120件中 81 - 90件表示
  • 魚津市

    魚津市から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海側気候で、太平洋側と比較して湿度が高い。特に冬には雨・雪が降る日が多い。比較的好天が多いのは4-5月と9-10月である。夏にはフェーン現象が起きて最高気温が35℃を超えることもある。梅雨の影響は太平洋側と比較して少ない。台風が直撃することはあまりない。魚津市 フレッシュアイペディアより)

  • カンタブリア州

    カンタブリア州から見たフェーン現象フェーン現象

    カンタブリア山脈の起伏は、州内の微気候へ影響を与える効果がある。フェーン現象のため、起伏はスラーダス(アブレーゴ風とも)と呼ばれる特有の気象状況の主因となる。山脈から吹き降りる南風は強く乾燥していて、海岸に近づくほど気温が上昇していく。これが大気中の湿度と降雨の減少を引き起こす。カンタブリア州 フレッシュアイペディアより)

  • 魚津大火

    魚津大火から見たフェーン現象フェーン現象

    当時は、九州西方海上を通過した大型台風12号が日本海を北東進しており、本州の日本海側ではフェーン現象により乾燥した強い風が吹き続けていたので、非常に火災が起こりやすい状況であった。以前にも、1954年9月の洞爺丸台風による北海道岩内町(岩内大火)、1955年10月の台風22号による新潟市(新潟大火)、さらに1956年8月には台風9号による大館市など、台風に伴う大火災が頻発しており、この時も警戒されていたが、効無く大火となったものである。魚津大火 フレッシュアイペディアより)

  • 館林市

    館林市から見たフェーン現象フェーン現象

    また、他県境付近の市(埼玉県熊谷市、群馬県前橋市など)と同様、しばしば摂氏40度近い猛暑に見舞われる。2007年8月15日には40.2度、翌16日に40.3度を記録した。また、2010年には猛暑日の年間日数を埼玉県熊谷市と共に国内最多の41日を記録した。さらに2011年の6月22日には全国で最初の猛暑日を記録した。また、この年も猛暑日の年間日数が30日と国内最多であった。2012年も同じく猛暑日の日数で32日と国内最多を記録。これらの猛暑の現象は発達した太平洋高気圧がもたらす温かい大気が当市の北西にある赤城山方面から熱風となって吹き降りるためである(フェーン現象)。アメダス観測所はコンクリートで覆われたの敷地の一角(館林消防署内)に設置されている。館林市 フレッシュアイペディアより)

  • 紋別市

    紋別市から見たフェーン現象フェーン現象

    市街地があるオホーツク海側の沿岸部は冬も温暖、内陸部は寒暖の差が激しい気候である。オホーツク海側に面する地域では、夏季にフェーン現象により気温が上がり、夜になっても気温が25度を下回らないことがあり、1994年8月7日には最低気温が28.1℃という北海道内で最も高い最低気温を記録している。紋別市 フレッシュアイペディアより)

  • 置戸町

    置戸町から見たフェーン現象フェーン現象

    内陸性の気候で冬は非常に寒冷である。最も寒くなるのは2月。夏季はフェーン現象により暑くなり、30度を超えることも少なくない。置戸町 フレッシュアイペディアより)

  • 小松市

    小松市から見たフェーン現象フェーン現象

    夏場は天気の良い日が続き、気温は太平洋側とそれほど変わらない。湿度が非常に高く、南風が吹くと北陸に多いフェーン現象が起こるため非常に暑くなることもある。小松市 フレッシュアイペディアより)

  • 糸魚川市

    糸魚川市から見たフェーン現象フェーン現象

    フェーン現象の影響で夏は非常に蒸し暑く、真夏の深夜でも気温が30度を下回らないこともある。超熱帯夜を観測することもあり、1990年8月22日には30.8℃という日本での最低気温の最高記録を観測している。8月中旬の最低気温の平均は24.1℃であり、これは東京の同時期の最低気温の平年値とほとんど同じである。東京より緯度が高く、さらに都市化の影響が少ないことも考慮すればこれは非常に高い数値で、世界の同緯度地域と比較しても真夏の最低気温が最も高い場所である。糸魚川市 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県

    山形県から見たフェーン現象フェーン現象

    春季から夏季にかけてはフェーン現象が発生しやすく、突発的に猛暑日に見舞われることも決して少なくない。1933年(昭和8年)7月25日に山形市で観測された気温40.8度は、2007年(平成19年)8月16日に埼玉県熊谷市、岐阜県多治見市で観測された気温40.9度に抜かれるまで、74年間にわたって日本最高の記録であった。山形県 フレッシュアイペディアより)

  • 多治見市

    多治見市から見たフェーン現象フェーン現象

    2007年8月16日14時20分に日本で初めて観測史上最高の40.9℃を記録した。同日14時42分、埼玉県熊谷市でも同じく40.9℃を記録した。また、翌8月17日にも前日記録した40.9℃に0.1℃とせまる40.8℃を記録した。原因はまだ究明されておらず、筑波大学計算科学研究センター講師である日下博幸の研究チームが2010年夏より多治見市の協力を得て調査中である。日下は、多治見市が山に囲まれた盆地であること、狭い範囲に住宅が密集していること、北からのフェーン現象による熱風、冷たい海風が入りにくいこと、緑地や水辺が少ないことという複合的な要因が交差して起こったものと仮説を立てている。多治見市 フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード