141件中 121 - 130件表示
  • アイドル

    アイドルから見たフォーリーブスフォーリーブス

    新御三家の他にはフォーリーブス(ジャニーズ事務所所属)やフィンガー5、にしきのあきら、野村将希、伊丹幸雄、荒川務らが登場した。アイドル百花繚乱時代であった。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズJr.

    ジャニーズJr.から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1973年に結成された「ジャニーズ・ジュニア第1期生」(便宜上での「2代目Jr.」)とは、フォーリーブスや郷ひろみのバックダンサーとして活動していたグループを指す。当時25人くらいいたJr.の中から1軍メンバーとして選び出された6名で、1973年5月5日 - 5月6日に日劇で行われた『第46回ウエスタン・カーニバル 郷ひろみショー』にて「ジャニーズ・ジュニア」としてデビュー。その後メンバーが増えて9人で定着した。その9人は1974年の秋に2つに分裂。6人はバーニングプロダクションへ移籍して「メッツ」を結成。 一方事務所に残った3人も「JOHNNY'Sジュニア・スペシャル」を結成し、それぞれレコードデビューした。 この「ジャニーズ・ジュニア第○期生」という呼び方は、1976年に入所した第7期生で最後となった。ジャニーズJr. フレッシュアイペディアより)

  • テレビ静岡

    テレビ静岡から見たフォーリーブスフォーリーブス

    ピンクのレオタードを身にまとった相楽晴子を中心の地元の人々がダンスを展開する。CMソングの作詞はSHOW、作曲は服部清、歌は元フォーリーブスの長田栄二。テレビ静岡 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のテレビ (日本)

    1972年のテレビ (日本)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    6日 - 東京12チャンネル(現・テレビ東京)でアイドル専門の歌謡番組『歌え!ヤンヤン!』が放送開始。司会は当時一世を風靡したアイドルグループフォーリーブスが務めた( - 1975年3月27日)。1972年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ユニバース・ジャパン

    ミス・ユニバース・ジャパンから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1977年(昭和52年)にフォーリーブスの青山孝と結婚、後に離婚ミス・ユニバース・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 9月5日

    9月5日から見たフォーリーブスフォーリーブス

    1968年 - フォーリーブスがシングル「オリビアの調べ」で歌手デビュー。9月5日 フレッシュアイペディアより)

  • 志村けんのだいじょうぶだぁ

    志村けんのだいじょうぶだぁから見たフォーリーブスフォーリーブス

    にっちもさっちもいかなくなると「にっちもさっちもどうにもブルドッグ、ワンッ!」(フォーリーブス「ブルドッグ」)志村けんのだいじょうぶだぁ フレッシュアイペディアより)

  • 襟裳岬 (森進一の曲)

    襟裳岬 (森進一の曲)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス - アルバム『LOVE FOREVER』(1978年)襟裳岬 (森進一の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たフォーリーブスフォーリーブス

    事務所黎明期のフォーリーブス・郷ひろみ・たのきんトリオ・シブがき隊・少年隊・光GENJI等に続いて、SMAPをマルチタレント型なアイドルとして発展させ、現在のTOKIO・V6・KinKi Kids・嵐・Kis-My-Ft2.ジャニーズWESTなどの男性アイドルの活躍の場を広げ、男性アイドルの礎を築いた。日本の芸能プロの草分けともいえる渡辺晋とほぼ同世代であるが、活動の開始は大きく出遅れたこともあり、先行する大手プロダクション群を凌駕し始めたのは1980年代に入ってからである。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    9月5日 - 邦楽の制作を開始(第1回新譜は、フォーリーブス「オリビアの調べ」(規格品番: SONA 15001)・アダムス「旧約聖書」(規格品番:SONA 12002)の2作)ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本) フレッシュアイペディアより)

141件中 121 - 130件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード