前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たフォルカー・フィンケ

    1904年創立の歴史あるチーム。3部と2部を行き来する田舎クラブであったが、1991年にフォルカー・フィンケが監督に就任すると飛躍的な成長を遂げドイツ・ブンデスリーガに昇格する。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たギュンター・グラス

    しかし、首脳陣の決断は変わらず、2006-07年シーズン終了後にフィンケ監督が勇退。16年間に渡る長期政権が終了する。フィンケ勇退反対運動などがフライブルクでのみならず、メディアを通してドイツ中で起きるようになり、ドイツを代表するノーベル賞作家ギュンター・グラスがドイツ国営放送を通してフィンケを監督としてクラブに残すように訴えるなど多くの著名人がSCフライブルクの監督交代を反対する中、2007-08年シーズンよりインド系ドイツ人の若手監督、ロビン・ドゥットが就任する。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たヴェルダー・ブレーメン

    フィンケ就任2年目となる1993年には、クラブの歴史上初となるドイツ2部での優勝を果たし、ドイツ・ブンデスリーガへ昇格する。1995年にはヴェルダー・ブレーメンやバイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムントなどブンデスリーガの名門クラブを次々と破り、3位というクラブの歴史上最も優れた結果を残し、翌年には同じくクラブの歴史上初となるUEFAカップ本大会出場も果たすなど、ドイツ・ブンデスリーガでも旋風を巻き起こした。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たクリストフ・ダウム

    事実上のGM兼監督としてSCフライブルクを「田舎のアマチュアクラブ」から「ドイツを代表する模範的なプロクラブ」に育て上げたフィンケ監督はクリストフ・ダウム同様ドイツで最も高く評価される指導者の一人となり、FCバイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメン、バイヤー・レヴァークーゼン、1.FCケルンなど名門クラブから次々と監督就任オファーが舞い込むが、「SCフライブルクという長期的プロジェクトを完成させたい」と他クラブへの移籍を拒否し続けた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たローター・マテウス

    マンマークとリベロの全盛であった時代にフィンケは「ドイツのプロサッカー界では初のこと」と言われた完全なゾーンディフェンスと前方からの積極的なプレッシング、ラインコントロールとオフサイドトラップなどを取り入れ、攻撃では豊富な運動量と高い技術を土台にショートパスをつなぎながらボールを前方に運び、サイドからのクロス攻撃ではなく、前方の空いたスペースにスルーパスを出し、相手GKとの1対1の状況をできる限り多く作り出すサッカーを志向する。名門FCバイエルン・ミュンヘンを破った際にはFCバイエルンの主将ローター・マテウスに「SCフライブルクと対戦すると12人か13人の選手を相手にしているような錯覚を得る」とテレビインタビューで言わせるなど、SCフライブルクは優れた結果のみではなくピッチ上の優れたパフォーマンスで旋風を巻き起こす。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た移民

    また同盟90/緑の党が長年に渡って政治の実権を握っているフライブルクらしく、同盟90/緑の党の支持者や左翼のサポーターの割合が高く、特にフォルカー・フィンケ監督時代にはクラブ自身もサポーターと共に移民の受け入れサポートやアフリカ救援、外国人排除反対の活動など、政治的もしくは社会的な活動も頻繁に行われていた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たボルシア・ドルトムント

    フィンケ就任2年目となる1993年には、クラブの歴史上初となるドイツ2部での優勝を果たし、ドイツ・ブンデスリーガへ昇格する。1995年にはヴェルダー・ブレーメンやバイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムントなどブンデスリーガの名門クラブを次々と破り、3位というクラブの歴史上最も優れた結果を残し、翌年には同じくクラブの歴史上初となるUEFAカップ本大会出場も果たすなど、ドイツ・ブンデスリーガでも旋風を巻き起こした。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たサッカードイツ代表

    フライブルクという元々地域人口や経済力が低いためスポンサーを獲得しにくい町を本拠地としていることから、SCフライブルクは毎年のようにリーグで最も年間予算が低いクラブであり続けた。このような金銭的に厳しい状況であるのにも関わらず、上記のような優れたコンセプトが実を結び、幾度となく好結果を残し、UEFAカップ本大会でも2度3回戦まで進出する。ブンデスリーガに初昇格を果たした1993年から2007年の間でドイツ・ブンデスリーガとドイツ2部の間を3回行き来するものの、フィンケ監督への評価は下がるどころか、コンスタントに上がり、1990年代後半からは常にドイツ代表監督候補にも挙げられるようになる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た命名権

    2004年には地元企業のバデノヴァ社が命名権を取得し、現在は「バデノヴァ・シュターディオン」と命名されている。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たバイヤー・レヴァークーゼン

    事実上のGM兼監督としてSCフライブルクを「田舎のアマチュアクラブ」から「ドイツを代表する模範的なプロクラブ」に育て上げたフィンケ監督はクリストフ・ダウム同様ドイツで最も高く評価される指導者の一人となり、FCバイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメン、バイヤー・レヴァークーゼン、1.FCケルンなど名門クラブから次々と監督就任オファーが舞い込むが、「SCフライブルクという長期的プロジェクトを完成させたい」と他クラブへの移籍を拒否し続けた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「フォルカー・フィンケ」のニューストピックワード