1039件中 21 - 30件表示
  • フォード・モデルT

    フォード・モデルTから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・モデルT(Ford Model T)は、アメリカ合衆国のフォード・モーター社が開発・製造した自動車である。フォード・モデルT フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トーラス

    フォード・トーラスから見たフォード・モーターフォード・モーター

    トーラス () は、フォード・モーターが製造・販売する、普通乗用車である。フォード・トーラス フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・AJ-V8エンジン

    ジャガー・AJ-V8エンジンから見たフォードフォード・モーター

    1997年に登場したジャガーの歴史上4番目に開発されたエンジンで、直列6気筒のジャガー・AJ6エンジン(および派生型のAJ16エンジン)とジャガー・V12エンジンを置き換えた。その後ジャガー・AJ-V6エンジンを搭載したSタイプが登場する1999年まで、AJ-V8はジャガーの唯一のエンジンだった。AJ-V8は3.2Lから5.0Lのバリエーションがあり、スーパーチャージャーを搭載したバージョンもある。フォードはこのコンパクトなV8エンジンを他のブランドにも搭載し、リンカーン・LSや11代目フォード・サンダーバード、いくつかのランドローバーにも搭載された。ジャガー・AJ-V8エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 1988年メキシコグランプリ

    1988年メキシコグランプリから見たフォードフォード・モーター

    約2,300メートルの高地にあり気圧が平地よりも低いことから、昨年に続きターボエンジン車が上位を独占し、フェラーリのゲルハルト・ベルガーとミケーレ・アルボレートが3位と5位に、ロータス・ホンダのネルソン・ピケと中嶋悟がそれぞれ4位と6位に続いた。なお6位の中嶋は、予選での本人のみならず、日本人としての過去最高順位となった。自然吸気エンジン勢のトップは、8位のベネトン・フォードのアレッサンドロ・ナニーニだった。1988年メキシコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/8

    マクラーレン・MP4/8から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1992年いっぱいでホンダエンジンを失ったマクラーレンは代替エンジンの獲得に苦労し、1993年はフォードHBエンジンを搭載することとなった。しかし、すでにベネトンがフォードとワークス供給契約(シリーズVI,VII,VIIIを使用)を結んでいたため、カスタマー契約で型落ちのシリーズVエンジンを搭載した。その後、ベネトン、マクラーレン、フォード3者の合意により、第9戦イギリスGPからはマクラーレンへもワークス供給の体制(シリーズVII,VIII)が取られた。マクラーレン・MP4/8 フレッシュアイペディアより)

  • バーキング・アンド・ダゲナム・ロンドン特別区

    バーキング・アンド・ダゲナム・ロンドン特別区から見たフォード・モーターフォード・モーター

    区内の住宅のほとんどが1918年から1939年の戦間期に、ロンドン州議会によって建てられたものである。スラム状態からの脱却を目指すイーストエンド・オブ・ロンドンの他の地域と同様に、バーキング・アンド・ダゲナム・ロンドン特別区の主要地域は、ダゲナムにおけるフォード・モーター工場の建設などに見られる新興の自動車産業や薬品産業の進出した時期に開発された。だが、1980年代にそれらの産業が傾くと、雇用の中心はサービス産業へと移っていった。地域のほとんどがテムズ・ゲートウェイに位置するロンドン・リバーサイド内にあり、現在は再開発地域に指定されている。主要な再開発地域となるバーキングには5,000万ポンドの予算がつけられた。バーキング・アンド・ダゲナム・ロンドン特別区 フレッシュアイペディアより)

  • ミッコ・ヒルボネン

    ミッコ・ヒルボネンから見たフォードフォード・モーター

    2003年よりフォードから世界ラリー選手権(WRC)にフル参戦を果す。その後引退するトミ・マキネンから推薦を受け、2004年にスバルへ移籍するものの、ペター・ソルベルグ中心のチーム体制に馴染めずミスを重ねてシーズン終了後にチームから放出される憂目を体験する。しかし、その翌年の2005年にフォード・フォーカスの型落ちマシンでスポット参戦し、カタルニアラリーで3位表彰台を獲得するなど大きな活躍を見せた事が評価され、2006年からは再びフォードワークスから参戦、同年には初優勝を決めてドライバーズタイトルランキング3位となる。2007年もノルウェー、ジャパン、GBと3勝をあげ前年同様のランキング3位とし、フォードの2年連続マニュファクチャラーズタイトル獲得に大きく貢献した。ミッコ・ヒルボネン フレッシュアイペディアより)

  • フォード GPA

    フォード GPAから見たフォードフォード・モーター

    フォード GPAとは、フォード社によって開発された、アメリカ合衆国の水陸両用車である。フォード GPA フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たフォード・モーターフォード・モーター

    エンジンをBMWターボからフォードTEC V6ターボに変更。これは前年にハース・ローラチームに搭載されていたものを改良したエンジンである (実質的な開発はコスワースが担当)。チームに初優勝をもたらしたベルガーがフェラーリに移籍したことに伴い、アロウズからティエリー・ブーツェンを迎えた。この年はファビがファステストラップと3位を1回、ブーツェンが3位を1回記録した以外は振るわなかった。しかし、完走率は41パーセントから50パーセントと向上しており、コンストラクター順位でもひとつ上がって5位となった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • 満州国の経済

    満州国の経済から見たフォード・モーターフォード・モーター

    満州では、外国の実業家が「満州国("Manchukuo")」をもじって「日本州国("Japanachukuo")」と呼ぶほど、日本人の進出が進んでいて、日本が全額出資する満鉄と満州重工業開発が支配する特殊法人が国内の主要産業を独占していた。鮎川義介は、投資機会をアメリカなど外国に分配することを求めたが、外国の影響を嫌う関東軍に拒絶された。明治期、エドワード・ヘンリー・ハリマンの南満州鉄道への経営参画を阻止した経験は、満洲国建国後も、国家経営に影響することになる。しかし建国後間もなく、フォード・モーターやゼネラルモーターズなどのアメリカ企業や、香港上海銀行やP&Oなどのイギリス企業をはじめとする各国の大手企業が満洲国内に支店を置き営業を行い、フォード・モーターやゼネラルモーターズなどは乗用車で半分以上のシェアを獲得している。満州国の経済 フレッシュアイペディアより)

1039件中 21 - 30件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード

  • Dean Fujioka − History Maker (TJO Remix)

  • 平和の集い

  • ナガサキ原爆被災展〜我孫子から平和を願う〜