フォード・モーター ニュース&Wiki etc.

フォード・モーター()は、ヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。いわゆるビッグスリーの一つである。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フォード・モーター」のつながり調べ

  • サンアンドレアス (グランド・セフト・オート)

    サンアンドレアス (グランド・セフト・オート)から見たフォード・モーター

    スーパーカーのBullet(バレット)やバンのSpeedo(スピード)、Interceptor(インターセプター)、Radius(レーディアス)、Sadler(サドラー)等多数の自動車が登場する。モデルはフォード・モーター。ロゴもフォードの物を真似ている。(サンアンドレアス (グランド・セフト・オート) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・C・デュラント

    ウィリアム・C・デュラントから見たフォード・モーター

    ボストンでフランス系の子として生まれる。6歳の頃に母子家庭となった。母方の祖父が裕福な家庭で、南北戦争時代にミシガン州知事を務めた名士一族であったため、祖父の地ミシガン州フリントに、デュラント10歳の時移った。学業途中から働き始めさまざまな職業を経験する中で天性の営業センスを発揮した。25歳の時に友人とともに馬車販売会社を起業。当初下請けに出した馬車製造も含め、部品製造・組立・内装・塗装を自社グループ企業での垂直統合で効率をあげて大量生産をおこない、一方で全米各地に販売網を整備し、全米最大の馬車製造会社となり40歳を前にミリオネアとなっていた。それまで嫌っていた自動車だったが、この手腕を買われて40代半ばの1904年につぶれかかったビュイック社事業を請われた。技術力はあったが経営力がなく破産寸前だったビュイック社だったが、自身の馬車事業ですでに手がけていた生産の垂直統合、販売網の活用、プロモーション方法をビュイック事業に適用し、短期間で全米トップの売上に成長させ成功させ、同じ新興企業のフォード・モーターなどと全米トップを争うまでになった。(ウィリアム・C・デュラント フレッシュアイペディアより)

「フォード・モーター」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フォード・モーター」のニューストピックワード