1039件中 11 - 20件表示
  • フォード・カプリ

    フォード・カプリから見たフォード・モーターフォード・モーター

    コンサル・カプリ:1961年から1964年にイギリス・フォードで生産。フォード・カプリ フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチン・ラゴンダ

    アストンマーチン・ラゴンダから見たフォード・モーターフォード・モーター

    テールフィンおよびフォード・エドセルにも似た、長円形(Horse collar:ホース カラー=馬車馬の首輪と呼ばれる)のラジエーターグリルが目立つスタイルが与えられた。アストンマーチン・ラゴンダ フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    一方アメリカでは、技術者ウィリアム・スタウト (William B. Stout) が1935年、別のアプローチからリアエンジン方式を応用し、まったく新しいコンセプトのモノスペース車を開発した。現代のミニバンの始祖とも言うべき流線型試作車「スタウト・スカラブ」(Stout Scarab) である。航空機や鉄道車両のような発想を取り入れ、流線型のモノスペースボディを備えたこの車は、フォードのV型8気筒エンジンを車体後部に搭載することで、広い車内容積とレイアウトの自由度を得ていた。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ヨロズ

    ヨロズから見たフォード・モーターフォード・モーター

    サスペンション部品においては、日産自動車、本田技研工業、マツダ、スズキ、いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業など日本の全完成車メーカーおよびゼネラルモーターズ、フォード、フォルクスワーゲンなど海外完成車メーカー向けに出荷しており、サスペンション部品およびモジュールサプライヤーとして国内トップシェアを誇っている。ヨロズ フレッシュアイペディアより)

  • 東北海道いすゞ自動車

    東北海道いすゞ自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    東北海道いすゞ自動車株式会社(ひがしほっかいどういすずじどうしゃ)は、北海道帯広市に本社を置く、いすゞ自動車、フォード・モーターの車種を販売する自動車販売会社。北海自動車工業株式会社のグループ会社である。東北海道いすゞ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • レオ・モーター・カー・カンパニー

    レオ・モーター・カー・カンパニーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1907年にレオは3,967台を販売し米国の自動車販売の第3位に位置し、その売上は400万米ドルを記録し四大自動車製造会社の一角を占めていた。(販売台数1位はフォード14,887台、2位はビュイック4,641台で、前年1906年のキャディラックとランブラーは順位を下げた。1904年にオールズが抜けたオールズモビルはカーブドダッシュのおかげで1903年から1905年まで1位だった。) オールズのデザインする自動車は進歩していたにもかかわらず、1908年以降レオのシェアは減り続ける。1910年代はフォード、ウィリス=オーバーランド、GMの寡占化、さらに1920年代にはフォードとGMが人気を得て2大会社となっていったことがその理由の一つだった。(GMは現在のGMの前身にあたる企業として1908年に買収したビュイックをベースに結成され、すぐにオールズモビル、キャディラック、オークランド(ポンティアック)をも吸収している。)レオ・モーター・カー・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • パッカード

    パッカードから見たフォード・モーターフォード・モーター

    しかし1920年代中期以降、ゼネラルモーターズやフォード・モーターが大衆車から高級車に至るフルラインの販売戦略をとり始め、加えて世界大恐慌によってパッカードの市場であった高級車の売り上げが落ちてきた。パッカード フレッシュアイペディアより)

  • 日本における自動車

    日本における自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    当初はアメリカからの輸入がほとんどで、特にフォード・モーターは1925年または1926年横浜に組立工場を建設しトラックを主力として生産を開始、これに遅れて1927年にゼネラルモーターズが大阪に工場を建設しシボレーブランドを中心に拡販に注力したが、フォード5,000台に対しシボレー500台程度の比率であったという。日本における自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ファイアストン

    ファイアストンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    同社は19世紀後半にドイツ系アメリカ人のハーベイ・ファイアストーンによって設立された。ファイアストンはすぐにヘンリー・フォードによる自動車の大量生産によって、タイヤ市場の巨大な可能性を理解した。ファイアストンはフォード・モーターと関係を深め純正タイヤサプライヤーとなり、市場における交換タイヤの販売においても活発に活動した。ファイアストン フレッシュアイペディアより)

  • フォード・コスワース・FVA

    フォード・コスワース・FVAから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・コスワース・FVAエンジン(Ford cosworth FVA engine)は、フォードの資金提供を受けたコスワースによって製作されたフォーミュラ2(F2)用エンジン。FVAエンジンは、世界で初めて狭角4バルブのペントルーフ型燃焼室を採用したレーシングエンジンで、F2が1,600ccで始まった1967年から終了する1971年まで天下無敵の快進撃を続けた。FVAの名称は、「Four Valve type A」からとった。フォード・コスワース・FVA フレッシュアイペディアより)

1039件中 11 - 20件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード