199件中 111 - 120件表示
  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォード・フェスティバ

    1979年(昭和54年)には日本の中堅自動車メーカーであるマツダと資本提携し、マツダの株式の24.5 %を取得した。マツダにはアジアやオセアニア、またアメリカ向け小型車の開発と生産を委託したほか、「オートラマ」の名で全国にディーラーネットワークを展開し、「レーザー」や「テルスター」、「フェスティバ」など、マツダの工場で生産されたフォードの各モデルや、「マスタング」などのアメリカからの輸入モデルを販売するなど、日本でのフォードビジネスを共同で展開していた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た旅客機

    1920年代後半から1930年代にかけての大恐慌時には、フォード社の高い月給は労働者を多数集めたものの、工場の労働と規則は厳しいものだった。また大恐慌における自動車需要の収縮でフォードの他社との競争は激化した。なおこの頃航空機製造にも乗り出し、「トライモーター」などの旅客機を世に送り出した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォード・J100

    フォード・J100(ボンゴブローニイトラック・バン)★フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たマツダ・ファミリア

    フォード・レーザー(ファミリア)★フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たCセグメント

    エドセルの大失敗で打撃を受けたフォードは、行き過ぎた大型化の反動から中型車や小型車へのシフトが始まった流れをうまくつかむことに成功し、1960年に発表したコンパクトカーのフォード・ファルコンをヒットさせた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たブラジル

    フォード社直轄の工場はアメリカ合衆国の他に、イギリスやドイツ、ブラジルやオーストラリアにおかれている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たバッジエンジニアリング

    以下のいずれもマツダ車のバッジエンジニアリング、またはマツダが開発に深く関わっているモデルである。カッコ内はマツダでの車名。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たボルボ・カーズ

    さらに2010年3月には、PAGグループに属していたボルボ・カーズを売却することで、中華人民共和国の浙江吉利控股集団との間で最終合意し、同年8月に売却を完了した。これによりPAGグループは消滅した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た勤務シフト

    しかし生産技術革新は、工員にとっては、同じ動作だけの単調な労働を長時間強いられる極めて過酷なもので、人員の異動や退職も多く、未熟練工員の雇用や訓練コスト高に結びついた。ただでさえアメリカの労働力が不足する中、フォードは労働力確保を迫られ、1914年には1日当たりの給料を2倍の5ドル(2006年の価値では103ドルに相当する)へと引き上げ、勤務シフトを1日9時間から1日8時間・週5日労働へと短縮する宣言を発し、結果応募者が退職者を上回り続けることになった。合衆国政府が最低賃金や週40時間労働の基準を決める以前にこれを達成したことになる。一方でヘンリー・フォードは労働組合の結成には反対し続けた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た規格化

    フォード開業当時のモデルはデトロイト市内のマック・アベニューにある貸工場で生産され、部品を自動車へ組み上げる作業を1台当たり2・3人の工員が数日かけて行っていたが、フォードではそれまでばらつきのあった部品をマイクロゲージを基準とした規格化によって均質化し、部品互換性を確保することに成功していた。フォード・モデルTは初めての自社工場であるピケットロード工場を利用し、フル生産開始の1909年には1年間で1万8千台もの台数を生産した。廉価なT型への需要が急増すると、フォードはさらに大型のハイランドパーク工場を建設し、1911年の稼働時には年7万台の生産を可能とした。フォード社は流れ作業システムや大量生産に必要な技術・管理方式を開発し、1913年には世界初のベルトコンベア式組み立てラインを導入した。部品の簡素化・内製化、流れ作業による工員の間での分業化により、たとえば車体1台の組み立て時間は12時間半からわずか2時間40分に短縮され、年生産台数は25万台を超え、1920年までに100万台を突破した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

199件中 111 - 120件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード