前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示
  • ハイソサエティー

    ハイソサエティーから見たフォーリーブスフォーリーブス

    ハイソサエティーは、過去に芸能事務所の「ジャニーズ事務所」に所属していたバンドグループである。 ジャニーズやフォーリーブスのバックバンドとして活動した。 このグループ名は、ジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川の夫であり作家の、藤島泰輔の1965年発表の小説『日本の上流社会―高貴なる秘境を探検する』に由来。 愛称は「ハイソ」。 後に「スーパーエイジス」と「アニメーション」の2つのバンドに枝分かれしていった。ハイソサエティー フレッシュアイペディアより)

  • ジューク・ボックス

    ジューク・ボックスから見たフォーリーブスフォーリーブス

    ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川は、ジューク・ボックスを作るに当たり、名前のイニシャルがAからZまで全て揃った26人のメンバーを集め、ミュージカルを上演できるようなグループを作りたいという構想を練っていた。しかし実際にはアルファベット全26文字に見合う名前の人間を揃える事は難しく、当時のジャニーズJr.の人気投票上位5名で1969年末に結成。その後、日本テレビ『プラチナゴールデンショー』にレギュラー出演し、フォーリーブスのバックを務める。ジューク・ボックス フレッシュアイペディアより)

  • JOHNNYS' ジュニア・スペシャル

    JOHNNYS' ジュニア・スペシャルから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1974年夏、「ジャニーズ・ジュニア第1期生」が2つのグループに分割された。一つはフォーリーブスのコンサートのバックダンサーチームとして作られた3人組の「ジュニア・スペシャル」(板野俊雄、林正明、山縣孝良)。もう一方はジャニーズ・ジュニアの名義のまま、郷ひろみのコンサートのバックを担当した(小坂まさる、畠山昌久、近藤純市、鈴木寛、吉田義久、柏木孝夫)。JOHNNYS' ジュニア・スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • おりも政夫

    おりも政夫から見たフォーリーブスフォーリーブス

    おりも 政夫(おりも まさお、1953年7月4日 - )は、日本の司会者、タレント、歌手、俳優。1970年代を代表する男性アイドルグループ、フォーリーブスのメンバー。東京都江東区亀戸出身。エフエンタープライズ所属。本名・織茂 政男(読み同じ)。愛称は「マー坊」。血液型B型。おりも政夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズ事務所 過去のバックバンド

    ジャニーズ事務所 過去のバックバンドから見たフォーリーブスフォーリーブス

    「ジャニーズ・ジュニア」や、「ハイソサエティー」出身のメンバーたち6名で、1973年に結成。1970年代後半まで、フォーリーブスや郷ひろみ、葵テルヨシ、豊川誕、JJSのバックバンドとして活動した。 ドラムの長沢悟が最初に脱退し、郷ひろみと共にバーニングプロダクションへ移籍。 その後も脱退、メンバーチェンジ等が行われた。ジャニーズ事務所 過去のバックバンド フレッシュアイペディアより)

  • リトルリーブス

    リトルリーブスから見たフォーリーブスフォーリーブス

    リトルリーブスとは、かつてジャニーズ事務所に在籍していたアイドルグループである。 その名の通り、フォーリーブスの弟分的存在。 また、「リトル・ギャング」の前身に当たる。リトルリーブス フレッシュアイペディアより)

  • スクールメイツ

    スクールメイツから見たフォーリーブスフォーリーブス

    同時期のジャニーズ事務所と、渡辺プロダクションの若手タレントやスクールメイツが共にレギュラー出演していた『プラチナゴールデンショー』では、毎回番組の終わりに「あなたもフォーリーブスと共演しませんか?」と、各系列校の生徒を募集する字幕を流していたこともあり、入学者数はうなぎ上りとなり、最盛期には約400名にまで膨れ上がった。スクールメイツ フレッシュアイペディアより)

  • 電撃的東京

    電撃的東京から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1960年(昭和35年)、近田が小学4年生であったときのスリーファンキーズのデビュー曲『でさのよツイスト』から、本作リリースの前年である1977年のヒット曲、森進一の『東京物語』、JJSの『ラストショー』、フォーリーブスの『ブルドッグ』まで、11曲のカヴァーと、唯一のオリジナル楽曲『恋のT.P.O.』が収められている。カヴァーされた作曲家では、筒美京平、都倉俊一、加瀬邦彦の3名が2曲ずつ、作詞家では、橋本淳、阿久悠の2名が2曲ずつ選ばれている。電撃的東京 フレッシュアイペディアより)

  • 横内タケ

    横内タケから見たフォーリーブスフォーリーブス

    横内 タケ (Take Yokouchi) として知られる、横内 健亨(よこうち たけひろ)は、日本のグラムロック・バンド、ウォッカ・コリンズのメンバーだったことなどで知られるミュージシャン。もともとは、人気男性アイドルグループのフォーリーブスのバック・バンドであるハイソサエティーでギターを弾いていた。1971年に新たに結成されるウォッカ・コリンズに誘われた時は、ペース奏者としてであったが、喜んでこの話に乗った。横内は、ウォッカ・コリンズの代表作である1972年のヒット・シングル「Sands Of Time」や「Automatic Pilot」、1973年の東芝EMIから出たアルバム『東京-ニューヨーク (Tokyo - New York)』でベースを弾いている。横内タケ フレッシュアイペディアより)

  • 城咲 仁

    城咲仁から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2006年6月21日、酒井政利プロデュースによりフォーリーブスのカバー曲「ブルドッグ」で歌手デビュー。城咲仁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
141件中 1 - 10件表示