1039件中 51 - 60件表示
  • V型8気筒

    V型8気筒から見たフォード・モーターフォード・モーター

    最も一般的なものは90°である。左右のバンクでクランクピンを共通化した上で、燃焼間隔も等間隔に出来るためにほとんどのV8エンジンで用いられる。一方で90°よりも狭いバンク角も用いられることがある。狭いバンク角はエンジンのコンパクト化に寄与するためにレーシングカーや横置きエンジン車に用いられることがある。レーシングエンジンが出自のTVRのAJP8や、ヤマハ製でフォードグループで使われるエンジンなどに見られる。V型8気筒 フレッシュアイペディアより)

  • ランドローバー

    ランドローバーから見たフォードフォード・モーター

    当初はローバー製乗用車の車名であり、その後は同社のオフロード車?SUVを包括する部門名/ブランド名となっていた。2000年から2008年まではフォード傘下、現在はジャガーとともにインド・タタ・モーターズ傘下のジャガーランドローバーの一部である。ランドローバー フレッシュアイペディアより)

  • ケーターハム

    ケーターハムから見たフォード・モーターフォード・モーター

    エンジンについては大手自動車メーカーから供給を受けているが、ユーザーがある程度自由にエンジンを選択できることを前提とした設計がなされ、そのバリエーションは多様である。元々ロータス・セブン自体でもその時々の状況に応じて様々なユニットがチョイスされており、ケーターハムでの生産となってからは、スタンダードモデルにはフォードOHVの通称ケント・ユニット、パフォマンスモデルにはチャップマンの没後にロータス・カーズのCEOとなったマイク・キンバリーが手がけたロータス・ツインカム(腰下はケント・ユニット)が使われた。ケーターハム フレッシュアイペディアより)

  • ボルボ

    ボルボから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1999年 - 世界的な自動車会社再編の中で乗用車部門がフォードに売却された。以降乗用車部門はフォード傘下企業として「ボルボ・カーズ」(Volvo Cars )を名乗った。(2010年8月以降のボルボ・カーズは浙江吉利控股集団傘下)ボルボ フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラルモーターズ

    ゼネラルモーターズから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1920年にピエール・デュポンはデュラントを追い出してGMの実権を奪い、社長として擁立したアルフレッド・スローンの経営によって現在に繋がる経営基盤が確立され、政争に揺れたフォードを抜いて世界最大のメーカーとなった。商品方針は「どんな予算でも、どんな目的でも」。このために複数のブランドを所有し、北米では最下段にシボレー(1990年からサターンがシボレーとは別にベーシックブランドとして登場した。また、ジオというブランドが最下層として存在した時期があった)、最上段にキャディラックを位置付け、シンプルでベーシックなフォード車に対して、スタイリッシュで、パワフルで高級感のある商品を揃えるという巧妙なマーケティング戦略や、1919年に設立されたGMACの金融サービスによるオートローンやクレジットで消費者を惹きつけ業界シェアナンバー1を維持し、フォードを突き放した。なおフォードも似たようなクレジットサービスを1920年代の後半に提供していたが、「フォード・クレジット」というGMACのような信販会社が設立されたのはずっと後の1959年であった。ゼネラルモーターズ フレッシュアイペディアより)

  • パトロールカー

    パトロールカーから見たフォードフォード・モーター

    File:Russian Police car Tver.jpg|ロシアのパトカー。車種はフォードパトロールカー フレッシュアイペディアより)

  • シムカ (自動車メーカー)

    シムカ (自動車メーカー)から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1954年にはフォードのフランス拠点フォードSAFを、1959年には高級車メーカー・タルボ(フランス)を買収した。シムカ (自動車メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • フォード・レーザー

    フォード・レーザーから見たフォード・モーターフォード・モーター

    レーザー(LASER)はフォード・モーターの自動車である。マツダのファミリアをベースにした乗用車で、日本では1982年から2000年までにフォードの販売網「オートラマ」で販売された。フォード・レーザー フレッシュアイペディアより)

  • ジープ

    ジープから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1940年、アメリカ陸軍需品科はポーランド侵攻におけるキューベルワーゲンの活躍に注目し、同年7月に135社の自動車製造会社に大まかな設計要件を伝え、4輪駆動の小型偵察車開発計画に応札することを緊急要請した。しかし開発期間と要求スペックは厳しいものでゼネラルモーターズもフォード・モーターも応えられず、アメリカでは主流から外れた小排気量の小型車に関するオーダーでもあったため、オファーに応じたのは中・小型車メーカーのウィリス・オーバーランド社と、元来小型車メーカーで経営不振に喘いでおり、延命手段を必要としていたアメリカン・バンタム社のみ、しかもウィリスは開発時間と条件の厳しさから途中で入札を取りやめるという始末であった。ジープ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・デミオ

    マツダ・デミオから見たフォード・モーターフォード・モーター

    初代フェスティバ以来の旧小型車用プラットフォームの使用をやめ、17年ぶりにフォードと共同開発した新世代小型車用プラットフォームである、マツダ・DYプラットフォームを使用している。初めてフォード・フィエスタとプラットフォームが共通化された。エンジンは先代と同じく1,300ccと1,500ccの二種類だが、いずれも新開発の「MZR」系エンジンに一新されている。可変バルブタイミング仕様DOHC・後方排気レイアウトを採用し、エンジン特性改善や燃費・環境対策を図っている。駆動方式は前輪駆動のほか、日産自動車より供給されるe-4WD方式の四輪駆動が途中から設定された。ボディは先代の機能主義を継承しながら、欧州での必須用件となる空力の改善を優先して設計されている。スタイリングはマツダが統一戦略として打ち出したスポーティなものとされ、フロントグリル、ボンネット形状などのモチーフは上位クラスの同車との共通性を持たせている。マツダ・デミオ フレッシュアイペディアより)

1039件中 51 - 60件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード

  • iPhone/iPad向け音楽アプリ

  • Dean Fujioka − History Maker (TJO Remix)

  • プログレスMS−04