1039件中 91 - 100件表示
  • クリス・ニッセン

    クリス・ニッセンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1995年にはフォードでドイツSTWスーパーツーリングカーカップに参戦し、1996、1997、1999年にはアウディから同選手権に参戦した。1999年には、フォルクスワーゲン・ビートルでこの年に開始したデンマークツーリングカー選手権にもスポット参戦した。2000年にはDTMに再参戦を果たし、クリスチャン・アプトとアウディ・TTを走らせた。2001年と2002年にはV8スター選手権に参戦し、これを最後に現役を引退した。クリス・ニッセン フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・シャルボノー

    フィリップ・シャルボノーから見たフォードフォード・モーター

    シャルボノーは、ルノー、フォード。ドライエ、ベルリエ、ブガッティ等のメーカーのデザインを担当した。フィリップ・シャルボノー フレッシュアイペディアより)

  • マーキュリー・マウンテニア

    マーキュリー・マウンテニアから見たフォード・モーターフォード・モーター

    マーキュリー・マウンテニア(Mercury Mountaineer)はフォード・モーターが米国で生産していたマーキュリーディビジョン向けのSUVである。マーキュリー・マウンテニア フレッシュアイペディアより)

  • 栗木安延

    栗木安延から見たフォード・モーターフォード・モーター

    大学院時代や研究員時代は、地方史の編纂や労働関係の統計調査に従事していた。その後、日本の労働運動史を専門に研究していたが、次第にフォード・モーターの労使関係に関心が移り、長年かけてフォード・モーターの関係文書を入手。代表作である『アメリカ自動車産業の労使関係』にまとめている。栗木安延 フレッシュアイペディアより)

  • ニューエンパイヤモーター

    ニューエンパイヤモーターから見たフォードフォード・モーター

    ニューエンパイヤモーター株式会社はフォード車の東京地区における輸入販売業者。フォードは第二次世界大戦前より、「一都市・一資本・一企業」を原則として代理店契約を結んだため、GM系の梁瀬自動車(後のヤナセ)のような強大なディーラーが育たなかった。ニューエンパイヤは東京地区のフォード販売店としてその中では最大の勢力を有していた。ニューエンパイヤモーター フレッシュアイペディアより)

  • パンサー・ウェストウインズ

    パンサー・ウェストウインズから見たフォードフォード・モーター

    カリスタ(1982年発売) - 新オーナーの元、リマのエンジンを英国フォード製に、車体を韓国製アルミニウムとした改良型。2900ccエンジン版は0-60マイル加速8秒以下と高性能であった。雙龍自動車に吸収合併後、「雙龍・カリスタ」として73台が追加生産された。パンサー・ウェストウインズ フレッシュアイペディアより)

  • オールズモビル・トロネード

    オールズモビル・トロネードから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1958年以来オールズモビルは技術者のジョン・ベルツ(John Beltz、後にオールズモビル・ディビジョンの長となる)に率いられたプロジェクトで前輪駆動の開発を行ってきていた。当初はより小型のF-85シリーズ(F-85 line)に応用する計画であったが、コストと実験特性からより大型で高価格の車に適用することになった。フォード・モーター社の技術者F. J. フーヴェン(F. J. Hooven)は類似の前輪駆動レイアウトの特許を取っており、フォード社は1961年モデルのフォード・サンダーバードの設計にこれを取り入れることを真剣に検討していた。しかし、このような新規技術をそのような短期間で開発するというのは懐疑的な計画であった。オールズモビル・トロネード フレッシュアイペディアより)

  • メルクール

    メルクールから見たフォード・モーターフォード・モーター

    メルクール(Merkur)はアメリカのフォード・モーターが1985年から1989年まで製造・販売していた自動車のブランド名。ヨーロッパフォード開発の車を北米市場にて販売する目的で立ち上げられた。ブランド名の由来はマーキュリーを意味するドイツの単語。メルクール フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・ド・ブラジル

    フォルクスワーゲン・ド・ブラジルから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1987年から1995年までは、アメリカ合衆国のフォード・モーター・カンパニーとの合弁会社である「アウトラチーナ」(AutoLatina)を運営していた。同社では、「フォード・エスコート」のフォルクスワーゲン版の「ポインター」を生産していた他、「サンタナ」のフォード版である「ヴェルサイユ」を生産するなど、共同生産することによるコスト削減を画策していたものの、1995年に合弁を解消した。フォルクスワーゲン・ド・ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・シュレッサー

    ジョー・シュレッサーから見たフォードフォード・モーター

    1968年7月、シュレッサーはF1フランスグランプリにホンダ・RA302でスポット参戦することになった。彼はF1におけるレギュラードライバーの経験はなく、それまでも1966年と翌年のドイツグランプリをフォード・コスワースエンジンを載せたF2仕様のマトラで走ったのみだった。彼が起用されたのは主催者側が追加エントリーの条件としてフランス人ドライバーを乗せることを要求したためである。一方、このレースからホンダが投入することになったRA302は、ホンダの創始者本田宗一郎が固執した自然通気の空冷エンジンで、当時イギリスを本拠に活動していたホンダチームの現状をほとんど無視して日本から送りつけられてきたものだった。チーム監督だった中村良夫は、チャンピオンドライバーのジョン・サーティースの信頼と協力を得て年間優勝を賭けたこのシーズンに、日本での空冷マシン開発で人員と労力を奪われたことに忸怩たるものがあり、加えてシルバーストンでテストしたRA302はオーバーヒートがひどく、熟成が進んだRA301の調整を優先せざるをえなかった。レース当日、重く雲の垂れ込めたフランス・ルーアンでシュレッサーのRA302はオーバーヒートを防ぐための多量のオイルを吹き出しての走行となり、また英語を解さないシュレッサーはチームとのコミュニケーションに通訳が必要で、セットアップもままならずプラクティスからスピンを繰り返した。16番グリッドからの出走(エンジンブローで満足に走らなかったマシンより速かった)となった決勝で天候は悪化し、シュレッサーのマシンは3ラップ目にメインストレート先の下りSベンドでコントロールを失い、まっすぐ土手にクラッシュ、仰向けでコース脇に落ちると満載した燃料とマグネシウムを多用したボディは激しく炎上し、彼は帰らぬ人となった。ジョー・シュレッサー フレッシュアイペディアより)

1039件中 91 - 100件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード