1039件中 31 - 40件表示
  • カーバンクニムラ

    カーバンクニムラから見たフォード・モーターフォード・モーター

    株式会社カーバンクニムラとは、広島県広島市安佐南区に本社のある、ハマー・GM・フォード・サリーン・クライスラー・TVR・ロータス・ルノーの正規ディーラーを運営する企業である。カーバンクニムラ フレッシュアイペディアより)

  • フォード・ジャパン

    フォード・ジャパンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ”フォード・ジャパン・リミテッド”(Ford Japan Limited,略称:FJL)はアメリカの自動車メーカー、フォード・モーターの100%子会社で、日本においてフォード・モーターの自動車を輸入販売する会社だが、日本の会社ではなく米国法に基づいて設立された会社である。登記上の本店は米国ミシガン州ディアボーン。日本における本社は東京都港区。フォード・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ガルデマイスター

    トニ・ガルデマイスターから見たフォードフォード・モーター

    2005年はフォードへ移籍。モンテカルロ、アクロポリス、コルシカで自身最高の総合2位を獲得するも、初優勝には届かず、ドライバーズランキング4位に終わる。トニ・ガルデマイスター フレッシュアイペディアより)

  • ディアボーン (ミシガン州)

    ディアボーン (ミシガン州)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    ディアボーンはヘンリー・フォードを生んだ地であり、またフォード・モーターが本社を置く地でもある。ディアボーンにあるフォードのリバー・ルージュ工場は、初期にはフォード・モデルTを、また1960年代にはフォード・マスタングを生産していた。全盛期には、この工場は120,000人の従業員を抱えていた。ディアボーン (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • ピー・エー・ジーインポート

    ピー・エー・ジーインポートから見たフォード・モーターフォード・モーター

    かつては日本国内でフォード・モーター系列のインポーターとして、「プレミアム・オートモーティブ・グループ」の取り扱いブランドを統括する日本法人として活動していた。各ブランドのカラーを維持したまま効率の良いビジネスを目指すべく、営業・マーケティングは各ブランドで独立して行い、輸入権・国内流通前整備・部品供給・人事・経理などのバックオフィス部門を当該会社に全て集約していた。ピー・エー・ジーインポート フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・リーランド

    ヘンリー・リーランドから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1902年、精密工作の権威として名が売れていたリーランドはヘンリー・フォード・カンパニーのチーフエンジニアの職を打診される。この会社はその名の通りヘンリー・フォードをチーフエンジニアとしていたが、大衆車を目指したいフォードと高級車志向の出資者との対立からフォードはこの会社を辞していた。フォードは翌年フォード・モーターを立ち上げている。ヘンリー・リーランド フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1923年の関東大震災により路面電車が使えなくなった東京市(当時)が、代替バスのベース車両用にフォード社に1000台のT型を発注した。しかしフォードは800台しか対応できず、逆にここに商機をみたフォード社は1925年に横浜に組立工場を建設し、日本市場の開拓に乗り出す。2年後、ゼネラルモーターズがフォードを追って、大阪にシボレー組立工場(日本ゼネラル・モータース)を建設した。この2社により日本での初期のモータリゼーションが始まった。トラックやバスへの架装も多く乗用車は主にタクシー用途に使われた。輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1971年(昭和46年)には、低公害技術であるCVCCを発表。米国でマスキー法という環境規制法が成立しており、その規制開始期限までに規制に対応するエンジンは世界中のメーカーが開発不可能と言われていたほど厳格な規制であった。そのマスキー法の条件をクリアしたのが、当時、日本の中小メーカーだったHondaであり、Hondaの名前を世界に知らしめた。翌年から翌々年にかけてトヨタ、フォード、クライスラー、いすゞに技術供与。本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプレーシングカー

    プロトタイプレーシングカーから見たフォードフォード・モーター

    1963年にSCCAがプロ化路線に転向して、国内選手権のUSRRC(ユナイティッドステーツ・ロードレーシング選手権)を開始した。このレースは、ラグナ・セカやリバーサイドを舞台とした単発のプロスポーツカーレースを毎年10月に開催して、秋に開催されるF1のアメリカGPとメキシコGPに参戦するF1チームの面々が北米で過ごす合間に参戦を開始するようになった。F1チームの面々にとっては、高額賞金(F1より高い賞金)に加え好成績を獲得するとアメリカでの知名度向上が可能となる魅力があった。特に英国のコンストラクターにとって、アメリカは未開拓で前途洋々な市場に見えた。ブルース・マクラーレンは、当時所属していたクーパーから独立の準備を始め、ローラやロータスもアメリカ進出を推し進めるようになった。一方アメリカからは、フォードがヨーロッパのスポーツカーレース(特にル・マン24時間レース)の制圧を目指して本格挑戦を開始し、1966年?1969年に念願のル・マン24時間で4連勝を達成するようになった。プロトタイプレーシングカー フレッシュアイペディアより)

  • ディック (ファイナンス)

    ディック (ファイナンス)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1998年、ダイエーグループ再建の一環として同社の株式がフォード・モーターの金融子会社、アソシエイツ・ファースト・キャピタル(AFCC)へ売却されるが、その後2000年にAFCC がフォードからシティグループへ売却されたため、同社もシティ傘下となる。2002年には、電話担保金融業者の株式会社マルフクから店舗、債権等を譲受する。ディック (ファイナンス) フレッシュアイペディアより)

1039件中 31 - 40件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード

  • Dean Fujioka − History Maker (TJO Remix)

  • 平和の集い

  • ナガサキ原爆被災展〜我孫子から平和を願う〜