1039件中 81 - 90件表示
  • トヨタIMVプロジェクト

    トヨタIMVプロジェクトから見たフォード・モーターフォード・モーター

    一方、2002年1月にはAFTA(ASEAN自由貿易地域)が6ヵ国で開始され徐々に拡充されつつあり、タイ政府は「アジアのデトロイト化」計画で2010年までに200万台達成を目標とし、GMやフォード・モーターもタイに生産拠点を集中しはじめた。トヨタIMVプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ALAM

    ALAMから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ALAMの排除ポリシーは最後には帳消しにされることになる。フォード・モーターが1903年創業し、ヘンリー・フォードはすぐにセルデンのライセンスを入手しようとした。フォードは入会を断られる。公式には、過去2回の自動車会社経営の失敗を理由とされている。それは、デトロイト・オートモービル・カンパニーとヘンリー・フォード・カンパニーのことである。2つの会社を作ってはすぐに見捨てた未熟な経営者であり自動車業界にとって害であるとALAMはみなしたのである。だが、それはALAMにはすでに業界大手が参画していたことによる仲間同士の、内向きで安定志向のためでもあった。フレデリック・スミスが、フォードのALAM参加に最も否定的だった。ALAM フレッシュアイペディアより)

  • フリー・シネマ

    フリー・シネマから見たフォード・モーターフォード・モーター

    この作品群は、映画産業の範囲の外側でつくられているという意味において、そして、彼らのスタイルと態度、および彼らの製作の諸条件によって特徴づけられているという意味において、「自由」なのである。全作品が2-300ポンドすらかからぬ規模で安価につくられ、ほとんどが英国映画協会の実験映画ファンドからの補助金を活用しており、後期の作品うちのいくつかはフォード・モーター社が後援を受け、もしくは独立的に出資してはいる。典型的としては白黒の16ミリフィルム(16 mm film)で撮られ、軽量のハンドヘルドの撮影機を使用し、通常は非同期の音声トラックがべつにつけくわえられた。ほとんどの作品では故意にナレーションを省略した。作家たちは、ふつうのそして大多数である労働者階級の英国、という主題にフォーカスする決意を共有しており、それは彼らが、中産階級に支配された当時の英国映画産業に覆い尽くされていると感じていて、希少なシンパシーとリスペクト、そしてなかば意識的な詩的スタイルを見せた。フリー・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • 常総鉄道

    常総鉄道から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1931年(昭和6年) : フォード4台、グラハム2台、レオ1台常総鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • トゥリオ・クレスピ

    トゥリオ・クレスピから見たフォード・モーターフォード・モーター

    また、より小型で、ルノー製エンジンを搭載した「トゥリエタ(Tulieta:2ドアクーペの他、ワゴン、カブリオレも存在)」やフォード(上記2社もアルゼンチン進出)の「タウヌス・クーペ」の改造、更に1980年代にはレジャー用オープンカー、「スピアッジャ(Spiaggia)」も手掛けていた。トゥリオ・クレスピ フレッシュアイペディアより)

  • オートローン

    オートローンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    1920年代にアメリカのゼネラルモーターズ(GM)やクライスラーによりオートローンが導入され、これにより低所得の家庭でも中級・高級車が買えるようになった。当時世界最大の自動車会社だったフォード・モーターでは、創業者ヘンリー・フォードが、顧客に借金を抱えさせ疲弊させるローン販売を強く拒んでいたが、オートローン導入で躍進するGMがフォードからシェア1位の座を奪い去り、後にフォードも導入せざるを得なくなった。オートローン フレッシュアイペディアより)

  • カール・ヨハンソン

    カール・ヨハンソンから見たフォード・モーターフォード・モーター

    ヨハンソンは現役時代の終わりの1923年にヘンリー・フォードのためにディアボーンのフォード・モーター社で働き始めた。フォードは、ヨハンソンが1918年にパーキプシ(Poughkeepsie, New York)で設立した米国企業のCE・ヨハンソン社(CE Johansson Inc.)を丸ごと買い取り、全ての機材をディアボーンに運び込んだ。パーキプシで働いていたスウェーデン人従業員の中にはフォード社に雇用された者もいた。72歳の時にヨハンソンは引退することに決め、スウェーデンに帰国した。生涯でヨハンソンは22回も大西洋を横断し、多くの時間を米国で過ごした。カール・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • プロト自動車

    プロト自動車から見たフォード・モーターフォード・モーター

    スピラ (Spirra, 2002年):フォード製V型8気筒4.6Lエンジン搭載プロト自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島参宮鉄道

    鹿島参宮鉄道から見たフォード・モーターフォード・モーター

    1936年 : 乗用用大型フォード16台、チェンジ式フォード10台、シボレー3台(銀バス)鹿島参宮鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・フリースター

    フォード・フリースターから見たフォード・モーターフォード・モーター

    フォード・フリースター(Ford Freestar)は、フォード・モーターが2004年?2006年に販売していたミニバン型乗用車である。フォード・フリースター フレッシュアイペディアより)

1039件中 81 - 90件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード