1289件中 11 - 20件表示
  • ボルボ・カー・ジャパン

    ボルボ・カー・ジャパンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    かつては日本国内でフォード・モーター系列のインポーターとして、 ボルボ・カーズ・ジャガー・デイムラー(Daimler Motoren)・ランドローバー・アストンマーティンで構成される「プレミアム・オートモーティブ・グループ」(PAG)を統括する日本法人として活動していた。各ブランドのカラーを維持したまま効率の良いビジネスを目指すべく、営業・マーケティングは各ブランドで独立して行い、輸入権・国内流通前整備・部品供給・人事・経理などのバックオフィス部門を当該会社に全て集約していた。ボルボ・カー・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • フォード・ファルコン (オーストラリア)

    フォード・ファルコン (オーストラリア)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・モーターによって1960年から1970年にかけて生産されたモデルで、オーストラリアのファルコンのベースになったモデルである。フォード・ファルコン (オーストラリア) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・フォード

    ヘンリー・フォードから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ヘンリー・フォード(Henry Ford, 1863年7月30日 - 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。遺産のほとんどをフォード財団に遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。ヘンリー・フォード フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車

    輸入車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    メーカー側の事情もある。GMやフォードの北米生産車では、1990年代の後半には積極的に右ハンドル仕様車を用意したが、2000年代後半に入り再び左ハンドル車に戻した(キャデラック・セヴィルの後継車種であるSTS、フォード・エクスプローラーがその代表例)。これは、両メーカーの業績が悪化したため、右ハンドル車を設計・製造し世界市場へ展開する余力が無くなったからである。キャデラックSTSに関しては2008年モデルから右ハンドル仕様車が再投入されたものの、2015年時点では、右ハンドル仕様のキャデラックは用意されていない。輸入車 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・プレマシー

    マツダ・プレマシーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    日本国外での市場では初代はプレマシーとして販売されたが、2代目以降はMazda5(マツダ5)として販売される。また、2代目ベースの車両が台湾・福特六和(台湾フォード)で「フォードi-MAX」として2012年1月現在においても発売されている。本項ではフォードブランドで販売されたフォード・イクシオンについても述べる。マツダ・プレマシー フレッシュアイペディアより)

  • ル・マン24時間レース

    ル・マン24時間レースから見たフォード・モーターフォード・モーター

    その後1963年に、スポーツカーレースでの活躍を望んでいたヘンリー・フォード二世率いるフォードが買収することになり、マラネッロの本社で契約の直前までこぎつけた。しかし、モータースポーツ部門を引き続き統括したかったエンツォ・フェラーリが突如これを破棄した(なおこの背景には、フェラーリを外国の企業に渡したくなかったフィアット・グループのトップのジャンニ・アニェッリの意向も影響していたと言われる)。ル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・デミオ

    マツダ・デミオから見たフォード・モーターフォード・モーター

    初代フェスティバ以来の旧小型車用プラットフォームの使用をやめ、17年ぶりにフォードと共同開発した新世代小型車用プラットフォームである、マツダ・DYプラットフォームを使用している。初めてフォード・フィエスタとプラットフォームが共通化された。エンジンは先代と同じく1,300ccと1,500ccの2種類だが、いずれも新開発の「MZR」系エンジンに一新されている。可変バルブタイミング仕様DOHC・後方排気レイアウトを採用し、エンジン特性改善や燃費・環境対策を図っている。駆動方式は前輪駆動のほか、日産自動車より供給を受ける、e-4WD方式の四輪駆動が途中から設定された。ボディは先代の機能主義を継承しながら、欧州での必須用件となる空力の改善を優先して設計されている。スタイリングはマツダが統一戦略として打ち出したスポーティなものとされ、フロントグリル、ボンネット形状などのモチーフは上位クラスの同車との共通性を持たせている。マツダ・デミオ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1990年代後半、トヨタが先陣を切って普及させた技術としては、内燃機関における吸気時期電子制御システム"VVT-i( Intelligent Valuable Valve Timing Control)であるただし最初に開発・実用化したのはフォード社。。これは従来、エンジン機関の全体的回転タイミングによって吸気していたものに代え、電子制御により強制的適量吸気を実現したもので、国土交通省(旧運輸省)低排出ガス車認定基準へのほとんどの車種の適合を実現した一要素である。日産自動車のNVCSや富士重工業のAVCS、本田技研工業のi-VTEC、三菱自動車工業のMIVECなどは同種のシステムである。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・コスワース・FVA

    フォード・コスワース・FVAから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・コスワース・FVAエンジン(Ford cosworth FVA engine)は、フォードの資金提供を受けたコスワースによって製作されたフォーミュラ2(F2)用エンジン。FVAエンジンは、世界で初めて狭角4バルブのペントルーフ型燃焼室を採用したレーシングエンジンで、F2が1,600ccで始まった1967年から終了する1971年まで天下無敵の快進撃を続けた。FVAの名称は、「Four Valve type A」からとった。フォード・コスワース・FVA フレッシュアイペディアより)

  • レオ・モーター・カー・カンパニー

    レオ・モーター・カー・カンパニーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1907年にレオは3,967台を販売し米国の自動車販売の第3位に位置し、その売上は400万米ドルを記録し四大自動車製造会社の一角を占めていた。(販売台数1位はフォード14,887台、2位はビュイック4,641台で、前年1906年のキャディラックとランブラーは順位を下げた。1904年にオールズが抜けたオールズモビルはカーブドダッシュのおかげで1903年から1905年まで1位だった。) オールズのデザインする自動車は進歩していたにもかかわらず、1908年以降レオのシェアは減り続ける。1910年代はフォード、ウィリス=オーバーランド、GMの寡占化、さらに1920年代にはフォードとGMが人気を得て2大会社となっていったことがその理由の一つだった。(GMは現在のGMの前身にあたる企業として1908年に買収したビュイックをベースに結成され、すぐにオールズモビル、キャディラック、オークランド(ポンティアック)をも吸収している。)レオ・モーター・カー・カンパニー フレッシュアイペディアより)

1289件中 11 - 20件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード