなる。ただし強風による体感温度()の低下がある。からっ風 フレッシュアイペディアより)

  • 大江町

    大江町から見たフェーン現象フェーン現象

    町域全体が豪雪法に基づく「特別豪雪地帯」および雪寒法に基づくに「積雪寒冷特別地域」に指定されている。積雪は12月上旬から3 - 4ヶ月に及び、積雪量は左沢地区で1 m前後、本郷・七軒地区は2 - 3 mに達する。一方、夏季は、フェーン現象等の盆地的特性により、30 ℃を超える真夏日が続くことも珍しくない。大江町 フレッシュアイペディアより)

  • サヴォワ県

    サヴォワ県から見たフェーン現象フェーン現象

    サヴォワ県は、1500mほどの中程度の山地にあるため山岳気候(en)である。しかし全体が同じ気候ではなく、様々な気候の影響が存在する。海洋性気候、大陸性気候(暑い夏と寒い冬)、地中海性気候(夏には熱波をもたらす)だけでなく、山や谷の自然環境(標高や地形)によっては独自の微気候が存在するのである。県東部は記録的な豪雪を記録し、スニ山中にあるロンバルドではフェーン現象が起きる。サヴォワ県 フレッシュアイペディアより)

  • ウトロ

    ウトロから見たフェーン現象フェーン現象

    平均的にはオホーツク海に面する海洋性気候のため、周辺地域と比べると冬は冷え込みが弱く温暖で、過去最低気温は-20.9℃と高く、夏は真夏の日中でも平均で23度前後と比較的冷涼であるが、日本の中でも非常に気候の変化が激しい場所として知られており、平年値との差が非常に大きくなることも多い。晩冬から初夏にかけてはフェーン現象によって、特に深夜から午前中にかけて、気温が急激に上昇することもある。2010年2月26日には深夜1時にも関わらず14.9℃を観測しており、これは平年の気温(約-8?9℃)を25度近くも上回る気温である。一方、日本のアメダス地点では標高1000mを超えるような高地を除くと、最も遅くまで雪が降ることが多く、2013年5月8日には積雪57?を記録する大雪となったり、5月下旬でも日中でも0度前後の気温を観測することもある。しかし、数日後には一転してフェーン現象によって真夏日を観測することもあり、風向きによって気温が乱高下を起こしやすく、数日の間に真夏と冬が同居することも珍しくない。ウトロ フレッシュアイペディアより)

  • 滑降風

    滑降風から見たフェーン現象フェーン現象

    下降気流が冷たいのと同じ理由で、滑降風は一般的に冷たい。暖かいフェーン風とは対照的であるが、これは空気が滑降する際の温度上昇率が異なることが関係している。フェーン風は山などを通り抜ける水平な風が強いときに起こる。滑降風 フレッシュアイペディアより)

  • コシヒカリ

    コシヒカリから見たフェーン現象フェーン現象

    日本穀物検定協会による平成20年度の「米の食味ランキング」において最高の「特A」を得たコシヒカリの産地は、山形県の内陸、下越以外の新潟県の全域、福島県の会津、群馬県の北毛、長野県の東信、山梨県の峡北だった。この内、新潟県の魚沼産が一番高値で取引されている。すなわち、食味の良い産地は新潟県周辺の内陸部に集中しているが、これらの地域では夏季にフェーン現象などで昼間に高温になりながらも夜間は熱帯夜になりづらいという気候の特徴が共通している。また近年では、誕生した福井県産も最高ランクを立て続けに獲得している。コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの地理

    ドイツの地理から見たフェーンフェーン現象

    ドイツの気候は冷涼、曇りがち、湿潤な冬と夏を特徴とする、緯度の割りには温和な海洋性の気候であり、時折暖かなフェーンが吹き下ろす。ケッペンの気候区分では大半が西岸海洋性気候(Cfb)に属し、多湿な西風が卓越する。ドイツの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県

    兵庫県から見たフェーン現象フェーン現象

    太平洋高気圧に覆われる夏季には、北部や内陸部を中心にフェーン現象による猛暑日が発生することがしばしばあり、また、南部の沿岸部では熱帯夜になることが多くなる。兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地理

    日本の地理から見たフェーン現象フェーン現象

    典型的に用いられる大まかな気候区分では、北海道と本州の日本海側は日本海側気候とされ、冬季の雪と夏季に時折フェーン現象による高温が起こるのが特徴。北海道から九州にかけての太平洋側は太平洋岸気候とされ、夏期に降水量が多く冬季に晴天となるのが特徴。西日本の瀬戸内海沿岸は瀬戸内海式気候、本州の内陸部は中央高地気候で、それぞれ降水量が年間を通して少なく、中央高地式気候では更に気温変化が大きいのが特徴である。日本の地理 フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン

    ミュンヘンから見たフェーンフェーン現象

    ミュンヘンは大陸性気候で、アルプス山脈の近さにより強さは加減されている。ミュンヘンの高度とアルプス北縁に近いことから、降水量は多いことを意味している。暴風雨などはしばしば、周辺に不意にやって来る。気温変化の幅は昼間と夜間または夏季と冬季ではとても大きくなる。アルプスからの局地風であるフェーンによって、気温が数時間急に上がることが冬にも見られる。12月から3月にかけて、ミュンヘンでは寒い冬になる。最寒月の1月の平均気温は?2.2℃であり、時に?10℃を下回ることも珍しくない。冬の間、最低数週間は雪に覆われ、ドイツの主要都市では最も雪が降りやすいが、年間降雪量100cm程度 でありそれほど多くは無い。最暖月の7月の平均気温は17.3℃で平均最高気温は23℃となり過ごしやすいが30℃を超えることもある。夏は5月から9月まで続く。公式統計によると最高気温極値が2003年8月13日に記録された37.1℃、過去最低気温は1942年1月21日に記録された-30.5℃である。ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

146件中 71 - 80件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード