184件中 101 - 110件表示
  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たマツダ・ボンゴ

    フォード・スペクトロン【Spectron】(ボンゴワゴン / ユーノスカーゴワゴン)★フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォード・J100

    フォード・J100(ボンゴブローニイトラック・バン)★フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たCセグメント

    エドセルの大失敗で打撃を受けたフォードは、行き過ぎた大型化の反動から中型車や小型車へのシフトが始まった流れをうまくつかむことに成功し、1960年に発表したコンパクトカーのフォード・ファルコンをヒットさせた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォード・ギャラクシー

    フォード・ギャラクシー(Galaxy、アメリカ製とは別の車体)☆フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォード・クラウンビクトリア

    同時多発テロ以降の原油価格高騰と世界金融危機を受けて、北米自動車業界では低燃費車を求める消費者の意向を受け、車のダウンサイジングが進んだ。フォードも例外なく2010年には北米でのBセグメントのフィエスタの販売開始、欧州フォードとの車種統合、ビッグ3では唯一V8エンジンのDOHC化、フルサイズ車の象徴とされたクラウンビクトリアの生産終了、エクスプローラーのFFベース化、ダウンサイジングコンセプトの小排気量過給エンジン「エコブースト」の採用など合理化を進めている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た航空機

    1920年代後半から1930年代にかけての大恐慌時には、フォード社の高い月給は労働者を多数集めたものの、工場の労働と規則は厳しいものだった。また大恐慌における自動車需要の収縮でフォードの他社との競争は激化した。なおこの頃航空機製造にも乗り出し、「トライモーター」などの旅客機を世に送り出した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たブラジル

    フォード社直轄の工場はアメリカ合衆国の他に、イギリスやドイツ、ブラジルやオーストラリアにおかれている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフランチャイズ

    労働力不足と賃金上昇で1台当たりのコストは上がったが、フォードは販売価格に転嫁せず、生産コストを矢継ぎ早に削減することでコスト上昇分を吸収した。またフォードのブランドに忠実なフランチャイズ販売店システムを導入した。ヘンリー・フォードは、従業員が自社の車を買えるように賃金を引き上げたが、こうした厚遇は当時のウォール街の金融機関などから批判を浴びている。しかしフォードは成功を収め、1919年末にはアメリカの自動車生産の半分を担い、1920年には全米の自動車の半分がT型フォードとなった。T型以前のモデルでは黒以外の多様なバラエティがあったが、T型はペンキの乾きが早く済むという理由で黒1色しかなかった。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た起業

    ヘンリー・フォードは2度自動車会社の起業に失敗したが、3度目のこの会社は1903年6月16日の創業から現在まで続いている。当時40歳の彼は12人の投資家から現金2万8千ドルを集めて再起を期した。特に重要な投資家はダッジ・ブラザーズ自動車の創立者、ジョン=フランシス=ダッジとホラティウス=エルジン=ダッジのダッジ兄弟だった。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た原油価格

    しかしナッソー時代の技術停滞と他業種参入、当時の業界再編に対抗するための買収路線の影響は2000年代に入っても打開できず、アメリカ同時多発テロ以降の原油価格高騰によるガソリンの値上げなどの影響で主力商品のフルサイズSUVやピックアップトラックが燃費の悪さから敬遠される傾向にあり、同様の戦略をとっていたGMと共に経営不振に陥っている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

184件中 101 - 110件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード