117件中 31 - 40件表示
  • 江木俊夫

    江木俊夫から見たフォーリーブスフォーリーブス

    幼年期は名子役として、少年期・青年期はトップアイドルグループ、フォーリーブスのメンバーとして芸能界の第一線で活躍した。江木俊夫 フレッシュアイペディアより)

  • スクールメイツ

    スクールメイツから見たフォーリーブスフォーリーブス

    当時のジャニーズ事務所とはなにかと縁が深く、ジャニーズ、フォーリーブスなどのジャニーズ勢と、渡辺プロダクションの若手タレントやスクールメイツが共にレギュラー出演していた『プラチナゴールデンショー』など、ジャニーズタレントとスクールメイツの共演番組も多かった。系列地方校の誕生と併せ、1960年代後半?1970年頃の『プラチナゴールデンショー』では毎回番組の終わりに「あなたもフォーリーブスと共演しませんか?」と、各校の生徒を募集する字幕を流していたこともあり、入学者数はうなぎ上りとなり、約400名にまで膨れ上がった。そのフォーリーブスのメンバーである青山孝は、ジャニーズ事務所に移る前は東京音楽学院の特待生であり、スクールメイツにも在籍。「若いってすばらしい」のレコーディングメンバーでもあった。フォーリーブスが1974年に発表したアルバム『若者』にも、スクールメイツのナンバーである「恋のランナー」が収録されている。なお、スクールメイツ結成当初から現在に至るまで振り付けを担当している西条満やスクールメイツとの関わりはフォーリーブス再結成後も続いている。スクールメイツ フレッシュアイペディアより)

  • 太陽のあいつ

    太陽のあいつから見たフォーリーブスフォーリーブス

    本曲のバックダンサーとしてフォーリーブスがデビュー。当時はジャニーズJr.名義で活動していた。太陽のあいつ フレッシュアイペディアより)

  • 小井戸秀宅

    小井戸秀宅から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス(1973年、第45回ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 北公次と共に振付を担当)小井戸秀宅 フレッシュアイペディアより)

  • チビらサンデー

    チビらサンデーから見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス、JOHNNY'Sジュニア・スペシャル (JJS) といった若手の人気歌手たちが繰り広げる、歌あり、ギャグあり、踊りありのスタジオバラエティ。チビらサンデー フレッシュアイペディアより)

  • 電子鳥人Uバード

    電子鳥人Uバードから見たフォーリーブスフォーリーブス

    唄:フォーリーブス(2曲とも)電子鳥人Uバード フレッシュアイペディアより)

  • 第27回NHK紅白歌合戦

    第27回NHK紅白歌合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    7回出場のフォーリーブスも翌年に落選し、初出場以来の連続記録が途切れる。そして同回が現役時代最後の紅白となった(1978年に解散、2002年に再結成したが出場には至らなかった)。また、青山孝(再結成時に孝史と改名)と北公次にとっても生涯最後の出場となった(青山は2009年1月28日、北は2012年2月22日逝去)。第27回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺信一

    田辺信一から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス「男と女の紙芝居・三幕」「どうして・・・」(編曲)田辺信一 フレッシュアイペディアより)

  • TOK10

    TOK10から見たフォーリーブスフォーリーブス

    原曲はフォーリーブス(1977年)・編曲は曽我部恵一、ギターでポール・ギルバートが参加している。TOK10 フレッシュアイペディアより)

  • 城咲 仁

    城咲仁から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2006年6月21日、酒井政利プロデュースによりフォーリーブスのカバー曲「ブルドッグ」で歌手デビュー。城咲仁 フレッシュアイペディアより)

117件中 31 - 40件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード