199件中 41 - 50件表示
  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たブランド

    労働力不足と賃金上昇で1台当たりのコストは上がったが、フォードは販売価格に転嫁せず、生産コストを矢継ぎ早に削減することでコスト上昇分を吸収した。またフォードのブランドに忠実なフランチャイズ販売店システムを導入した。ヘンリー・フォードは、従業員が自社の車を買えるように賃金を引き上げたが、こうした厚遇は当時のウォール街の金融機関などから批判を浴びている。しかしフォードは成功を収め、1919年末にはアメリカの自動車生産の半分を担い、1920年には全米の自動車の半分がフォード・モデルTとなった。T型以前のモデルでは黒以外の多様なバラエティがあったが、T型はペンキの乾きが早く済むという理由で黒1色しかなかった。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た工場

    フォード社直轄の工場はアメリカ合衆国の他に、イギリスやドイツ、ブラジルやオーストラリアにおかれている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たケルン

    フォードは第二次世界大戦以前から欧州に生産拠点を作っていた。主なものはイギリス、ロンドン東方のダゲナム(Dagenham)やドイツ西部のケルン(Köln)等。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たジャガー

    かつてはマツダ、ボルボ、ジャガー、ランドローバーといった自動車メーカーも傘下に置いたが、00年代の経営悪化以降売却が進められた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た労働組合

    しかし生産技術革新は、工員にとっては、同じ動作だけの単調な労働を長時間強いられる極めて過酷なもので、人員の異動や退職も多く、未熟練工員の雇用や訓練コスト高に結びついた。ただでさえアメリカの労働力が不足する中、フォードは労働力確保を迫られ、1914年には1日当たりの給料を2倍の5ドル(2006年の価値では103ドルに相当する)へと引き上げ、勤務シフトを1日9時間から1日8時間・週5日労働へと短縮する宣言を発し、結果応募者が退職者を上回り続けることになった。合衆国政府が最低賃金や週40時間労働の基準を決める以前にこれを達成したことになる。一方でヘンリー・フォードは労働組合の結成には反対し続けた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たアメリカ同時多発テロ

    しかしナッソー時代の技術停滞と他業種参入、当時の業界再編に対抗するための買収路線のマイナスな影響は2000年代に入っても打開できず、さらに2001年9月のアメリカ同時多発テロ以降の原油価格高騰によるガソリンの値上げなどの影響で、アメリカ国内市場における主力商品のフルサイズSUVやピックアップトラックが燃費の悪さから敬遠される傾向にあり、同様の戦略をとっていたGMと共に経営不振に陥っている。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た最低賃金

    しかし生産技術革新は、工員にとっては、同じ動作だけの単調な労働を長時間強いられる極めて過酷なもので、人員の異動や退職も多く、未熟練工員の雇用や訓練コスト高に結びついた。ただでさえアメリカの労働力が不足する中、フォードは労働力確保を迫られ、1914年には1日当たりの給料を2倍の5ドル(2006年の価値では103ドルに相当する)へと引き上げ、勤務シフトを1日9時間から1日8時間・週5日労働へと短縮する宣言を発し、結果応募者が退職者を上回り続けることになった。合衆国政府が最低賃金や週40時間労働の基準を決める以前にこれを達成したことになる。一方でヘンリー・フォードは労働組合の結成には反対し続けた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たフォルクスワーゲン・ド・ブラジル

    かつてフォルクスワーゲン・ド・ブラジルと合弁で「アウトラチーナ (AutoLatina)」という工場を運営していた。この際、フォードとフォルクスワーゲンの車種をそれぞれ相手方のブランドで製造する事で生産コストの低減を狙っていたが、現在は終了。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見た福特六和汽車

    福特六和汽車:台湾におけるフォード・グループの拠点。台湾国内及び一部国外向けに自動車の生産・販売を行う。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たコンソリデーテッド・エアクラフト

    一方でフォードは第二次世界大戦勃発後の生産増強に際し天才的な才能を発揮し、軍用機・軍用車生産の効率を飛躍的に高めた。コンソリデーテッドB-24爆撃機の製造のために1941年4月にアナーバー近郊で着工したウィローラン工場は面積33万平方メートルで、当時世界最大の流れ作業ラインを持つ工場であった。B-24製造にあたって、飛行機会社では1日1機の製造が精いっぱいだったが、ウィローラン工場では24時間体制で1時間1機のB-24を生産した。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

199件中 41 - 50件表示

「フォード・モーター」のニューストピックワード