55件中 21 - 30件表示
  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たフライブルク・イム・ブライスガウ

    シュポルト・クラブ・フライブルク(Sport Club Freiburg)は、ドイツ南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州、フライブルク・イム・ブライスガウに本拠地を置くサッカークラブチーム。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たアルゼンチン

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たスタジアム

    金銭的なリスクの高い選手獲得とは異なり、投資失敗の可能性がほぼ無いクラブ設備やスタジアム、トレーニング場などの充実に力を入れ、選手自らが「このクラブでプレーをしたい」と思う魅力溢れるクラブに成長させる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たソーラーエネルギー

    政治的には同盟90/緑の党の支持者であるフォルカー・フィンケ、そして「環境都市」として高い評価を得ているフライブルクらしく、スタジアムの屋根にはソーラーエネルギー用のパネルが敷かれ、スタジアムで利用するほぼ全ての電気をソーラーエネルギーによって得ることができ、芝暖房でもエコ・エネルギーが利用されているなど、環境に優しいスタジアムの1つとして知られている。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たサッカー

    シュポルト・クラブ・フライブルク(Sport Club Freiburg)は、ドイツ南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州、フライブルク・イム・ブライスガウに本拠地を置くサッカークラブチーム。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たアーセナルFC

    またイングランドの名門アーセナルFC同様、よほどのことがない限り主に将来性のある(市場価値が上がる)若手選手のみを獲得してきたフィンケ監督とは違い、初シーズンから同リーグの他クラブでベンチを温めているベテラン選手を獲得するなどドゥット新監督は新たな方針も打ち出している。それによってドイツ・サッカー業界内での「16年間続いたクラブの異端さ」が失われている、という批判も多く、フォルカー・フィンケ復帰を求める声も少なくない(なお、フィンケは2009年から2010年まで日本の浦和レッズの監督に就任した)。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た日本プロサッカーリーグ

    2008年にJリーグの愛媛FCとフレンドシップ協定を結んだ(愛媛FCのホームタウンの松山市がフライブルク市と姉妹都市のため)。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たグルジア

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たサッカードイツ女子代表

    ドイツ・女子ブンデスリーガの強豪である1.FFCフランクフルトらとは違い、多くのタイトル獲得ではなくSCフライブルクの男子チーム同様有望な若手選手の獲得と育成をコンセプトとしており、トップチームの平均年齢も他チームに比べて低い。よってSCフライブルクの育成部門では女子サッカー選手の育成にも力を注いでおり、各カテゴリーで多くの代表選手を協会に送り出している。中にはドイツ代表の中心選手としてUEFA欧州女子選手権やFIFA女子ワールドカップでの優勝に貢献した名選手も数多くいる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たマンマーク

    マンマークとリベロの全盛であった時代にフィンケは「ドイツのプロサッカー界では初のこと」と言われた完全なゾーンディフェンスと前方からの積極的なプレッシング、ラインコントロールとオフサイドトラップなどを取り入れ、攻撃では豊富な運動量と高い技術を土台にショートパスをつなぎながらボールを前方に運び、サイドからのクロス攻撃ではなく、前方の空いたスペースにスルーパスを出し、相手GKとの1対1の状況をできる限り多く作り出すサッカーを志向する。名門FCバイエルン・ミュンヘンを破った際にはFCバイエルンの主将ローター・マテウスに「SCフライブルクと対戦すると12人か13人の選手を相手にしているような錯覚を得る」とテレビインタビューで言わせるなど、SCフライブルクは優れた結果のみではなくピッチ上の優れたパフォーマンスで旋風を巻き起こす。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「フォルカー・フィンケ」のニューストピックワード