146件中 81 - 90件表示
  • 新潟市の地理

    新潟市の地理から見たフェーン現象フェーン現象

    日本海側気候のため、冬は湿度が高い。夏はフェーン現象が非常に起こりやすく、生暖かい強風が吹く。これによって異常に気温が上昇することも多い。新潟市の地理 フレッシュアイペディアより)

  • 花巻市

    花巻市から見たフェーン現象フェーン現象

    気候は寒冷で太平洋側気候の特色を有し、北上盆地にあるため内陸性気候の特色も有する。その地勢から夏季はフェーン現象の影響などで30度を超え、近年では猛暑日になる事もある。冬季は放射冷却が効きやすく、零下20度近くまで下がることもある。近年でも、2006年2月4日には-18.2度を記録している。花巻市 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟大火失火被疑事件

    新潟大火失火被疑事件から見たフェーン現象フェーン現象

    1955年10月1日 - 当該ブラケット近傍から出火。起訴状に添付の鑑定書によれば、ブラケット内の漏電電流がモルタル外壁のメタルラスに流れ発熱し出火したとされるが、折からの風速22m以上とされる台風第22号及び、フェーン現象による異常乾燥により火勢が助長され、民家に延焼・飛火し、1,235棟を焼失し46億円の損害を出す大火となった。火災発生初期の報道には「出火元は天井裏」というものがあるが、メタルラス加熱で外壁内から出火してもモルタル塗りのため外部からは見えず、煙が中空壁内から天井裏に流れ、それを初期発見者が見たと考えられる。新潟大火失火被疑事件 フレッシュアイペディアより)

  • チューリッヒ

    チューリッヒから見たフェーン現象フェーン現象

    チューリッヒの気候は定義に応じて海洋性気候もしくは湿潤大陸性気候に分けられる。ケッペンの気候区分ではCfb/Dfbで四季がはっきりとしている。チューリッヒの気候の決め手は風向で、西風は降水をもたらし東または北東の風であるBiseは通常、高気圧の状態と結び付くが平均気温より低い冷涼な天気になる。フェーン現象はアルプス北側の谷では重要な役割を担い、チューリッヒには限られた影響を及ぼす。年平均気温は8.5℃で観測は(海抜556mのチューリッヒベルク頂上と海抜150mの市中心部)により行われている。最寒月の1月の平均気温は−0.5℃で最暖月の平均気温は7月の17.6℃である。年平均88日程度は気温が0℃以下に下がり、26日程度は最高気温が0℃以下である。年間を通じて夏期の30日程度は気温が25℃以上になるが、30℃以上になるのは3日程度だけである。7月の最高気温の平均は23.6℃で、平均最低気温は11.6℃である。春や秋は通常、涼しく穏やかである。これらの値は台地上の観測点では比較的低くなるが、これは標高により説明出来る。リマト谷では夏日や真夏日がより多く予想される。チューリッヒは年間の日照時間が1,482時間で年間降水量は1,136mmになる。1年の半分は暖かく、特に夏の3ヶ月間の降水量は冬の観測よりも多くなる。クローテン観測所では年間降水量は1,031mmに達する。チューリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • 小松市

    小松市から見たフェーン現象フェーン現象

    夏場は天気の良い日が続き、気温は太平洋側とそれほど変わらない。湿度が非常に高く、南風が吹くと北陸に多いフェーン現象が起こるため非常に暑くなることもある。小松市 フレッシュアイペディアより)

  • 見附市

    見附市から見たフェーン現象フェーン現象

    年間の平均気温は約13℃であり、降水量は2,000mmを超える。日本における気候区分では日本海式気候であり、春から夏にかけてフェーン現象により5月でも最高気温が30℃を超すことがある一方で、冬は曇天や雪が降る日が多いため、日照時間がとても短く最高気温が5℃以下の日がほとんどである。平成以前は最大積雪量が2mを超えることもあったが、1994年以降で積雪量1mを超えたのは1995年・2004年・2010年・2011年の4回となっている。また、1996年・2006年・2008年は最大積雪量が40cmを下回っており、特に2006年には累積降雪量が1mを下回る等その年によって積雪量の変動が大きいことが見受けられる(右下グラフ参照)。見附市 フレッシュアイペディアより)

  • アウクスブルク

    アウクスブルクから見たフェーン現象フェーン現象

    アルプス前山地方からアウクスブルクにかけて、南からのとても暑く乾燥した大気をもたらすフェーン現象は一年を通して起こりうる。この現象は有名なバイエルン・ブルーの青空やバイエリシェ・アルペンやアルゴイアー・アルペンのすばらしい眺望と関係している。アウクスブルク フレッシュアイペディアより)

  • メルボルン

    メルボルンから見たフェーン現象フェーン現象

    夏季は最も暑い1月の平均最高気温は25.9℃と低くなっているが、実際には内陸の砂漠地帯から吹き付けるフェーン現象により、年に数日は40度を超えるのような酷暑となることも多く、2009年2月7日には観測史上最高気温の46.4℃を観測している。時に内陸部では気温が50度近くに達することもあり、メルボルン近郊のラバートンでは同日に47.5℃を観測している。しかし、非常に乾燥しており湿気は少なく、夏季は山火事の起きやすい環境となっている。また、そのような酷暑の日であっても朝晩は涼しくなり、熱帯夜となることはほとんど無く、平均最低気温が最も高い2月でも14.6℃と低く快適である。メルボルン フレッシュアイペディアより)

  • 江戸の火事

    江戸の火事から見たフェーン現象フェーン現象

    また、関東南部は、地形の関係から、春から秋にかけて日本海低気圧が通過する際に、中部山岳の雨陰に入り、フェーン現象が発生して、ほとんど降水のないまま、高温で乾燥した強い南または南西の風が吹くことが多い。とりわけ春先の強い南風もまた、しばしば大火の原因となってきた。江戸の火事 フレッシュアイペディアより)

  • 紋別市

    紋別市から見たフェーン現象フェーン現象

    市街地があるオホーツク海側の沿岸部は冬も温暖、内陸部は寒暖の差が激しい気候である。オホーツク海側に面する地域では、夏季にフェーン現象により気温が上がり、夜になっても気温が25度を下回らないことがあり、1994年8月7日には最低気温が28.1℃という北海道内で最も高い最低気温を記録している。紋別市 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示

「フェーン現象」のニューストピックワード