55件中 41 - 50件表示
  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たノーベル文学賞

    フライブルクがドイツを代表する大学都市であることも影響し、学生や大卒のサポーターが多く、シャルケ04のような労働者層ではなく、いわゆる「インテリ層」が多いことで有名。ノーベル文学賞を受賞したギュンター・グラスなどがその代表格。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たリベロ (サッカー)

    マンマークとリベロの全盛であった時代にフィンケは「ドイツのプロサッカー界では初のこと」と言われた完全なゾーンディフェンスと前方からの積極的なプレッシング、ラインコントロールとオフサイドトラップなどを取り入れ、攻撃では豊富な運動量と高い技術を土台にショートパスをつなぎながらボールを前方に運び、サイドからのクロス攻撃ではなく、前方の空いたスペースにスルーパスを出し、相手GKとの1対1の状況をできる限り多く作り出すサッカーを志向する。名門FCバイエルン・ミュンヘンを破った際にはFCバイエルンの主将ローター・マテウスに「SCフライブルクと対戦すると12人か13人の選手を相手にしているような錯覚を得る」とテレビインタビューで言わせるなど、SCフライブルクは優れた結果のみではなくピッチ上の優れたパフォーマンスで旋風を巻き起こす。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た1.FCケルン

    事実上のGM兼監督としてSCフライブルクを「田舎のアマチュアクラブ」から「ドイツを代表する模範的なプロクラブ」に育て上げたフィンケ監督はクリストフ・ダウム同様ドイツで最も高く評価される指導者の一人となり、FCバイエルン・ミュンヘンやヴェルダー・ブレーメン、バイヤー・レヴァークーゼン、1\.FCケルンなど名門クラブから次々と監督就任オファーが舞い込むが、「SCフライブルクという長期的プロジェクトを完成させたい」と他クラブへの移籍を拒否し続けた。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たイングランド

    またイングランドの名門アーセナルFC同様、よほどのことがない限り主に将来性のある(市場価値が上がる)若手選手のみを獲得してきたフィンケ監督とは違い、初シーズンから同リーグの他クラブでベンチを温めているベテラン選手を獲得するなどドゥット新監督は新たな方針も打ち出している。それによってドイツ・サッカー業界内での「16年間続いたクラブの異端さ」が失われている、という批判も多く、フォルカー・フィンケ復帰を求める声も少なくない(なお、フィンケは2009年から2010年まで日本の浦和レッズの監督に就任した)。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見た中央アジア

    長年に渡ってのクラブの黒字経営、1991年から16年間続いた名将フォルカー・フィンケ監督のコンスタントな長期政権、モダンなチーム戦術、多くの名選手を生み出した選手育成、優れたアフリカや中央アジアでのスカウティング、環境に優しいスタジアム(ソーラーエネルギー等)などドイツ・サッカー業界でも模範的なクラブとして評価が高い。また「フライブルガー・フースバルシューレ」を含む育成部門は高く評価されており、ハンザ・ロストックなどSCフライブルクを模範にして育成部門を設立、もしくは改革した中堅クラブは多い。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たバーデン=ヴュルテンベルク州

    シュポルト・クラブ・フライブルク(Sport Club Freiburg)は、ドイツ南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州、フライブルク・イム・ブライスガウに本拠地を置くサッカークラブチーム。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たスカウト (勧誘)

    長年に渡ってのクラブの黒字経営、1991年から16年間続いた名将フォルカー・フィンケ監督のコンスタントな長期政権、モダンなチーム戦術、多くの名選手を生み出した選手育成、優れたアフリカや中央アジアでのスカウティング、環境に優しいスタジアム(ソーラーエネルギー等)などドイツ・サッカー業界でも模範的なクラブとして評価が高い。また「フライブルガー・フースバルシューレ」を含む育成部門は高く評価されており、ハンザ・ロストックなどSCフライブルクを模範にして育成部門を設立、もしくは改革した中堅クラブは多い。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たマリ共和国

    2.についてはチュニジア、マリに代表されるアフリカ各国や、レバノン、グルジアに代表される西・中央アジア各国など、それまでドイツ語圏のクラブがスカウティングを全く行っていなかった各国で優れたスカウティングシステムを作り上げ、ブラジルやアルゼンチン、チェコ、旧ユーゴスラビアの各国など、多くのクラブが選手獲得のためにスカウトを送り込んでいる国々とは別のルートを作り上げる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たハンブルク

    アッヒム・シュトッカー会長はクラブ内に新しい風を吹き込める監督が不可欠とし、1991年にそれまで全くの無名でハンブルク郊外の町で高校の教師をしながら、それまでドイツ3部以下の様々なチームを率いていたフォルカー・フィンケを監督に抜擢する。このプロ監督としてはおろかプロ選手としても経験の無かった監督の招聘は周囲を大きく驚かせたが、チームはフィンケ監督就任初年度から目を見張るような飛躍を見せ、またフィンケがクラブのプロフェッショナル化を大きなビジョンとして掲げ様々なプロジェクトを開始していったため、フィンケはクラブにとって不可欠な存在となる。SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

  • SCフライブルク

    SCフライブルクから見たボスマン判決

    監督就任当初は主にドイツ2部やドイツ3部で隠れている若手選手を発掘していたフィンケだが、1995年のボスマン判決以降は金銭的に恵まれていない同クラブでのドイツ国籍選手の獲得は難しくなる。また優れたマーチャンダイジングなどにより他クラブが年間予算を巨大化していったため、フィンケ監督は街の人口や経済力など様々な背景から大々的な年間予算のアップを望めないSCフライブルクの対応策として:SCフライブルク フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「フォルカー・フィンケ」のニューストピックワード