55件中 31 - 40件表示
  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たドイツ語圏

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たオフサイド (サッカー)

    マンマークとリベロの全盛であった時代にフィンケは「ドイツのプロサッカー界では初のこと」と言われた完全なゾーンディフェンスと前方からの積極的なプレッシング、ラインコントロールとオフサイドトラップなどを取り入れ、攻撃では豊富な運動量と高い技術を土台にショートパスをつなぎながらボールを前方に運び、サイドからのクロス攻撃ではなく、前方の空いたスペースにスルーパスを出し、相手GKとの1対1の状況をできる限り多く作り出すサッカーを志向する。名門FCバイエルン・ミュンヘンを破った際にはFCバイエルンの主将ローター・マテウスに「SCフライブルクと対戦すると12人か13人の選手を相手にしているような錯覚を得る」とテレビインタビューで言わせるなど、SCフライブルクは優れた結果のみではなくピッチ上の優れたパフォーマンスで旋風を巻き起こす。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たFIFA女子ワールドカップ

    ドイツ・女子ブンデスリーガの強豪である1.FFCフランクフルトらとは違い、多くのタイトル獲得ではなくSCフライブルクの男子チーム同様有望な若手選手の獲得と育成をコンセプトとしており、トップチームの平均年齢も他チームに比べて低い。よってSCフライブルクの育成部門では女子サッカー選手の育成にも力を注いでおり、各カテゴリーで多くの代表選手を協会に送り出している。中にはドイツ代表の中心選手としてUEFA欧州女子選手権やFIFA女子ワールドカップでの優勝に貢献した名選手も数多くいる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たレバノン

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た左翼

    また同盟90/緑の党が長年に渡って政治の実権を握っているフライブルクらしく、同盟90/緑の党の支持者や左翼のサポーターの割合が高く、特にフォルカー・フィンケ監督時代にはクラブ自身もサポーターと共に移民の受け入れサポートやアフリカ救援、外国人排除反対の活動など、政治的もしくは社会的な活動も頻繁に行われていた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たチュニジア

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た1.FFCフランクフルト

    ドイツ・女子ブンデスリーガの強豪である1\.FFCフランクフルトらとは違い、多くのタイトル獲得ではなくSCフライブルクの男子チーム同様有望な若手選手の獲得と育成をコンセプトとしており、トップチームの平均年齢も他チームに比べて低い。よってSCフライブルクの育成部門では女子サッカー選手の育成にも力を注いでおり、各カテゴリーで多くの代表選手を協会に送り出している。中にはドイツ代表の中心選手としてUEFA欧州女子選手権やFIFA女子ワールドカップでの優勝に貢献した名選手も数多くいる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たスポンサー

    フライブルガーFCとSCフライブルクの両クラブの将来を大きく左右する事件が1972年に起きる。地元出身で様々なビジネスコネクションを持っていたアッヒム・シュトッカーが当時としては巨額な金額をサッカーに投資しようとしたあるスポンサーをフライブルガーFCに紹介するものの、フライブルガーFCの経営陣はスポンサー無しではクラブ経営が成り立たなくなる、というサッカー界の将来を見据えることができず、このスポンサーの申し入れを断る。そのためシュトッカーは当時まだフライブルガーFCの陰に隠れた存在であったSCフライブルクにこのスポンサーを紹介する。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たブラジル

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たUEFA欧州女子選手権

    ドイツ・女子ブンデスリーガの強豪である1.FFCフランクフルトらとは違い、多くのタイトル獲得ではなくSCフライブルクの男子チーム同様有望な若手選手の獲得と育成をコンセプトとしており、トップチームの平均年齢も他チームに比べて低い。よってSCフライブルクの育成部門では女子サッカー選手の育成にも力を注いでおり、各カテゴリーで多くの代表選手を協会に送り出している。中にはドイツ代表の中心選手としてUEFA欧州女子選手権やFIFA女子ワールドカップでの優勝に貢献した名選手も数多くいる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「フォルカー・フィンケ」のニューストピックワード