1289件中 61 - 70件表示
  • マツダ再建

    マツダ再建から見たフォード・モーターフォード・モーター

    マツダ再建(まつださいけん)とは、第1次オイルショックの後、アメリカ市場を中心にロータリーエンジン(RE)車の販売が急激に落ち込み経営危機に陥った東洋工業(現:マツダ)が、主力銀行である住友銀行(現:三井住友銀行)の主導によって再建に取り組み、同行の橋渡しによって米国のフォード・モーターと資本提携に至った一連の過程を指す。なお、2015年9月までにフォードは保有していたマツダ株のすべてを売却し、資本提携関係は終了している。マツダ再建 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/8

    マクラーレン・MP4/8から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1992年いっぱいでホンダエンジンを失ったマクラーレンは代替エンジンの獲得に苦労し、1993年はフォードHBエンジンを搭載することとなった。しかし、すでにベネトンがフォードとワークス供給契約(シリーズVI,VII,VIIIを使用)を結んでいたため、カスタマー契約で型落ちのシリーズVエンジンを搭載した。その後、ベネトン、マクラーレン、フォード3者の合意により、第9戦イギリスGPからはマクラーレンへもワークス供給の体制(シリーズVII,VIII)が取られた。マクラーレン・MP4/8 フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たフォード・モーターフォード・モーター

    エンジンをBMWターボからフォードTEC V6ターボに変更。これは前年にハース・ローラチームに搭載されていたものを改良したエンジンである (実質的な開発はコスワースが担当)。チームに初優勝をもたらしたベルガーがフェラーリに移籍したことに伴い、アロウズからティエリー・ブーツェンを迎えた。この年はファビがファステストラップと3位を1回、ブーツェンが3位を1回記録した以外は振るわなかった。しかし、完走率は41パーセントから50パーセントと向上しており、コンストラクター順位でもひとつ上がって5位となった。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • ラウノ・アルトーネン

    ラウノ・アルトーネンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1961年、1965年に地元フィンランドラリー選手権とヨーロッパラリー選手権でタイトルを獲得し、1966年のバサースト5000()で優勝。ランチア、フォード、日産チームで走っている。ラウノ・アルトーネン フレッシュアイペディアより)

  • 横滑り防止装置

    横滑り防止装置から見たフォード・モーターフォード・モーター

    DSC (Dynamic Stability Control) - マツダ、BMW、ミニ (BMW)、フォード、ジャガー、ロールス・ロイス、アストンマーティン、ランドローバー横滑り防止装置 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者

    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者から見たフォード・モーターフォード・モーター

    Jorma Ollila ノキア(Nokia)社 最高経営責任者(CEO)、フォード・モーター取締役、ロイヤル・ダッチ・シェル役員ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者 フレッシュアイペディアより)

  • ヨロズ

    ヨロズから見たフォード・モーターフォード・モーター

    サスペンション部品においては、日産自動車、本田技研工業、マツダ、スズキ、いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業など日本の全完成車メーカーおよびゼネラルモーターズ、フォード、フォルクスワーゲンなど海外完成車メーカー向けに出荷しており、サスペンション部品およびモジュールサプライヤーとして国内トップシェアを誇っている。ヨロズ フレッシュアイペディアより)

  • デ・トマソ・パンテーラ

    デ・トマソ・パンテーラから見たフォード・モーターフォード・モーター

    パンテーラ(Pantera )は、デ・トマソの三作目のスーパーカー。1960年代を代表するレーシングカーフォード・GT40の構造的特徴をイメージした、イタリア製のボディにアメリカ製の大排気量エンジンを搭載した、デ・トマソとフォードによる伊米合作のスーパーカーである。フォードの希望により、この種の車としては初めて大量生産性を重視して製作された。デ・トマソ・パンテーラ フレッシュアイペディアより)

  • オンタリオ州

    オンタリオ州から見たフォード・モーターフォード・モーター

    19世紀末よりオンタリオ州北部の鉱物資源が注目され始めた。またオンタリオでの水力発電も盛んになったことから、オンタリオ水力発電委員会(Hydro-Electric Power Commission of Ontario)、後のオンタリオ・ハイドロ(Ontario Hydro)が設立された。20世紀にはゼネラルモーターズ(GM)とフォードがオンタリオ州に工場を設立、主要産業となる。オンタリオ州 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・カーズ

    ロータス・カーズから見たフォード・モーターフォード・モーター

    完成した車は別の車として登録され、翌1948年にはマイナーレースに参戦する。しかしチャップマンはこの車のベースとなったオースチン・7のエンジンパワーでは本格的なレースに参戦するのは不充分と考えており、すぐにより強力なフォード製「フォード8」エンジンを搭載した次モデルの構想に着手する。この次期モデルは「ロータス」と名付けられ、1949年に完成した。これが最初にロータスと呼ばれた車である。ロータス・カーズ フレッシュアイペディアより)

1289件中 61 - 70件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード