1289件中 91 - 100件表示
  • ナイトライダー

    ナイトライダーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    本作では、ナイト2000に代わってスポンサーであるフォード製のシェルビー マスタングGT500KRをベースとしたナイト3000が登場する。搭載されているAIの名称はナイト2000と同じくK.I.T.T.であるが、正式名称は「Knight Industries Three Thousand」となっており、初代K.I.T.T.とは"別人"である。新型K.I.T.T.はナノマシンによる変形機構を備え、ノーマルのマスタングの他、1969年型のクラシックマスタング、ピックアップトラック(フォード F-150 FX4)、バン(E150)、SUV(フォード・フレックス)、パトカー(クラウンビクトリア・ポリスインターセプター)など、形状・色等の外観どころか、内装までもが全く異なる車に変形できる。この他、過激なエアロパーツで武装した「アタックモード」と呼ばれるモードに変形でき、かつてのナイト2000を凌駕する機構を多数備えている。主な機構は以下の通り。ナイトライダー フレッシュアイペディアより)

  • バーキング・アンド・ダゲナム区

    バーキング・アンド・ダゲナム区から見たフォード・モーターフォード・モーター

    区内の住宅のほとんどが1918年から1939年の戦間期に、ロンドン州議会によって建てられたものである。スラム状態からの脱却を目指すイーストエンド・オブ・ロンドンの他の地域と同様に、バーキング・アンド・ダゲナム・ロンドン特別区の主要地域は、ダゲナムにおけるフォード・モーター工場の建設などに見られる新興の自動車産業や薬品産業の進出した時期に開発された。だが、1980年代にそれらの産業が傾くと、雇用の中心はサービス産業へと移っていった。地域のほとんどがテムズ・ゲートウェイに位置するロンドン・リバーサイド内にあり、現在は再開発地域に指定されている。主要な再開発地域となるバーキングには5,000万ポンドの予算がつけられた。バーキング・アンド・ダゲナム区 フレッシュアイペディアより)

  • リンカーン・ナビゲーター

    リンカーン・ナビゲーターから見たフォード・モーターフォード・モーター

    リンカーン・ナビゲーター (Lincoln Navigator) はアメリカのフォード・モーターが同社の高級車部門にあたるリンカーン・ブランドで製造・販売している大型高級SUVである。リンカーン・ナビゲーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モデルT

    フォード・モデルTから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・モデルT (Ford Model T) は、アメリカ合衆国のフォード・モーター社が開発・製造した自動車である。フォード・モデルT フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・エブリイ

    スズキ・エブリイから見たフォード・モーターフォード・モーター

    台湾・福特六和においては2代目が「フォード・プロント」、4代目が「フォード・PRZ」としても販売された。スズキ・エブリイ フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    一方アメリカでは、技術者ウィリアム・スタウト (William B. Stout) が1935年、別のアプローチからリアエンジン方式を応用し、まったく新しいコンセプトのモノスペース車を開発した。現代のミニバンの始祖とも言うべき流線型試作車「スタウト・スカラブ」である。航空機や鉄道車両のような発想を取り入れ、流線形のモノスペースボディを備えたこの車は、流線形リアエンジンで先行したジョン・ジャーダが実車デザインに携わっており、フォードのV型8気筒エンジンを車体後部に搭載することで、広い室内容積とレイアウトの自由度を得ていた。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・アテンザ

    マツダ・アテンザから見たフォード・モーターフォード・モーター

    2002年5月20日に発表。マツダにとってはトリビュートが発表された2000年10月以来1年半ぶりの自社製新型車である。また、この系統で「カペラ」の名称を使用しないのは1994年にクロノスが6代目カペラに置き換えられる際以来の8年ぶりである。ボディタイプは「スポーツ」と称するハッチバックとセダン、ステーションワゴンの3種類。プラットフォームは、マツダ・GGプラットフォーム(セダン、スポーツ)およびマツダ・GYプラットフォーム(スポーツワゴン)を採用。「ボルト以外は全て一新」とPRされた様に「MZRエンジン」を含め全てがマツダの主導による新開発であり、以降のフォードのミドルクラス車(フュージョンなど)の基本プラットフォーム「CD3プラットフォーム」のベースとして採用される渾身の力作となった。マツダ・アテンザ フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フェラーリ

    エンツォ・フェラーリから見たフォード・モーターフォード・モーター

    このようにフェラーリは高い名声を勝ち取ったものの、過剰なモータースポーツへの投資や労使紛争、さらに1961年11月にはカルロ・キティら主要メンバーによるクーデターが勃発しカルロ・キティやジオット・ビッザリーニら役員8名がフェラーリを去るなどの事件が起きたことも影響し、1960年代初頭には経営が苦境に陥った。その後1963年にアメリカ合衆国のフォードとの間で買収交渉を進めたが、調印寸前で交渉は決裂した。エンツォ・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • デュアルクラッチトランスミッション

    デュアルクラッチトランスミッションから見たフォード・モーターフォード・モーター

    2013年現在、デュアルクラッチトランスミッションはスポーツカーの代名詞的存在になっており、ポルシェ製品の大多数がPDKを搭載する他、フェラーリ、ランボルギーニといったスポーツカーブランドだけでなくアウディ、BMW、メルセデス・ベンツ、ボルボ、アルファロメオ、フォード、現代自動車、ルノーなど多数のメーカーが公道車用に採用している。デュアルクラッチトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    モナコGPでF1デビュー。この年はブルース・マクラーレンのみの1カーエントリーでM2Bを使用。エンジンはフォードとを併用。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

1289件中 91 - 100件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード