120件中 71 - 80件表示
  • マイナスイオン

    マイナスイオンから見たフェーン現象フェーン現象

    これらの研究による検証は単純な二元論であり、すなわち、負イオンは健康に好影響を与え、正イオンは悪影響を与えるとする臨床的な実証がなされた。ただ,マイナスイオンが体に良く,プラスイオンが体に悪いという白黒二分法的な理論の科学的根拠はない。ニセ科学の一種である。南風が吹くと空気のプラスイオンが増えるため、人の精神に悪影響を与え犯罪発生率が上がると主張され、スイスではプラスイオン量が増大するフェーン現象は犯罪の実刑が軽くなる情状酌量の証拠として認定されている。マイナスイオン フレッシュアイペディアより)

  • 雲

    から見たフェーン現象フェーン現象

    山の場合は山頂を越えて下降し始めると空気塊が圧縮・加熱されて、雲が蒸発して消える。また、乾燥した空気のほうが湿った空気よりも気温減率が大きいため、下降する空気は上昇時よりも速いペースで温度が上がり(フェーン現象)、雲が消える高度はできた高度よりも高くなる。また、高い山や前線の場合、空気塊がずっと上昇していくと、雲のもととなる空気中の水蒸気量(≒混合比)が低下して、高度が高くなるにつれ、上昇してもできる雲は薄くなりやがてできなくなる。 フレッシュアイペディアより)

  • 網走市

    網走市から見たフェーン現象フェーン現象

    春は寒暖差が非常に激しく、5月の連休の頃には雪が降ることもあれば、その数日後にはフェーン現象によって道内で最も早い真夏日を観測することさえある。夏季はオホーツク海高気圧に覆われると、涼しい日々が続くが、太平洋高気圧の勢力が強くなると太平洋側に比べて気温が上がりやすい。南や南東からの風が吹いたときにはフェーン現象により、しばしば真夏日になり、猛暑日さえ観測されることもあるなど気温差は激しい。最高気温記録は1994年8月7日に観測された37.6℃と帯広の37.8℃(1924年7月12日に記録)についで道内官署では2番目に高い記録である。秋は短く、春と同様気温の変動が大きい。台風の影響を受け、大雨となることもあり、10月になると紅葉が始まり、10月下旬?11月始めには雪が降り始める。冬季はオホーツク地方では雄武に次いで、冬の平均気温が高くなっており、過去最低気温の記録は1902年1月25日に観測された-29.2度であるものの、1987年2月20日の-20.6度を最後に過去25年以上も-20度以下の気温は観測されず、近年は下がっても-17度前後のことが多い。流氷が接岸し、内陸性の気候の特色が加味される2月が年間でもっとも寒く、流氷が消える3月半ばまで冬は続く。降雪量はそれほど多くないが、冬の終わりの2月下旬から3月にかけては低気圧の通過により、ドカ雪をもたらすことがあり、2004年2月23日には過去最深積雪の143cmを記録している。一般に、暖冬年ほど年間降雪量が多くなる傾向にある。網走市 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見たフェーン現象フェーン現象

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がよく観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあり、すっきりとした快晴(雲量1.5未満)になる日は意外と少ないものの、冬の晴天日数そのものは多い。積雪も一冬に1?2回程度は起こるが、関東地方に比べると南岸低気圧による大雪は少ない。また、夏は瀬戸内海沿岸特有の「凪」や讃岐山脈越えのフェーン現象などの影響で、しばしば猛暑日や熱帯夜になることがある。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 大館市

    大館市から見たフェーン現象フェーン現象

    1956年(昭和31年)8月18日 - 東大館駅前から大町など中心市街地一帯を大火で焼失。台風9号通過に伴うフェーン現象が被害を大きくした。大館市 フレッシュアイペディアより)

  • 気温減率

    気温減率から見たフェーン現象フェーン現象

    湿潤断熱減率と乾燥断熱減率が違う事はフェーン現象(北米ではチヌークという名でも知られている現象)の原因ともなっている気温減率 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見たフェーン現象フェーン現象

    3月中旬から4月にかけてはすっきりしない天気が続く。天気は変わりやすく、低気圧が日本海を通過すると気温が上がり、フェーン現象で季節外れの高温になり、夏日や30℃近くまでになる。宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • アルバータ州

    アルバータ州から見たフェーン現象フェーン現象

    州北部の多くは針葉樹林が広がっており、ステップ気候の南部と比べ森林が多い。南部は夏が暑く、他の州よりも降水量が少ない。西部の気候は山脈に囲まれていることから比較的穏やかで冬のチヌーク風(フェーン現象)の影響を受け、暖かいことも多い。南東部は平坦で乾燥したプレーリーが広がっているため、寒暖差が激しい。気温は冬季は -35℃(-31°F)になることもあれば、夏季は 38℃(100°F)になることもあるなど、季節によって気温が大きく変化する。アルバータ州 フレッシュアイペディアより)

  • 暖冬

    暖冬から見たフェーン現象フェーン現象

    11月19日から20日にかけて真冬並みの強い寒気が南下して、西日本では平年より早く初雪を観測した地点があり冬の訪れが早かった。また12月末から1月中旬まで西日本を中心に周期的に寒気の影響を受け西日本日本海側は大雪となる日もあり、寒暖の変動が大きかった。しかし、その他の時期は冬型の気圧配置になる日が少なく寒気の南下が弱かったために全国的に暖冬となり冬(12 - 2月)の平均気温は北日本で1949年、1991年に次いで戦後第3位タイ、東日本で2007年に次いで戦後第2位の高温となるなど3か月間通して寒気の影響が弱かった北日本、東日本で顕著な暖冬となった。2月は全国的な顕著な高温となり、特にバレンタインデーにあたる14日には静岡県静岡市で最高気温26.2℃、同熱海市網代で25.4℃、神奈川県小田原市で26.1℃、同海老名市で25.3℃の夏日を記録したほか、全国105の官署地点・アメダス地点で2月の最高気温の高い方からの記録を塗り替えた。これは、南から温かい風が入ったことや、フェーン現象が原因と見られている。また2月下旬には太平洋高気圧がこの時期としてはかなり強まった影響で那覇市で23日から27日まで5日間連続夏日を記録するなど、沖縄・奄美地方でも顕著な高温となった。同月の平均気温は北日本を除き、平年を1.7-2.7℃も上回った。(北海道は+0.9℃、東北は+1.0℃)日本海側では冬型の気圧配置が少なかった影響で降雪量がかなり少なく、太平洋側では周期的に通過した低気圧や前線の影響で降水量が多かった。暖冬 フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘン

    ミュンヘンから見たフェーンフェーン現象

    ミュンヘンは大陸性気候で、アルプス山脈の近さにより強さは加減されている。ミュンヘンの高度とアルプス北縁に近いことから、降水量は多いことを意味している。暴風雨などはしばしば、周辺に不意にやって来る。気温変化の幅は昼間と夜間または夏季と冬季ではとても大きくなる。アルプスからの局地風であるフェーンによって、気温が数時間急に上がることが冬にも見られる。12月から3月にかけて、ミュンヘンでは寒い冬になる。最寒月の1月の平均気温は?2.2℃であり、時に?10℃を下回ることも珍しくない。冬の間、最低数週間は雪に覆われ、ドイツの主要都市では最も雪が降りやすいが、年間降雪量100cm程度でありそれほど多くは無い。最暖月の7月の平均気温は17.3℃で平均最高気温は23℃となり過ごしやすいが30℃を超えることもある。夏は5月から9月まで続く。公式統計によると最高気温極値が2003年8月13日に記録された37.1℃、過去最低気温は1942年1月21日に記録された-30.5℃である。ミュンヘン フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード