1289件中 21 - 30件表示
  • ローラ・LC88

    ローラ・LC88から見たフォード・モーターフォード・モーター

    ローラ・LC88 (Lola LC88) はフランスのレーシングチーム、ラルース・カルメルがのF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。エンジンはフォード-コスワース DFZを搭載した。LC88Cはランボルギーニエンジンを搭載し、の初戦に出場した。ローラ・LC88 フレッシュアイペディアより)

  • MGM-51 (ミサイル)

    MGM-51 (ミサイル)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    MGM-51 シレイラ()は、アメリカ合衆国のフォードによって開発されたアメリカ陸軍の対戦車ミサイルである。MGM-51は、通常の砲から発射できるように設計され、当初、1960年代-1970年代にかけての装甲戦闘車両用の短距離、中距離、長距離攻撃システムのうち中距離部分を担うことを目的としたが、目的を達成する代わりにその設計思想の実現が困難であることが判明した。MGM-51 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 長安汽車

    長安汽車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    2001年にはフォード・モーターと合弁で長安フォード汽車(長安福特汽車有限公司)を設立した。長安汽車 フレッシュアイペディアより)

  • マッスルカー

    マッスルカーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    オーストラリアでは、ホールデン(GM傘下)やフォード・モーターが初期の頃から独自にマッスルカーを製造販売しており、その名残は現在でも見ることができる。マッスルカー フレッシュアイペディアより)

  • 1988年メキシコグランプリ

    1988年メキシコグランプリから見たフォードフォード・モーター

    約2,300メートルの高地にあり気圧が平地よりも低いことから、昨年に続きターボエンジン車が上位を独占し、フェラーリのゲルハルト・ベルガーとミケーレ・アルボレートが3位と5位に、ロータス・ホンダのネルソン・ピケと中嶋悟がそれぞれ4位と6位に続いた。なお6位の中嶋は、予選での本人のみならず、日本人としての過去最高順位となった。自然吸気エンジン勢のトップは、8位のベネトン・フォードのアレッサンドロ・ナニーニだった。なお、予選2日目にローラ・カーズのフィリップ・アリオーが最終コーナーでグリップを失いウォールに激突しマシンが横転する大クラッシュを演じたが無傷だったため決勝に進出した。1988年メキシコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • テン・ベスト・エンジン

    テン・ベスト・エンジンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード 1.0L I3 DOHCターボ Ecoboostテン・ベスト・エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のル・マン24時間レース

    1970年のル・マン24時間レースから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォードは目的を達したとしてヨーロッパのレース出場を止めた。1970年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・マーク6

    ロータス・マーク6から見たフォード・モーターフォード・モーター

    企画段階から量産が考えられており、コーリン・チャップマンはフォード・コンサル・コーティナ用の最新エンジンを搭載しようとフォードに相談したが、フォード側は無名の会社にエンジン単体を販売する気はなく、拒否された。チャップマンの父スタンレーからもフォード社長に手紙を書いたが返事はなく、コーリン・チャップマンはフォードのディーラーを回って部品を入手しエンジンを組み上げた。ロータス・マーク6 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の自動車

    世界の自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    第4巻:オペル/ドイツ・フォード(青山順:編著)世界の自動車 フレッシュアイペディアより)

  • エルヴァ (自動車)

    エルヴァ (自動車)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    設計者フランク・ニコルズは1954年にフォード製エンジンを改造し、全輪独立懸架の多鋼管フレームに載せたレーシングカーを製作しCSMスペシャルと名付けた。エルヴァ (自動車) フレッシュアイペディアより)

1289件中 21 - 30件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード