141件中 51 - 60件表示
  • 小井戸秀宅

    小井戸秀宅から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス(1973年、第45回ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 北公次と共に振付を担当)小井戸秀宅 フレッシュアイペディアより)

  • 少年隊 (ビデオ)

    少年隊 (ビデオ)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブスの楽曲のカバー。この楽曲でテレビ番組に出演した時は、ビデオ同様ウェストサイドストーリーをモチーフにした演出で披露された。少年隊 (ビデオ) フレッシュアイペディアより)

  • 長田栄二

    長田栄二から見たフォーリーブスフォーリーブス

    第49回ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 (1973年5月4日、小井戸秀宅と共に北公次が振付を担当)長田栄二 フレッシュアイペディアより)

  • I stage

    I stageから見たフォーリーブスフォーリーブス

    ファッションデザイナーのドン小西と元フォーリーブスの江木俊夫が名古屋港イタリア村の敷地内にゲストを招き、彼らとともにトークを繰り広げていた深夜番組である。番組はゲストとのトークのほか、ドン小西がイタリア村内に自身のファッションブランド店を開業するまでを追ったドキュメンタリーコーナーや視聴者プレゼントコーナーなどを設けていた。I stage フレッシュアイペディアより)

  • 愛燦燦 (美空ひばりの曲)

    愛燦燦 (美空ひばりの曲)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    フォーリーブス - アルバム『ずっと君を愛してた~4人の絆は永遠に?~』に収録。愛燦燦 (美空ひばりの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 永山こうじとロス・プリモス

    永山こうじとロス・プリモスから見たフォーリーブスフォーリーブス

    コーラス・ギター担当。東京都出身。 フォーリーブスのバックバンド「ハイソサエティー」を経て、1977年に加入。1979年に一度脱退したが、1982年になって再加入した。永山こうじとロス・プリモス フレッシュアイペディアより)

  • スーパーエイジス

    スーパーエイジスから見たフォーリーブスフォーリーブス

    1973年、前身となるグループ「ハイソサエティー」に、永田英二を正式にヴォーカリストとして迎え入れる事で誕生した。 しかし実際の活動内容は、永田を除いた残りのメンバーだけで、フォーリーブスらジャニーズファミリー全般のバックバンドをする事が主だった。 そのバックバンド活動の際、合間で歌を披露する事もあったが、永田が居ない為に星克己がずっとボーカルをとっていた。スーパーエイジス フレッシュアイペディアより)

  • 木田高介

    木田高介から見たフォーリーブスフォーリーブス

    手がけたミュージシャンには五つの赤い風船、フォーリーブス、かぐや姫、バンバン、山室英美子(トワ・エ・モワ)など。初期のジャックスや五つの赤い風船に於いてはヴィブラフォンをフィーチャーした夢幻的なサウンドが印象的であるが、りりィのデビューアルバムをプロデュースするあたりからリリカルなオーケストレーションも特色となる。りりィの初期4枚の仕事はプロデュース、アレンジ、バックバンドバイバイ・セッション・バンドのドラムス担当としてほぼ全権を担っている。木田高介 フレッシュアイペディアより)

  • ブルドッグ (フォーリーブスの曲)

    ブルドッグ (フォーリーブスの曲)から見たフォーリーブスフォーリーブス

    「ブルドッグ」は、1977年6月21日にCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から発売されたフォーリーブスの35枚目のシングルである。ブルドッグ (フォーリーブスの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田じゅん

    嶋田じゅんから見たフォーリーブスフォーリーブス

    雑誌のグラビアを飾ったり、日本テレビ『ゲバゲバ一座のちょんまげ90分』や、フォーリーブスのミュージカル『生きていくのは僕たちだ!』(昭和46年度文化庁芸術祭参加作品。1971年10月29日&31日・帝国劇場。大阪・名古屋公演も有り)などに出演した。嶋田じゅん フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「フォーリーブス」のニューストピックワード