117件中 51 - 60件表示
  • 19XX (テレビ番組)

    19XX (テレビ番組)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    地球はひとつ / フォーリーブス19XX (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 明色お笑いゲーム合戦

    明色お笑いゲーム合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    『新・お笑いゲーム合戦』に当時の人気アイドルグループ・フォーリーブスがゲストとして出演した際、観客のファンたちからのあまりの大声援に、司会の大野がゲームの説明中に「ちょっと静かにしてね」と言っていた。明色お笑いゲーム合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ロス・プリモス

    ロス・プリモスから見たフォーリーブスフォーリーブス

    コーラス・ギター担当。東京都出身。 フォーリーブスのバックバンド「ハイソサエティー」を経て、1977年に加入。1979年に一度脱退したが、1982年になって再加入した。ロス・プリモス フレッシュアイペディアより)

  • フィフィ・ザ・フリー

    フィフィ・ザ・フリーから見たフォーリーブスフォーリーブス

     A面はMichel Delpech作のカヴァー曲。村井邦彦がパリで入手した楽譜を元にしたとされ、他フォーリーブスなどと競作となった。フィフィ・ザ・フリー フレッシュアイペディアより)

  • 内田喜郎

    内田喜郎から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス・ライブ・ミュージカル?少年たちシリーズ?『生きていくのは僕たちだ!』内田喜郎 フレッシュアイペディアより)

  • さよならシンシア

    さよならシンシアから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1980年前後は、1970年代を旋風したアイドルスター歌手たちの引退・解散コンサートを実況録音したライヴ盤が多くリリースされている。例として南沙織のほか、キャンディーズの『FINAL CARNIVAL Plus One』(1978.5.21)、フォーリーブスの『GOOD BYE』(1978.10.21)、山口百恵の『伝説から神話へ -BUDOKAN…AT LAST-』(1980.11.19)、ピンク・レディーの『さよならピンク・レディー』(1981.6.25)、石野真子の『BYE BYE MAKO LIVE 〜8月の太陽より燃えて〜』(1981.10.5)がある。さよならシンシア フレッシュアイペディアより)

  • 小坂まさる

    小坂まさるから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1974年夏、「ジャニーズ・ジュニア第1期生」の中から2つのグループが誕生した。郷ひろみのコンサートのバックダンサーとして作られた6人組の「ジュニア・エース」と、フォーリーブスのコンサートのバックダンサーとして作られた3人組の「ジュニア・スペシャル」。 小坂はジュニア・エースの方のリーダーに選ばれた。小坂まさる フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たフォーリーブスフォーリーブス

    事務所の黎明期には、フォーリーブス・郷ひろみ・たのきんトリオ・シブがき隊・少年隊・光GENJI等で正統派男性アイドルの礎を築き、また正統派だけでは通用しなくなると、SMAP以降の男性アイドルの活躍の場をバラエティの分野にも拡げた。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回NHK紅白歌合戦

    第22回NHK紅白歌合戦から見たフォーリーブスフォーリーブス

    内山田洋とクール・ファイブのメインボーカルだった前川清が急病でダウンした事でフォーリーブスに振り替えられた。持ち歌「港の別れ唄」は当時の前川の妻だった藤圭子がメインボーカルを担当し、残りのメンバーがバックコーラスを務める形で歌った。第22回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル歌謡曲

    アイドル歌謡曲から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス(1968年9月5日「オリビアの調べ」)アイドル歌謡曲 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード