1289件中 31 - 40件表示
  • アルバート・カーン

    アルバート・カーンから見たフォードフォード・モーター

    File:Ford Motor Company, Detroit, Michigan.jpg|フォード・ハイランドパーク工場(Highland Park Ford Plant)アルバート・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のル・マン24時間レース

    1966年のル・マン24時間レースから見たフォード・モーターフォード・モーター

    3年目の挑戦となったフォードは引き続きフェラーリを打ち負かすための物量作戦を継続、7リットルエンジン搭載したフォード・GT40Mk2を8台出場させた。1966年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ディアボーン (ミシガン州)

    ディアボーン (ミシガン州)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    ディアボーンはヘンリー・フォードを生んだ地であり、またフォード・モーターが本社を置く地でもある。ディアボーンにあるフォードのリバー・ルージュ工場は、初期にはフォード・モデルTを、また1960年代にはフォード・マスタングを生産していた。全盛期には、この工場は120,000人の従業員を抱えていた。ディアボーン (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・リーランド

    ヘンリー・リーランドから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1902年、精密工作の権威として名が売れていたリーランドはヘンリー・フォード・カンパニーのチーフエンジニアの職を打診される。この会社はその名の通りヘンリー・フォードをチーフエンジニアとしていたが、大衆車を目指したいフォードと高級車志向の出資者との対立からフォードはこの会社を辞していた。フォードは翌年フォード・モーターを立ち上げている。ヘンリー・リーランド フレッシュアイペディアより)

  • ファイアストン

    ファイアストンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    同社は19世紀後半にドイツ系アメリカ人のハーベイ・ファイアストーンによって設立された。ファイアストンはすぐにヘンリー・フォードによる自動車の大量生産によって、タイヤ市場の巨大な可能性を理解した。ファイアストンはフォード・モーターと関係を深め純正タイヤサプライヤーとなり、市場における交換タイヤの販売においても活発に活動した。ファイアストン フレッシュアイペディアより)

  • 日本における自動車

    日本における自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    当初はアメリカからの輸入がほとんどで、特にフォード・モーターは1925年または1926年横浜に組立工場を建設しトラックを主力として生産を開始、これに遅れて1927年にゼネラルモーターズが大阪に工場を建設しシボレーブランドを中心に拡販に注力したが、フォード5,000台に対しシボレー500台程度の比率であったという。日本における自動車 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・プローブ

    フォード・プローブから見たフォード・モーターフォード・モーター

    アメリカ製フォード社のクーペ。本稿で述べる。フォード・プローブ フレッシュアイペディアより)

  • アナーバー

    アナーバーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    町はの延伸により1839年に地域の輸送ハブとなり、1851年に市に昇格した。第二次世界大戦中に、アナーバー近郊に位置したフォード・モーター社で、 B-24 リベレーター爆撃機の生産が行われたため、アナーバーの人口は、軍人、戦争労働者と彼らの家族の流入で急増した。アナーバー フレッシュアイペディアより)

  • バンデン・プラ

    バンデン・プラから見たフォード・モーターフォード・モーター

    バンデン・プラ(Vanden Plas )はイギリス、ベルギーにかつて存在した自動車メーカー、もしくはそのブランドである。現在では北米以外の地域での商標権を南京汽車が、北米での商標権をフォードが所有している。バンデン・プラ フレッシュアイペディアより)

  • 生産技術

    生産技術から見たフォード・モーターフォード・モーター

    いわゆるベルトコンベアの上に製品を載せて、製品をゆっくり移動しながらその上で加工や組み立てを行う方法である。フォード生産システムとも呼ばれるこの大量生産の方法は、高い品質と低コストで自動車を生産することを可能にした。生産技術 フレッシュアイペディアより)

1289件中 31 - 40件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード