184件中 31 - 40件表示
  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たガソリンスタンド

    またアジア進出も早くから行われ、1925年2月には、当時のアジアにおける数少ない独立国である日本の横浜市緑町に、日本法人の「日本フォード」が組み立て工場を置いた。その後GMもこれにつづき日本進出し、この1925年から1940年頃の時期に、フォードとGM、そしてダットサンやオースチンが一般オーナーに広く普及したことにより自動車販売網やガソリンスタンドなどの日本の自家用車の基礎がつくられている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たNYSE

    フォード・モーター(Ford Motor Company、NYSE:F)は、世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。いわゆるビッグスリーの一つである。FoMoCo(フォモコ)と略される場合もある。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たケルン

    フォードは第二次世界大戦以前から欧州に生産拠点を作っていた。主なものはイギリス、ロンドン東方のダゲナム(Dagenham)やドイツ西部のケルン(Köln)等。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た日本車

    アイアコッカの後は、フィル・コールドウェルが1979年に会長になり、1985年にドン・ピーターセンが継いだ。1980年代も日本車との競争が続いたものの、1979年に発売された小型化されたマスタングや、1983年に発売されたテンポやサンダーバードがヒットした。さらにヨーロッパにおいても、フィエスタやシエラがヒットした。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たオイルショック

    1970年代以降、フォードはビッグ3のライバルのほか、オイルショックの影響を受けて急速に伸びた日本の小型車との競争でシェアを失ったが、アイアコッカは後に安全性をめぐり訴訟へ発展したフォード・ピント(1971年)などを発売し、1978年には史上最高の売上と22億ドルの利益を達成した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た投資家

    ヘンリー・フォードは2度自動車会社の起業に失敗したが、3度目のこの会社は1903年6月16日の創業から現在まで続いている。当時40歳の彼は12人の投資家から現金2万8千ドルを集めて再起を期した。特に重要な投資家はダッジ・ブラザーズ自動車の創立者、ジョン=フランシス=ダッジとホラティウス=エルジン=ダッジのダッジ兄弟だった。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たダウンサイジングコンセプト

    同時多発テロ以降の原油価格高騰と世界金融危機を受けて、北米自動車業界では低燃費車を求める消費者の意向を受け、車のダウンサイジングが進んだ。フォードも例外なく2010年には北米でのBセグメントのフィエスタの販売開始、欧州フォードとの車種統合、ビッグ3では唯一V8エンジンのDOHC化、フルサイズ車の象徴とされたクラウンビクトリアの生産終了、エクスプローラーのFFベース化、ダウンサイジングコンセプトの小排気量過給エンジン「エコブースト」の採用など合理化を進めている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た世界

    フォード・モーター(Ford Motor Company、NYSE:F)は、世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。いわゆるビッグスリーの一つである。FoMoCo(フォモコ)と略される場合もある。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た不況

    1958年には、フォードとマーキュリーの間のレインジを担当する、斬新なフロントグリルを特徴とする中級車ブランド「エドセル」を発売した。しかし、亡き社長の名を取って「エドセル」と名付けられた新ブランドは、折からの不況とマーケティングの失敗のため自動車業界史上記録的な大失敗に終わり、1959年11月に生産中止となり姿を消す。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た労働組合

    しかし生産技術革新は、工員にとっては、同じ動作だけの単調な労働を長時間強いられる極めて過酷なもので、人員の異動や退職も多く、未熟練工員の雇用や訓練コスト高に結びついた。ただでさえアメリカの労働力が不足する中、フォードは労働力確保を迫られ、1914年には1日当たりの給料を2倍の5ドル(2006年の価値では103ドルに相当する)へと引き上げ、勤務シフトを1日9時間から1日8時間・週5日労働へと短縮する宣言を発し、結果応募者が退職者を上回り続けることになった。合衆国政府が最低賃金や週40時間労働の基準を決める以前にこれを達成したことになる。一方でヘンリー・フォードは労働組合の結成には反対し続けた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

184件中 31 - 40件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード