141件中 41 - 50件表示
  • とことんやれ大奮戦!

    とことんやれ大奮戦!から見たフォーリーブスフォーリーブス

    かつて朝日放送で『てなもんや三度笠』などの演出を手掛けていた澤田隆治(当時はまだ朝日放送在籍)が演出を担当し、同系列局で放送の『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』などをプロデュースした井原高忠が製作を担当するという、東西の演出家たちをスタッフに起用していた番組である。主演には当時の人気アイドルだったフォーリーブスを、助演には東西の喜劇陣やコメディアンを起用していた。とことんやれ大奮戦! フレッシュアイペディアより)

  • プラチナゴールデンショー

    プラチナゴールデンショーから見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス - 元は第1期のレギュラーで、1967年10月から出演していたが、1968年10月にサブ司会に昇格。以後、由美の後継者として1970年9月まで出演。第2期ではメイン司会を務めていた。プラチナゴールデンショー フレッシュアイペディアより)

  • 明色お笑いゲーム合戦

    明色お笑いゲーム合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    『新・お笑いゲーム合戦』に当時の人気アイドルグループ・フォーリーブスがゲストとして出演した際、観客のファンたちからのあまりの大声援に、司会の大野がゲームの説明中に「ちょっと静かにしてね」と言っていた。明色お笑いゲーム合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽のあいつ

    太陽のあいつから見たフォーリーブスフォーリーブス

    本曲のバックダンサーとしてフォーリーブスがデビュー。当時はジャニーズJr.名義で活動していた。太陽のあいつ フレッシュアイペディアより)

  • 内田喜郎

    内田喜郎から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス・ライブ・ミュージカル?少年たちシリーズ?『生きていくのは僕たちだ!』内田喜郎 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原朔美

    萩原朔美から見たフォーリーブスフォーリーブス

    出演:フォーリーブス・郷ひろみ、監修:ジャニー喜多川萩原朔美 フレッシュアイペディアより)

  • にっちも、さっちも、ラジオヤジ

    にっちも、さっちも、ラジオヤジから見たフォーリーブスフォーリーブス

    番組名の由来はフォーリーブスの曲「ブルドッグ」の歌詞からきている。にっちも、さっちも、ラジオヤジ フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ・コリンズ (バンド)

    ウォッカ・コリンズ (バンド)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    ウォッカ・コリンズ (Vodka Collins) は、1971年に結成され、東京を拠点とした日米混成のロック・バンド。中心メンバーだったのは、ドラマーの大口広司(元ザ・テンプターズ)、ボーカル/ギタリストのアラン・メリル、ボーカル/ギタリストのかまやつひろし(後のムッシュかまやつ:元ザ・スパイダース)、ベーシストの横内タケ(元ハイソサエティー=フォーリーブスのバックバンド)。横内はギタリストであったが、メリルとのセッションで、その演奏感覚を学びたいと思い、ベーシストとしてのバンド参加を決めたという。活動の末期にメリルが脱退した後は、ベーシストを入れ、横内がギターを弾いた。その後、1990年代に再結成して活動した際には、横内に代わって加部正義(元ザ・ゴールデン・カップス)がベースを担当した。ウォッカ・コリンズ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2012年2月

    訃報 2012年2月から見たフォーリーブスフォーリーブス

    2月22日 - 北公次、日本の歌手、フォーリーブスメンバー(* 1949年)訃報 2012年2月 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙のファンタジー

    宇宙のファンタジーから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1978年7月1日にフォーリーブスの38枚目のシングルとしてCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ(ソニー・ミュージックレコーズレーベル))から発売された。同メンバーの北公次が日本語詞を手掛けている。しかしレコードは原曲が圧倒的に多く売り上げたため、この日本語カバーが注目されることはあまり無かった。宇宙のファンタジー フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード