50件中 21 - 30件表示
  • エメル・トプラク

    エメル・トプラクから見たSCフライブルクSCフライブルク

    FSBラーフェンスブルクのユースでキャリアを開始。そこから地元のライバルであるラーフェンスブルクへ移籍した。2005年にSCフライブルクのユースへ入団、それぞれのカテゴリーを進んでいき、2007年夏にプロ契約を結んだ。そのシーズンは、SCフライブルク?でレギオナルリーガ(南部/南東部)とで優勝。翌2008-09シーズン第2節VfLオスナブリュック戦でファーストチームデビューを果たした。それ以来レギュラーを務めブンデスリーガ昇格に貢献した。エメル・トプラク フレッシュアイペディアより)

  • デニス・アオゴ

    デニス・アオゴから見たSCフライブルクSCフライブルク

    SCフライブルクの下部組織出身。トップチームに昇格し17歳でデビューした。そこでレギュラーを獲得し、2008年夏、ハンブルガーSVへ移籍した。デニス・アオゴ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・イアシュヴィリ

    アレクサンドル・イアシュヴィリから見たSCフライブルクSCフライブルク

    契約期間満了後にトビリシに復帰したが、1997-98シーズンにドイツのSCフライブルクに移籍した。フライブルクでは、チームの初のブンデスリーガ1部昇格に貢献するなど、同クラブで10シーズンを過ごした。 2007年にカールスルーエSCに移籍し、2009年に契約を延長し2013年6月までの4年契約を結んだが、2012年にVfLボーフムに移籍した。アレクサンドル・イアシュヴィリ フレッシュアイペディアより)

  • 車ドゥリ

    車ドゥリから見たSCフライブルクSCフライブルク

    ワールドカップ終了後、アルミニア・ビーレフェルトとプロ選手契約。1年間プレーした後、2003年に生まれ故郷でありかつて父が所属していたアイントラハト・フランクフルトに移籍した。また2005年の2月に中田英寿、ジネディーヌ・ジダンらが参加して行われた『スマトラ沖地震被災者支援チャリティーマッチ』では、親善試合ながら強烈なミドルシュートも決めている。2006-07シーズンは1.FSVマインツ05でプレーしていたが出場機会に恵まれず2007年6月に2部リーグのTuSコブレンツに移籍。2009-2010シーズンからは、1部に昇格したばかりのSCフライブルクに移籍。2009年10月14日のセネガル戦では、3年ぶりとなる代表復帰を果たし、2010 FIFAワールドカップにも出場した。2010年7月、英国の労働ビザ取得を前提としてセルティックFCと2年契約(1年の延長オプション付き)を結んだ。AFCアジアカップ2011のウズベキスタンとの3位決定戦では欠場したパク・チソンに代わり、初めてキャプテンを務めた。車ドゥリ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・ジョンソン

    ファビアン・ジョンソンから見たSCフライブルクSCフライブルク

    2009年7月24日にブンデスリーガ王者のVfLヴォルフスブルクへ移籍した。ヴォルフスブルクでは、両SBにマルセル・シェーファーとサシャ・リーター(右には、さらにペテル・ペカリーク)がいたため出場するのに苦労していた。ドイツ・ブンデスリーガ2009-2010第5節バイエル・レバークーゼン戦で、76分にクリスティアン・ゲントナーと交代で出場し、ようやくブンデスリーガデビューをすると、12月5日にホームで2-2と引き分けたSCフライブルク戦で移籍後初ゴールを決め、このシーズンは出場10試合に終わった。翌シーズンは出場6試合するも途中出場5試合、さらにそのうち3試合は残り1分からの出場と非常に厳しいものだった。ファビアン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ケール

    セバスティアン・ケールから見たSCフライブルクSCフライブルク

    地方のクラブを転々とした後に17歳でハノーファーに入団、一気に才能を開花させすぐにハンブルガーSV、ボルシア・ドルトムント、バイヤー・レバークーゼンといったドイツ屈指の強豪クラブの目にとまる。しかしながらこれらのオファーを全て断り若手育成のスペシャリストであるフォルカー・フィンケ監督率いるSCフライブルクへと移籍した。ここで25試合2得点でチームのリーグ6位という成績に大きく貢献するなど自身の能力をより高める。この時彼はブンデスリーガの年間最優秀選手に選出された。2001-2002シーズン1月には満を持して強豪ドルトムントへと移籍しリーグ優勝に貢献するなど活躍している。セバスティアン・ケール フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・ヒンケル

    アンドレアス・ヒンケルから見たSCフライブルクSCフライブルク

    2011年10月にSCフライブルクに移籍。5シーズンぶりにブンデスリーガへ復帰した。アンドレアス・ヒンケル フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・ブット

    ウラジーミル・ブットから見たSCフライブルクSCフライブルク

    しかし、2000年あたりから急激にパフォーマンスが低下して2000年7月から10月まではアマチュアチームに降格させられた。同年、SCフライブルクに移籍をして無難に出場を果たすも2001/02シーズンでチームは降格。2003年にハノーファー96へ移籍をしたが2シーズンで出場したのは4試合に留まった。ウラジーミル・ブット フレッシュアイペディアより)

  • 木下康介

    木下康介から見たSCフライブルクSCフライブルク

    2011年、マンチェスター・シティFCにビデオと履歴書を送って入団テストを打診。監督直筆の招待状をもらい、マンチェスター・Cが英国への渡航費と滞在費を全額負担して7月30日から2週間、テストを受けた。監督をはじめクラブ幹部から強力に入団の勧誘を受けた。2011年10月3日に英国でプロ契約が可能となる18歳になるのを待って、マン・Cからも正式に入団オファーを受けていた。しかしトップチームの試合出場までには時間がかかることを懸念し、より即戦力に近い選手として認められチーム事情や将来的な育成方針を考え合わせ、非常に熱心に勧誘されたフライブルクに移籍した。木下康介 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬崇人

    相馬崇人から見たSCフライブルクSCフライブルク

    浦和との3年契約を満了し、念願の欧州移籍を模索していた2008年のシーズンオフ、ドイツ・ブンデスリーガ2部のフライブルクから獲得を前提にした練習参加のオファーを受けるも交渉が長引いたために渡独直前で消滅。相馬崇人 フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「フォルカー・フィンケ」のニューストピックワード