前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1039件中 1 - 10件表示
  • マーコス

    マーコスから見たフォード・モーターフォード・モーター

    当初のプロトタイプはフォード・モーター製1.2リッター(1172cc)エンジンが積まれていたが、ザイロンは軽量化のためコスワースチューンのフォード・モーター製1リッター(993cc)エンジンに積み換えられ、非力なエンジンながらもベニヤ合板による軽量かつ剛性の高いシャシーはレースにおいて好成績を収める要因となったが、空力に優れながらも奇抜なボディー・デザインであることから「醜いアヒル」(Ugly Duckling )という不名誉なニック・ネームが付けられる。マーコス フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・C・デュラント

    ウィリアム・C・デュラントから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ボストンで生まれる。6歳の頃母子家庭となった。母方の祖父が裕福な家庭で、南北戦争時代にミシガン州知事を務めた名士一族であったため、祖父の地ミシガン州フリントに、デュラント10歳の時移った。学業途中から働き始めさまざまな職業を経験する中で天性の営業センスを発揮した。25歳の時に友人とともに馬車販売会社を起業。当初下請けに出した馬車製造も含め、部品製造・組立・内装・塗装を自社グループ企業での垂直統合で効率をあげて大量生産をおこない、一方で全米各地に販売網を整備し、全米最大の馬車製造会社となり40歳を前にミリオネアとなっていた。それまで嫌っていた自動車だったが、この手腕を買われて40代半ばの1904年につぶれかかったビュイック社事業を請われた。技術力はあったが経営力がなく破産寸前だったビュイック社だったが、自身の馬車事業ですでに手がけていた生産の垂直統合、販売網の活用、プロモーション方法をビュイック事業に適用し、短期間で全米トップの売上に成長させ成功させ、同じ新興企業のフォード・モーターなどと全米トップを争うまでになった。ウィリアム・C・デュラント フレッシュアイペディアより)

  • ボルボ (乗用車)

    ボルボ (乗用車)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    ボルボ (Volvo) は、スウェーデンを本拠とする企業グループであるボルボ、もしくはフォード・モーター、そして現在は中国の浙江吉利控股集団傘下のボルボ・カーズで生産され、ボルボのブランドを付与された乗用車である。ボルボ (乗用車) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の世界ラリー選手権

    2007年の世界ラリー選手権から見たフォード・モーターフォード・モーター

    まず、マニュファクチャラーはフランスのシトロエン、アメリカ(ただしラリー活動の主導権を握っているのはフォード・ヨーロッパである)のフォード、そして日本のスバル、OMVクロノス・シトロエンWRT、フォードのサテライトチームであるストバート・VK・Mスポーツ・フォードの以上5チーム。2007年の世界ラリー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • オートラマ

    オートラマから見たフォード・モーターフォード・モーター

    オートラマ(Autorama)とは、かつて存在した自動車販売網ブランド。マツダとフォードが作った、フォード車販売チャネルである。オートラマ フレッシュアイペディアより)

  • フォード・ファルコン (オーストラリア)

    フォード・ファルコン (オーストラリア)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    ファルコン (北米) はフォード・モーターによって1960年から1970年にかけて生産されたモデルで、オーストラリアのファルコンのベースになったモデルである。フォード・ファルコン (オーストラリア) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・フォード

    ヘンリー・フォードから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ヘンリー・フォード(Henry Ford 、1863年7月30日 - 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。遺産のほとんどをに遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。ヘンリー・フォード フレッシュアイペディアより)

  • BMW

    BMWから見たフォードフォード・モーター

    70年代のドイツレーシングカー選手権(ドイツツーリングカー選手権の前身)では、2002tiや320i Turbo(E21)、3.0CSLでポルシェやフォードと熾烈な争いを繰り広げ、DTM(ドイツツーリングカー選手権 第1期)時代には1980年代から1990年代にかけて635CSiやM3(E30)でベンツやフォード、アウディと激闘を繰り広げた。BMWはDTMで華々しい活躍を見せ1994年まで参戦を続けた。撤退後は度々参戦を噂されながらなかなか参戦に踏み切らなかったが、2012年、を駆って同シーズンよりDTM(ドイツツーリングカー選手権 第2期)へ参戦する。BMW フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1979年 - フォード・モーターが資本参加し、株式の24.5%を取得。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1990年代後半、トヨタが先陣を切って普及させた技術としては、内燃機関における吸気時期電子制御システム"VVT-i( Intelligent Valuable Valve Timing Control)であるただし最初に開発・実用化したのはフォード社。。これは従来、エンジン機関の全体的回転タイミングによって吸気していたものに代え、電子制御により強制的適量吸気を実現したもので、国土交通省(旧運輸省)低排出ガス車認定基準へのほとんどの車種の適合を実現した一要素である。日産自動車のNVCSや富士重工業のAVCS、本田技研工業のi-VTEC、三菱自動車工業のMIVECなどは同種のシステムである。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1039件中 1 - 10件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード